ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

au2019年夏モデル、おすすめはどのスマホ?

auが、2019年の夏モデルを発表しました。

スマートフォンは、8機種ということでしたが、Huaweiが延期になって、7機種ということになりそうですね。

auが2019年夏モデルを発表。Xperia 1、Galaxy S10、AQUOS R3など9機種を発売 - ビジョンミッション成長ブログ

Xperia 1……2019年6月中旬
Galaxy S10+……2019年5月23日
Galaxy S10……2019年5月23日
AQUOS R3……2019年5月下旬
Galaxy A30……2019年5月下旬
HUAWEI P30 lite Premium 延期
TORQUE G04……2019年8月下旬
AQUOS sense2 かんたん……2019年6月中旬

 

ということで、すでに発売されている機種などもありますが、店頭で触った感想などから、どれがおすすめか書いておきます。 

auオンラインショップ

au

 

au2019年夏モデル、おすすめはどのスマホ?

ハイエンドスマホ

Xperia 1……2019年6月中旬
Galaxy S10+……2019年5月23日
Galaxy S10……2019年5月23日
AQUOS R3……2019年5月下旬

au2019年夏モデルのなかで、ハイエンドスマホは、この4機種でしょう。

これらの4つのスマホであれば、基本的に、どの端末も魅力がある、使って良い感じと思えると思います。

 

 

簡単にスペックや特徴などをまとめておきます。

auオンラインショップ

Xperia 1(SOV40)の主な特徴

Xperia 1 SOV40

Xperia 1(SOV40)をauが発売。予約開始日は?価格、発売日。人気のカラーは?特徴、スペック。キャンペーンなどまとめ - ビジョンミッション成長ブログ

 

  • 世界初の4KHDRに対応した有機ELディスプレイを採用
  • 大迫力の映像を堪能できる21:9のシネマワイドディスプレイ
  • 約6.5インチの縦長の大画面により2つのアプリを見やすく同時に表示可能
  • Xperia初の標準・望遠・超広角のトリプルレンズカメラを搭載
  • スマホでは世界初の瞳を検出してフォーカスを合わせる「瞳AF(オートフォーカス)」に対応
  • 1秒間に10コマの高速連写にも追従するオートフォーカスと自動露出機能で、動いている被写体てピントや明るさが自動調整された写真が撮影できる
  • 映画のようなハイクオリティの動画撮影が楽しめる「CinemaPro(シネマプロ)」を搭載
  • 360度あらゆる方向から音が流れるドルビーアトモスに対応
  • 電池の消費を抑え、電池の持ちを良くする「STAMINAモード」と、充電の習慣を学習して充電速度を調整し、バッテリーの劣化を抑える「いたわり充電」にも対応

やはり、21:9の6.5インチのディスプレイが大きな特徴ですよね。

また、カメラもトリプルレンズカメラなので、良いと思います。瞳AFも搭載しました。

カラーもパープルがあるのが良いですよね。

 

auの2019年の夏モデルとしては、イチ押しになるのではないでしょうか。

auオンラインショップ

Galaxy S10(SCV41)の主な特徴

Galaxy S10 SCV41、Galaxy S10+ SCV42をauが発売。予約開始日。価格。発売日などまとめ - ビジョンミッション成長ブログ

 

f:id:kobabiz:20190513143806j:plain

  • Galaxy S10は、カメラレンズを残してすべてを有機ELで埋め尽くした次世代ディスプレイ「Infinity-O Display」を採用
  • ベゼルがGalaxy S9よりも小さくなったことで、まるで画面を持っている錯覚に陥る93.1%の画面占有率を実現した。
  • カメラは広角・望遠・超広角レンズから構成されるトリプルカメラを搭載。
  • セキュリティでは背面に配置されていた指紋認証センサーを画面に内蔵。
  • 処理性能はGalaxy S9に比べて最大29%の高速化、描画性能も最大37%アップ

ディスプレイにカメラが埋め込まれている、Infinity-O Displayが大きな特徴ですね。

93.1%の画面占有率を実現しているということで、画面を持っている感が強いです。

指紋認証センサーを画面に内蔵しているのも、いいですね。

auオンラインショップ

AQUOS R3(SHV44)の特徴

AQUOS R3 SHV44

  • 最大10億色で表現する6.2インチの「ProIGZOディスプレイ」を搭載
  • 「ハイスピードIGZO」対応で動きの激しい動画や画面スクロール時の文字の残像を抑えて滑らかに表示
  • シャープ独自のAIシステムが進化して撮影がより楽しく
  • 20.1メガピクセルの動画用と、12.2メガピクセルの静止画用レンズを搭載
  • 撮影する前に背景のぼかし具合を調整できるポートレート撮影機能
  • 独自のAIシステムが動いている被写体を分析し、設定を最適化。ピントがずれることなく撮影可能
  • AIによって動画撮影中に自動で写真を記録する「AIライブシャッター」機能を搭載
  • AIが被写体や構図を分析して、笑顔の瞬間などを自動的に抽出。BGMやエフェクトを付けた約15秒のショートムービーを作成する「AIライブストーリー」機能
  • シャープ独自の放熱設計や高速通信に対応
  • 最新のチップセット「SDM855」や128GBのROM、6GBのRAMを搭載
  • 複数のアプリを同時に動作させても快適に操作可能

6.2インチのProIGZOディスプレイを搭載しています。

また、AIによって、カメラの撮影が楽しくなっているということです。

やはり、AQUOSはAIが特徴ですよね。

auオンラインショップ

ミドルレンジスマホ

Galaxy A30……2019年5月下旬
TORQUE G04……2019年8月下旬
AQUOS sense2 かんたん……2019年6月中旬 

 

この3機種がミドルレンジスマホですね。AQUOS sense2 かんたんは、かんたんスマホですが。

Galaxy A30は、Galaxyのミドルレンジスマホです。auの2019年夏モデルは、Galaxyが3機種ということになります。

 

Galaxy A30 SCV43

Galaxy A30 SCV43

販売価格は4万3200円(税込)ということで、お手頃な価格ですね。

プロセッサはサムスン電子のミドルレンジ向け「Exynos 7904」を搭載ということです。

ディスプレイは、は6.4型フルHD+(1080×2340ピクセル)のSuperAMOLED(有機ELディスプレイ)です。アウトカメラは「広角」「超広角」のデュアル構成となっています。

この性能で、この価格は、お手頃な感じですね。

auオンラインショップ

TORQUE G04

TORQUE G04

京セラのTORQUE G04です。

米国国防総省が定める耐久試験(MIL-STD-810G)と、京セラ独自の耐久試験を含めた27項目をクリアしているということで、壊れにくいスマホですね。

OSは、Android 9.0で、プロセッサは、Snapdragon 660です。

価格は、そこまで高くはならないと思いますが、耐久性が高いスマホが欲しい方には、いいですよね。

auオンラインショップ

まとめ

auの2019年夏モデルは、充実していますね。

Xperia 1(SOV40)、Galaxy S10(SCV41)、AQUOS R3(SHV44)のハイエンドモデルは、どれも良いですよね。

まずは、これらの3機種が気になるところです。

 

そして、Galaxy A30もミドルレンジでありますし、TORQUE G04もあります。

ドコモに比べると、機種こそ少ないですが、どのスマホもしっかり使っていけそうで、良いですね。