読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

Kindle Paperwhiteの良いところ6つ、いまいちなところ2つ

Kindle・読書術 Amazon

Kindle Paperwhiteを、迷いに迷って、先日購入しました。それから、1カ月ほど経ちました。ということで、個人的に感じたKindleの良いところいまいちなところを書いてみようと思います。

Kindle Paperwhiteのホワイトを購入しました

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

Kindle Paperwhiteのレビュー。iPad Pro 9.7インチとiPhone 6s Plusの比較も

Kindleは、これまで、購入するかずっと迷っていたのですが、先日のセールで購入しました。ようやく購入したわけですね。iPad Pro 9.7インチとiPhone 6s Plusも使っているので、簡単な比較もしつつ、しばらく使ってのレビューを書いてみようと思います。

Kindle Paperwhiteのレビュー。iPad Pro 9.7インチとiPhone 6s Plusの比較も - ビジョンミッション成長ブログ

KindleとiPad Pro 9.7の比較は、こちらです。この記事とかぶっているところもありますが。

Kindle Paperwhiteの購入を迷っていたのは、iPadやiPhoneで電子書籍は読めるからです。個人的には、iPadを持っている人は必要ないかなと思いますが、KindleにはKindleの良さもあると思うので、Kindle Paperwhiteの良いところを書いてみようと思います。

 

IMG_2579

 


Kindle Paperwhiteの良いところ、いまいちなところ 

Kindle Paperwhiteの良いところ

バッテリーの持ちがいい 

まず、Kindle Paperwhiteは、バッテリーの持ちがいいですね。スマホやiPadなどより断然良いです。それなりに使っても、1週間ぐらいは余裕で持つのではないでしょうか。使い方によるとは思いますが。 

これは、いいですよね。

あまり充電しなくていいというのは良いです。ただ、頻繁に充電しなくて良いということだと、充電することを忘れてしまうというのはあるかもしれないので、ちょっと注意ですね。

 

外でも画面が見やすい

外でも、画面が見やすいです。iPhone、iPadなどは、反射して見にくいというのがあったりしますが、Kindleは見やすいです。

ここは、タブレットやスマホとはだいぶ違います。

外で、電子書籍を読みたい。そういう人には良いです。

 

比較的安価

タブレットやスマホに比べると、比較的安価です。最近では、安いタブレットもあるので、なんとも言えないですが、それでも、paperwhiteではなくて、Kindleだったり、セールのときに買えば、比較すれば安いですよね。

まあ、基本は、電子書籍を読むだけの端末なので、これ以上の価格はあまり出したくはないですけれども。これぐらいの価格なら、良いというのはあると思います。

 

6インチが持ちやすい

Kindle Paperwhiteは、6インチで約200グラムです。

画面の大きさの割には、軽いと思います。もっと軽くてもうれしいのですが、これでも持ちやすいですね。

片手でそれなりの時間持てる重さで、大きさも程よい感じです。サイズ感は良いと思います。6インチというサイズなのか、片手で持つには横幅が良い感じだというのが、よくわかりました。

iPad miniなどは、横幅が少し大きかったりするので、ちょっと片手で持ちにくいところがあります。

 

読書に集中しやすい

本を読む以外のことは、基本できないので、(一応ブラウザはついていますが)、読書に集中しやすいですね。

スマホなどのような通知などがありませんし。

読書に集中したい。そういうときに、Kindle Paperwhiteを持ち出すというのはありだと思います。

そういう意味で、読書専用端末が良いということは言えるでしょう。 

 

検索もできる

一応、文字の検索もできますね。串刺し検索というのか、端末に入っている複数の電子書籍を文字検索可能です。

ただ、結果がどうも信用出来ないというか、全部は出てきていないようにも思えます。どうなのでしょう。

これは、スマホなどのアプリのKindleではできないことですね。

紙の本に比べると、検索ができるというのは、電子書籍の良いところだと思います。こういうのは、便利に使いたいものですね。

 

Kindleの良いところは、とりあえずこんなところでしょうか。他にもあるかもしれません。

 

Kindle Paperwhiteのいまいちなところ

Kindleは、Amazonの電子書籍専用端末と割り切れば、そこまでいまいちではないです。ただ、いまいちなところも書いておきます。

動作が速くない

動作が遅くはないですが、速くはないです。これは、最近のスマホやタブレットに慣れていると、少し待つ感じがありますね。

我慢できないほどではないですが、もっと速いといいなとは思います。

まあ、ディスプレイのせいなのでしょう。しかたがないところではありますが、動作は速くないですね。 

カラーではない

モノクロです。まだディスプレイがカラーに対応していないということになるわけで、そのうちE-Inkのカラー版が搭載された、Kindleが登場するのかもしれませんが、今のところはモノクロです。

文章はモノクロで十分ですが、マンガはカラー版で読みたいと思わなくもないです。

そういう意味では、いまいちですね。

 

まとめ:Kindle Paperwhiteの良いところ

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: エレクトロニクス
 
Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • 発売日: 2016/07/20
  • メディア: エレクトロニクス
 

iPadなどのタブレットを持っていない、そういう方がKindleは購入すると良いのでしょうね。 

もし安いタブレットが良いなら、Fireなどもありなのかもしれません。 

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • 発売日: 2015/09/30
  • メディア: エレクトロニクス
 

使い勝手などを考えると、iPad miniなどが良いというのもありそうです。

いずれにしても、Kindle Paperwhiteは、電子書籍専用端末としては、悪くはないと思います。 そういう感覚で購入してみると良いのかなと、Kindle Paperwhiteを一ヶ月ほど使ってみての感想ですね。 

iPad Pro 9.7インチのレビュー。Apple Pencilがいい!iPad Air 2とどちらがいい?

ビジネス書をビジネスのチカラに