読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

新しいiPhone 6sシリーズからはSIMロック解除可能に。ドコモでは即日解除も

iPhone

新しいiPhone、iPhone 6sシリーズでは、携帯電話会社のSIMロック解除が可能になっています。

k-tai.impress.co.jp

iPhone 6s

 

9月25日に発売される「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」では、今年5月から導入されたSIMロック解除のルールが適用される。携帯3社が明らかにした。iPhoneも、これまでのSIMロック解除対応機種と同じルールとなる。

新しいiPhone 6sシリーズからはSIMロック解除可能に

携帯電話会社から発売される、iPhone 6s、iPhone 6s Plusは、SIMロックを解除可能になります。

長かったというか、ようやくと言うか。

auとソフトバンクは「端末購入から180日経過で解除」可能ということです。

ソフトバンクオンラインショップ 

auオンラインショップ

ドコモでは、即日解除可能の場合も

半年以上前に、AndroidスマートフォンのSIMロックを解除している回線であれば、新しいiPhoneを購入したその日にSIMロックを解除することもできる。

ドコモの場合は、同じ回線で前回解除してから6カ月ということなので、条件に合えば購入した日に解除することも可能になるということです。

ドコモオンラインショップ 

SIMロック解除すれば

SIMロックの解除をすれば、別の携帯電話会社のSIMを使うということも可能になりますね。

SoftBank版を解除して、ドコモの格安SIMで利用する。

そういうことが可能になるのではないでしょうか。端末が対応しているかどうかが大切になってきますが。

3G方式として、auのCDMA EVDO Rev.Aに対応するかどうかで、「モデルA1688/1687」がCDMA EV-DO Rev.A対応と案内されている。

NTTドコモは、同社が販売するモデルの型番について、iPhone 6sが「A1688」、iPhone 6s Plusが「A1687」になる予定としている。

ということなので、ドコモ版のiPhone 6sをSIMロック解除して、auの回線で使うというのはできそうですね。auの格安SIMは、OSなどで対応しているかはわかりませんが。 

iPhone・スマホをネットで購入

ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ