読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

『リーン・スタートアップを駆使する企業』新規事業の見つけ方、育て方

ビジネス書・本の書評 仕事術

「リーン・スタートアップ」は、起業の手法ですね。その起業の手法を、既存の企業が、新規事業を生み出すために使うにはどうしたらいいのか。

ということが、『リーン・スタートアップを駆使する企業』では書かれています。 

『リーン・スタートアップを駆使する企業』イノベーションを支配する5つの原則

リーン・スタートアップを駆使する企業

リーン・スタートアップを駆使する企業

  • 作者: トレヴァー・オーエンズ,オービー・フェルナンデス,TBWA¥HAKUHODO¥QUANTUM,,村上彩
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/06/19
  • メディア: 単行本

自分の復習も兼ねて、再読して思ったことなどを書いておこうと思います。

 

『リーン・スタートアップを駆使する企業』

リーン・スタートアップの実験・検証で必要なこと

「実験・検証のステップは、リーン・スタートアップの核心である。実験を効果的に実施するには、4つの要件に留意しなければならない。それは(1)仮説、(2)仮説の前提条件のうち最も実現しそうにない(つまり最も不確実でリスクの高い)前提条件、(3)実験方法、(4)成功の評価基準である。」
                             (p.176) 

リーン・スタートアップもですが、本書も、ステップが示されています。

ここでは、実験・検証のステップが言われていますね。

仮説を立てて、前提条件を明確にして、実験方法を決めて、成功の評価基準を明らかにしておく。

 

リーンスタートアップ:構築ー計測ー学習【書評・感想】 - ビジョンミッション成長ブログ 

リーン・スタートアップ

リーン・スタートアップ

  • 作者: エリック・リース,伊藤穣一(MITメディアラボ所長),井口耕二
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2012/04/12
  • メディア: 単行本

構築ー計測ー学習:リーンスタートアップのフィードバックループ 「アイデアを製品にする、顧客の反応を計測する、そして方向転換するか辛抱するかを判断する−−これがスタートアップの基本である。だから、スタートアップを成功させるためには、このフィードバックループを順調に回すように社内の仕組みを調整しなければならない。」(p.18) アイデアを製品にする:構築、そして顧客の反応を計測し、そこから学習して方向転換するかこのまま続けるかを判断する。 この「構築ー計測ー学習」のループを回す。このループを回せるように、会社を調整する。こういうことが、スタートアップには必要ということです。

リーンスタートアップ:構築ー計測ー学習【書評・感想】 - ビジョンミッション成長ブログ

リーン・スタートアップでは、構築ー計測ー学習というフィードバックループを回すと言っています。

ステップをループとして回していくということでしょう。

1回でうまくいくといいのですが、思った通りに行かない、予想通りに行かないことがある。 だから、学習して、ループを回して、改善していく。

こういうことが必要なわけですよね。

仮説の立て方

「仮説の立て方としては、問題の仮説のほうがより良い。なぜなら、審査の対象を、想像よりも現実にもとづいた選択肢に絞り込めるからだ。それは、顧客のニーズに焦点をあわせることになる。」(p.183)

仮説は、問題についての仮説が良いということです。

解決したいこと。問題。そういうものがあるのではないかと考える。こういう仮説の立て方が顧客のニーズになるだろうから良いということですね。

『イノベーションのジレンマ』などの著者のクリステンセン氏などは、片づけたい用事と言ったりしますが、そのようなことに似ているでしょうか。

P&Gのファブリーズは、布や服の匂いなどを消したいという「問題」の解決になっているのでしょうね。こういう問題を仮説として見つける。ここが仮説の立て方ということです。

 

4つの実験フェーズ

「それではいよいよ実験を始めよう。用意されているのは、全部で4つの実験フェーズだ。調査、プレゼンテーション、コンシェルジュ、プロトタイプの4つの実験フェーズをさまざまに組み合わせて、仮説を検証する」(p.215)

仮説を検証するには、これら4つの実験フェーズを組み合わせて検証するということです。

調査フェーズでは、仮説として立てた問題を、顧客が実際に抱えているかを確認するそうです。

P&Gは、顧客の生活調査などをして問題を見つけて、そこから商品開発をするといったことをしていると、本書ではないですが、テレビなどで紹介されていました。

問題を仮説として見つけてみて、そこから解決策を考えて、それらが機能するのか、顧客が欲しいとおもうのか、ということを見つけていく。

 

リーン・スタートアップは、ある意味、「科学の実験」に似ているところがありますね。だから、実験フェーズと呼ばれるのでしょう。

問題を仮説として持ってみて、そこから商品やサービスを考えて、顧客に受け入れられるのか、といった「実験」をしていく。その中で、得られた知見から、本当に商品化するのかそれとも別の商品などに変えるのか、新事業としてはむずかしいと判断するのか。こういったことを考えて、事業化を目指していく。

大企業でも、スタートアップでも使える手法ですよね。

 

『リーン・スタートアップを駆使する企業』のほうが詳しい 

リーン・スタートアップを駆使する企業

リーン・スタートアップを駆使する企業

  • 作者: トレヴァー・オーエンズ,オービー・フェルナンデス,TBWA¥HAKUHODO¥QUANTUM,,村上彩
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2015/06/19
  • メディア: 単行本

 

リーン・スタートアップ』をさらに詳しく知りたい方や、既存企業で新規事業を生み出すときに、「リーン・スタートアップ」の手法を知りたい方が読むと、わかりやすいです。

『リーン・スタートアップ』は、考え方などはわかるのですが、具体的な手法がそこまで詳しくは書かれていません。この『リーン・スタートアップを駆使する企業』のほうが詳しいですね。

この記事では紹介しませんが、実際に「リーン・スタートアップ」を導入した企業の事例も紹介されています。

関連記事

起業の基本を押さえるために『起業の技術』