ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。


 

 iPhoneXの予約状況、在庫情報の確認。在庫状況をApple、ソフトバンク、au、ドコモ。ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ電機などから
 iPhone8、iPhone 8 Plusの予約、在庫、入荷状況。ドコモ、au、ソフトバンク、Apple公式サイト。家電量販店の在庫予約状況は?
 iPhone8のケースのおすすめと人気のケースのランキングまとめ
 iPhone8ガラスフィルムのおすすめと人気ランキングまとめ。iPhone8 Plusのガラスフィルムも
 格安SIMの比較・まとめ10とおすすめ(2016年)月額料金、特徴、速度など
 iPhone7のケースをどうする?iPhone7、iPhone 7 Plusのケースまとめとおすすめ
 iPhone7とiPhone 7 Plus、どちらを買う?違いは?比較。「コンパクトさ」か「カメラ」か
 iPad Pro 9.7インチのレビュー。Apple Pencilがいい!iPad Air 2とどちらがいい?
 おすすめの本・ビジネス書を2015年に読んだ良書から15冊

「働き方改革」の実現に必要なことは?結局「時短」ができないと、むずかしいのでは?

政府が、働き方改革実現会議で、長時間労働の是正などに向けた実行計画を取りまとめたそうです。政府は今年の国会に関連法の改正案を提出し、2019年度からの実現をめざすとのこと。

昨年2016年の9月から始めた、「働き方改革実現会議」で、半年で、方向性や計画を決めたということのようです。

いまいち、よくわからなかった「働き方改革」。その内容などが少しわかった感じなので、「働き方改革」に必要なことを、少し考えてみたいと思います。

 

 

f:id:kobabiz:20170329113058j:plain

「働き方改革」に必要なことは?

「働き方改革実現会議」での主な改革点

2017年3月28日の「働き方改革実現会議」で、指摘された主な改革点は、以下のようなことのようです。

配布資料(PDF)より

  1. 非正規雇用の処遇改善 同一労働同一賃金など
  2. 賃金引上げと労働生産性向上
  3. 長時間労働の是正 罰則付き時間外労働の上限規制の導入など
  4. 柔軟な働き方がしやすい環境整備
  5. 女性・若者の人材育成など活躍しやすい環境整備
  6. 病気の治療と仕事の両立
  7. 子育て・介護等と仕事の両立、障害者の就労
  8. 雇用吸収力、付加価値の高い産業への転職・再就職支援
  9. 誰にでもチャンスのある教育環境の整備
  10. 高齢者の就業促進
  11. 外国人材の受入れ

どれも実現されたら良さそう

全部は読んでいませんが、どれも今の仕事環境、働いている人たちにとって、実現されたら良さそうなことのように見えます。

実現できたら、安心して働ける環境ができそうです。

 

実現できるのか?

ただ、気になるのは、やはり実現できるのかどうかということですよね。

一見して思うのは、政府が行って、法整備をすればできるだろうことと、個々の企業が努力しないと実現しそうにないこともあります。

長時間労働の是正は「企業」がやらないとむずかしいでしょうし、子育て・介護等と仕事の両立は、その企業ごとで事情が異なるでしょうから、そう簡単ではないのではないでしょうか。

 

結局、「時短」ができるかどうかなのでは?

「働き方改革」という言葉が出てきて、どういう内容なのか、気になっていました。

というか、「働き方を改革する」というのが、どうして政府から出てくるのか、なんとなく違和感というか、「就労環境改革」などなら、まだ意味的にはわかるのですが、働き方を変えるというのは、民間がやるものなのではないかという感じがしたので、ちょっと気にしていました。

 

もっと充実させる必要があるという声もあるようですが、内容や方向性としては、悪くはないのだろうと思います。

しかし、法的な面以外だと、結局、「時短」ができるかどうか、短時間で効率的に働けるか、生産性を高められるかどうかなのではないでしょうか。要は、「競争力」を高めることができるかどうか。

 

上記の項目で、「長時間労働の是正」、「柔軟な働き方」ということがありますが、これらを実現するには、短時間で仕事を行う必要があります。

「子育て・介護等と仕事の両立」も環境整備も必要でしょうけれど、やはり時間を有効に活用することが必要に思えます。

 

「時短」できると、プレミアムフライデーも、副業も可能

話が少し変わりますが、プレミアムフライデーというのが始まりましたが、あれを楽しむには、どうにか時間を作らないと楽しめませんよね。

月末の金曜日とかだと、ちょっとむずかしい気もしますが、いずれにしても、時間を作らないことには、楽しめません。

そして、副業も、時短できて、時間的に余裕ができれば、したければできます。

副業を原則容認に転換するのではという話もありますが、容認しても、時間がなければ、副業できないですよね。

副業は是か非か?政府が正社員の「副業を原則容認」に転換の報道

 

「働き方改革」は、時間がポイント

「雇用吸収力、付加価値の高い産業への転職・再就職支援」「誰にでもチャンスのある教育環境の整備」というのも、「働き方改革」に必要なこととしてあがっています。

確かに、できればいいですよね。

 

ただ、こういう教育などは、時間がかかりますよね。

結局、時間があればできるというか、時間的に余裕がないとできないという面が大きいと思います。

法律や政府、政治などの支援があったほうが良いのだろうと思いますが、時間の有効活用、時短、短時間でできるかどうかが、重要になっていくのでしょう。

 

最近、ヤマト運輸が、ネット通販などの物流量が増えて、料金やサービスを変えるという話が話題になっていました。これも、ある意味、効率化の問題でしょう。

 

人手不足や仕事量の増加にどう対応するのか。

「働き方改革」は、こういうことも検討しているのでしょう。

こういうのも、結局、「時間」や「時短」がポイントになっている。 

 

実行計画や方向性は、それなりに良いと思うのですが、労働時間の規制や総労働時間などを減らすには、どうしたらいいのか、具体的な方法を積み重ねないと、「働き方改革」も、単なる言葉になって、計画倒れになってしまうのでは、そんなことを感じます。

時短術 カテゴリーの記事一覧

時短・仕事を速く終わらせるために参考にしたい本10冊+αまとめ

残業・仕事時間が長くなってしまう理由10個。長時間労働を短くするには?