読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

会話が苦手なら意識してみると良い3つのこと【人間関係】

考え方 仕事術 自分

対面でのコミュニケーションが苦手。そういう人は多いのかもしれません。

人間関係で少し面倒くさいというかむずかしいのは、コミュニケーション、対面での会話ではないでしょうか。リアルタイムですぐに反応するのは苦手な人には、意外と苦手なことだと思います。

わたしもうまいというわけではないですが、どうにかこうにかやっているのは、会話で以下のような3つのことを意識しているからだと思います。

f:id:kobabiz:20141207165825j:plain

 

会話で意識している3つのこと

1 肯定的に

2 続ける方向に広げる

3 まとめる

 

1 肯定的に

否定的な表現は、仮に会話の相手を否定していない、相手の意見を否定していないとしても、あまり良い気持ちにはならないところがあります。

「〜がダメだ」と言うよりは、「〜すると良い」と変えると良いでしょう。

そして、こういう表現の前に、物事を肯定的に捉えたり考えたりすると、自然と表現も肯定的なものになりやすい。

否定する人とつながっていたいというのでなければ、基本的には、肯定的な表現をするとよいでしょう。とくに初対面やネットでは、人間関係ができていないので、いきなり否定すると、受け取ってもらえないので、関係をより良くつくっていくつもりがあるのであれば、肯定的にしたほうがよいでしょうね。

 

2 続ける方向に広げる

会話を続ける方向に広げるように、はじめは持っていくということです。

相手が、サッカーの話をしてきたら、サッカーの話で続くような方向で広げていく。同じスポーツだからと言って、自分が好きだからと言って、野球や格闘技に持っていかない。

話題を変えないで、続ける方向に広げていく。

仮にサッカーのことを知らなかったら、質問する。

「サッカー、好きなんですか?」「どこのチームが強いのですか?」「最近の人気選手は?」など。

話題をふくらませるということなのですが、変な方向にふくらませないというか、相手と話して楽しくなる方向に膨らませる、会話が続くように広げていく。相手の知っていることを聞き出す、と言っても、尋問するようにというわけではなく、知らないことならば、知りたいことを楽しめるように聞く。

 

3 まとめる

ある程度話したら、まとめる。時間に余裕があって、いつまでも話していたいと思うのであれば、続ければ良いのですが、他にもやることがあるでしょうし、ある程度話したら、まとめるようにする。

これも、肯定的なほうが、次につながりやすいということもあるでしょう。

「最近は、○○というチームが強いのですね。いい選手が多いということなのでしょうね。」「サッカーも、おもしろそうですね。野球と似ているところもあるのかも。」

そのときの会話で印象に残ったことを、話せると良いですね。

まとめると良いのは、そこで終わりという感じがあるからです。話をどこで終わらせるかというのは、意外とわかりにくいというか、迷ったりしませんか。

人の話を聴くことが大切、と言ったりします。しかし、際限なく聞いているわけにもいかないですし、自分が話したいこともあるでしょう。だから、ある程度話したら、まとめると、そこで終わらせることも、話題を変えて自分が話したい話題に変えることもできます。

 

会議やアイデア発想と同じような感じ

基本は、会議やブレストなどのアイデアを発想することと同じです。

 

肯定的に、拡散して、収束する。

 

うまくいく会議の基本は、こういうことを言われます。

同じように、こういうことを意識していれば、会話もたいていうまくいく。

自分のすごさを参加者に認めさせたいとか、相手を批判したいとか思っていると、会議はなかなか実りの多いものにはなりません。会議は目標達成のために、アイデアを出して、行動方針などを決めるものですから。

 

会話も、意味のない会話をいつもしていたら、付き合っても時間のムダだと思われてしまうでしょう。(ときどきはそれもありでしょうし、そういうどうでもいい話も楽しいですけれども)

ということで、対面でのコミュニケーションが苦手という人は、こんなことを意識してみると、違ってくるはずです。

 

3つも意識するのは多いという人は、まずは、2の続ける方向に広げると、話が途切れないで良いと思います。それができたら、1や3も意識してみると良いですね。

会話がとぎれがち、という人は、こんな本も参考に。

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

 
雑談力が上がる大事典---会話に困ったとき最初のひとことがスッと出てくる!

雑談力が上がる大事典---会話に困ったとき最初のひとことがスッと出てくる!

 

関連記事

「自分が正しい」をやめると、人間関係はスムーズに行く