読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

Apple Watchは、たくさん売れるのか?

Apple Watch

Apple Watchの発売が、アメリカでは2015年4月ということになっています。

Apple Watchの発売は4月と、ティム・クックCEOが発表

日本でも、同時期に発売されるのか気になるところですが、果たしてApple Watchは、たくさん売れるのでしょうか。どれくらい売れるのか、どれくらいの市場になるのか、気になるところです。

Apple Watch

2014年のスマートウォッチ市場


Apple Watch待ちのスマートウォッチ市場──Android Wearの2014年出荷台数は72万台 - ITmedia ニュース

調査会社Canalysによると、2014年1年間に出荷されたAndroid Wear端末はわずか72万台で、7月に中国で発売されたXiaomiの「Mi Band」の100万台に届かなかった。4月の「Apple Watch」発売でスマートウォッチ市場は激変するとCanalysは予測する。

2014年の1年間に出荷された、Android Wear端末は、72万台だそうです。XiaomiのMi Bandが、100万台未満とのこと。

(記事中では、Mi Bandが100万台以上となっていますが。)

だいたい1年間でこれぐらいの「スマートウォッチ」が売れたようです。スマートバンドなども加えると、もっと多いのだろうとは思いますが、まだまだアーリーステージというか、「ほとんど売れていない」ということになりそうです。

 

Apple Watchの売上個数予測

JP Morgan raises Apple price target to $145, forecasts sales of 26M Apple Watches this year

JP Morganの予測によると、2015年の1年間のApple Watchの売上は、2600万台だそうです。

どうなのでしょうね。ここまで多いのでしょうか。製造がそこまで追いつかないような気もします。

そして、そこまで欲しいと思う人がいるのかどうか。

ただ、仮にその半分だとしても、スマートウォッチ市場が変わりますよね。10倍から20倍の市場ができるということなのかもしれません。

もしそうであるなら、すごいことでしょう。iPhoneがスマホの市場を作ったように、Apple Watchがスマートウォッチの市場を作るということになるのかもしれません。ただ、これはあくまで予測です。予測は、予測であって、現実がどうなるのかはわかりません。

 

はじめはそれなりに売れそうではあるけれども

はじめは、それなりに売れるのでしょう。Apple Watchは、Appleにとっては、新しいカテゴリーの商品ですから。

そして、2代目、つまり来年2016年も売れるのかもしれません。1代目は避けるとか、1代目よりも改善された2代目を買うという人も出てくるでしょうから。

その先は、どうでしょう。ちょっとわかりませんが、ただの「時計」ということだと、市場が広がっていくかどうか。

そうなると、やはり機能なのではないか。そう思えてきます。

 

「Apple Watch」の発売は4月第1週?

こちらの記事で書いたように、Apple Watchにはまだ発表されていない新しい機能があるということです。

どういう機能があるのか。よほどすごいものなのでしょうか。すごいと言っても、時計であることには変わらないような気もします。そして、それは、いつぐらいに明らかになるのでしょうか。発売後まで、Apple Watchの新機能は謎のままなのか、それとも単なる噂なのでしょうか。

 

最近、タブレットの売れ行きがイマイチという話もあります。Apple Watchやスマートウォッチも、3年目以降が重要なのかもしれません。

それなりの売上でも、iPhoneやiPadと組み合わせて使うという人が多いと、今に比べると大きな市場になりそうです。そこから先は、果たしてどうなるのか。発売後にしかわからないというところのように思えます。

 

Apple Watchの発売日は2015年4月24日(金)。4月10日から予約開始