読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

100%伝わる話し方「日経ビジネスアソシエ」2015年6月号

仕事術

100%伝わる話し方

伝わる話し方をしたい。

そう考える人にとって、話し方をどうするかは課題でしょう。

 

「日経ビジネスアソシエ」2015年6月号の特集は、「100%伝わる話し方」ということで、話し方について取り上げています。

 

日経ビジネスアソシエ 2015年 06 月号

日経ビジネスアソシエ 2015年 06 月号

  • 作者: 日経ビジネスアソシエ
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/05/09
  • メディア: 雑誌
 

これで100%伝わるということにはならないかもしれませんが、改善策を見つけるヒントにはなるでしょう。どんな話し方をすると良いかを、考えたい方に参考になります。

会話

 

V字回復を実現した叩き上げ社長のコミュニケーション3カ条 

ロイヤルホストの社長、矢崎精二氏は、2011年に社長に就任。売上減が続いていたロイヤルホストの業績を、1年でV字回復させたということです。

 

そんな矢崎社長のコミュニケーション3カ条は、以下のようなことだそうです。

 

1 弱みも苦手も、さらけ出す

2 相手の話を1から10まで聞く

3 言葉と行動のブレを許さない

 

どれも、それぞれむずかしいと思いますが、「相手の話を1から10まで聞く」というのは、簡単そうで意外とむずかしいのではないでしょうか。

 

相手の話を1から10まで聞く

人の話を聞くことが大切とは、よく言われることでしょう。

しかし、1から10まで聞く、つまり全部聞くというのは、なかなか大変です。

 

こうすることで、相手のやる気を十分に引き出せるということです。

全部聞いてもらえれば、話を聞いてもらったということが、十分に感じられるでしょう。そして、その上で、こちらの伝えたいことを伝えれば、聞く気にもなってもらえるでしょうし、コミュニケーションが機能しやすいのではないでしょうか。

 

時間がかかることではありますから、忙しい人にとってはむずかしいことだと思いますが。

 

言行一致

また、言行一致が大切ということです。

とくに上司であればなおさらで、よく言われるように、「上司は部下のことを理解するのに3カ月かかるけれど、部下が上司のことを理解するのは3日でいい」ということで、 口先だけでは、部下に見透かされるということです。

 

言ったことは、やる。

こういう人の話であれば、聞こうという気持ちになるでしょう。

オオカミ少年ではないですが、いつも嘘を言っていたり、言っていることと行動が違っていたら、話は聞いてもらえないでしょうから、自分の話が伝わることもないでしょう。

 

伝え方と行動

『伝え方が9割 2』これで伝え方は完ぺき。あなたの伝え上手度チェック 

 

伝え方が9割 2

伝え方が9割 2

  • 作者: 佐々木圭一
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/04/24
  • メディア: Kindle版
 

この『伝え方が9割』にあるように、たしかに伝え方は大切です。

しかし、信頼の置けない人の話は、伝え方を工夫しても、伝わらないというか、聞いてはもらえないでしょう。

上司であればなおさらそうなるでしょうから、自分が言ったことは、やる。言行一致が仕事上のコミュニケーションでは大切になるわけです。

 

信用されてからの伝え方

伝え方で、信用されるかどうかということもあるでしょう。そういう意味でも、伝え方は大切と言えるのだろうと思います。

ただ、その前に、言行一致で信用してもらうということも大切。

 

そして、信用されてからの伝え方を知る。

そうすると、伝わりやすくなる。50%だったものが、70%、80%伝わるということになっていく。

 

この号の「アソシエ」の特集では、他にも、伝え方について紹介されています。伝わる伝え方を知りたい方は、読んでみてください。

日経ビジネスアソシエ 2015年 06 月号

日経ビジネスアソシエ 2015年 06 月号

 

このブログを、Feedlyで購読したい方は、以下よりどうぞ。

follow us in feedly

関連記事