読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

Apple Watchで気になっているちょっとしたところ・充電方法

Apple Watch

iPad Air 2、iPad mini3、iMac Retina 5Kなどが発表、発売され、2014年のAppleの新商品はこれで終わりなのかもしれません。

そうなってくると気になるのは、2015年の新商品です。2015年には、Apple Watchが発売されます。

2015年の春ぐらいに発売されるのでしょうか。発売時期などが気になりますが、他にもいくつか気になっていることがあります。

その一つが、充電方法です。ちょっとしたことなので、大きな問題というわけではないですが。

 

 

Apple Watchの充電方法

Apple Watch充電方法

Apple - Apple Watch - テクノロジー

Apple Watchの充電方法は、上の写真にあるように、MagaSafeテクノロジーということで、マグネットで背面にコードをつけて、充電する方法ということです。

Macを使っている方は、MacのACアダプタと同様の感じということがわかると思います。磁石で簡単に取り付けられて、そこそこ取れにくい割に、外すのもラクという。そんな感じです。

Apple Watchもこれを応用したのだということでしょう。簡単につけられて、すぐに外せる。良さそうですよね。

 

腕につけながらは充電できなそう

ただ、端末の背面から充電するということになるようです。

だとすると、腕にApple Watchをつけながら充電はできなさそうです。充電しているときは、腕から離すということになるのでしょう。

そうなるとどうなのでしょう。

どれくらいの時間で充電が完了するのかがわかりませんが、時間がかかるとしたら、その間は、記録ができなかったり、腕につけたApple Watchからメールを返信などはできません。

短時間だと良いのかもしれませんが、充電に時間がかったり、頻繁に充電したりする必要があるとしたら、ちょっと不便そうです。

 

ワイヤレス充電などが欲しいところ

どういう方法がベストなのかはわかりませんが、もう少し充電には工夫があると良さそうな気もします。

ワイヤレス充電なのか、端末の横から充電できるようにするのか、いずれにしても腕につけておいて、充電できるようにする。もしくは、短時間で充電が終わるようにして、長時間持つようにする。

そうなっていると使い勝手というか、Apple Watchをもっと気軽に使えるのではないかなと思ったりもします。

 

実際使ってみないとわからないことではありますし

充電方法というある意味、マイナーなところではありますし、実際使ってみないとわからないところではありますが、少し気になったりもしています。

初代のApple Watchですから、これからApple Watch 2などとなって、改良されていくのでしょうから、はじめから完璧とはいかないでしょう。

なので、はやく実際に触ってみたい。そんなところです。

 

Apple公式サイト