読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

Apple Watchの「リマインダー」アプリでタスクを追加・確認する方法

Apple Watch

Apple Watchには、iPhoneやMacにある「リマインダー」アプリが「ありません」。アプリとして搭載されていないようです。

それでも、iPhoneなどで追加した「リマインダー」の通知を、Apple Watchで受け取ることは可能です。

また、「リマインダー」にタスクを追加することはできます。

ただ、「リマインダー」がアプリとしては搭載されていないので、タスクの確認が工夫しないと見ることができません。

タスクの追加方法も、少し「独特」かもしれません。ということで、「リマインダー」への「タスク」の追加と確認について書いておきます。

f:id:kobabiz:20150424112630j:plain

 

Apple Watchで「リマインダー」でタスクを追加する方法

1.Apple WatchでSiriを起動する

2.リマインダーを設定と言う。

3.追加する

 

1.Siriを起動する

まず、デジタルクラウンを長押しして、Siriを起動します。

もしくは、「Hey Siri」と言って、Siriを起動します。

 

2.「リマインダーを追加」と言う

Siriに「リマインダーを追加」と言います。

f:id:kobabiz:20150429132130j:plain

このときに、時間も合わせて言うと、時間付きでタスクを追加できます。例えば、「11時にリマインダーを追加」と言うようにします。

3.内容を伝える

「マイク」ボタンを押して、タスクの内容を言います。

f:id:kobabiz:20150429132312j:plain

ここで、「わかりました」を押すと、「リマインダー」アプリに、タスクが追加されます。

 

タスクの確認は、iPhoneなどの「リマインダー」アプリで

タスクが追加されたかの確認は、iPhoneなどの「リマインダー」アプリで行います。

Apple Watchでは、「リマインダー」アプリがないので、「タスク」が追加されたかどうかは確認できないようです。このあたりは、ちょっと不便です。

Apple Watchの「カレンダー」アプリは搭載されていて、予定はそちらで管理するということで、あまり「リマインダー」は重視していないのかもしれません。

 

いずれにしても、現段階(2015/04/29)では、Appleの「リマインダー」「アプリ」は、タスクの追加、タスクの通知が受け取れるのみで、変更や一覧を見たりはできないようです。

 

「2Do」アプリで「リマインダー」と同期すればApple Watchでタスクを「確認」可能

 「2Do」というiPhoneのアプリがあります。このアプリは、iPhoneの「リマインダー」アプリと同期ができ、Apple Watchのアプリもあります。

2Do

2Do

  • Guided Ways Technologies Ltd
  • 仕事効率化
  • ¥1,800

同期することで、このアプリで、Apple Watchの「リマインダー」のタスクを確認できます。タスクの追加もできます。変更は、日程は変更できますね。

同期の方法は、iPhoneの「2Do」で、同期を「Reminders (CalDAV) 」を選択して、同期します。同期するには、タスクの部分を上から下に引っ張ると同期されます。

そして、iPhoneの「2Do」で「設定」→「表示」→「ウィジェットに表示するリスト」をデフォルトで使うリストに設定しておくと良いですね。

 

Apple Watchに「リマインダー」アプリがないのは不便

リマインダーアプリが、Apple Watchにないのは、ちょっと不便ですね。

上のような工夫をすれば、Apple Watchで「リマインダー」のタスク確認などができますが。

そのうち搭載されると良いのですが、どうでしょうか。Apple次第なので、Apple Watchでも「リマインダー」アプリを使いたい人は、「2Do」を使うということになりそうです。

関連記事