読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

MacでWindowsを使うのにVMware Fusionを使っています【レビュー】

VMware Fusionを使っています

Macは、Windowsを使うことができます。

いくつか方法があるのですが、Boot CampというAppleが提供しているもので行う方法。また、仮想化ソフトと言われるソフトを使う方法。

仮想化ソフトとしては、VMWare Fusion 7とParallesといったソフトがあります。

Parallels Desktop 10 for Mac Retail Box JP

Parallels Desktop 10 for Mac Retail Box JP

 

 

 

VMware Fusionをこれまで使ってきました

VMware Fusion 7

わたしは、VMware Fusionをこれまで使ってきました。

MacのOSが、最近Yosemiteにバージョンアップしたのですが、VMware Fusion 5では起動しなくなっています。最新のバージョン、VMware Fusion 7にしないと起動しないようです。

この機会にと思って、Parallesも試してみましたが、わたしの使い方では、VMware Fusionのほうが良い感じだったので、アップデートしました。

ちょうどいま、2014年11月24日までの期間限定で、セールをしています。

VMWare Fusion 7

この機会にとアップデートしました。

 

VMware Fusionの良いところ

わたしがVMware Fusionで良いなと思っているところを簡単に紹介しておきます。他にも良いところがあると思いますが。

MacとWindwosが同時に使える

Mac VMware Fusuiin

仮想化ソフトなので、Macを起動した状態でWindowsを使えます。

Boot Campは無料で良いのですが、WindowsかMacどちらかしか使えません。MacというハードのノートパソコンにWindowsというOSを載せるという形になっているからです。以前は、Boot CampでWindowsを使うということもしていたのですが、再起動が必要なところと、同時にMacとWindowsが使えないのが不便なので、VMware Fusionを使うことにしました。

仮想化ソフトは、Macを使いながら別OSを使うことができます。VMware Fusionに、WIndows8.1、7、Vistaというようにライセンスがあれば、複数のOSを入れることもできます。

Retinaディスプレイにも対応

Retinaディスプレイに対応しています。解像度に適応してくれています。

この点が、VMware Fusionが良い感じでした。

 

トラックパッドのジェスチャーに対応

わたしがMacを気に入っている理由の一つに、トラックパッドがあります。トラックパッドが使いやすい。これが、Macを使っている理由の一つです。

そのトラックパッドには、「ジェスチャー」というものがあります。

ブラウザの、進む・戻るといったことが、トラックパッドでできます。VMware Fusionでは、これをWindows上でもできるようになっています。

 

個人利用、非商用利用なら、複数のMacにインストール可能

わたしは、デスクトップのMacとノートパソコンのMacBookというように複数台でMacを使っています。

VMware Fusionは、個人利用、非商用利用なら、個人であれば複数のMacで使えるということのようです。

ライセンスとアップグレード | VMware 日本

1 つのライセンスを 2 台以上の Mac 上で使用できますか

個人利用向けの VMware Fusion:
個人利用、非商用目的に限定して、個人が所有または管理している Mac OS X (「Mac コンピュータ」) を実行する任意の Apple 社製品に、VMware Fusion をインストールして使用することができます。

わたしは、MacBookではWindowsをほとんど使うことはないので、あまり使っていませんが、いざというときに使えるというのはいいですね。

 

Parallesの良いところ

Parallelsも、同じように仮想化ソフトとして、Windows、その他のOSを使うことができます。

VMware Fusionに比べて、動作が軽いところが良いですね。

あとは、Windows 10のテクニカルプレビューも簡単にインストールできるようになっていました。

VMware Fusionでもインストール可能のようですが、自分でファイルをダウンロードしてというようにするので少し手間がかかりますね。

 

両方使ってみて、VMware Fusionを選びました

大差はないのですが、使い勝手などを考えると、VMwareのほうが良いように感じたので、わたしはVMware Fusionを引き続き使うことにしました。

しばらく使っていますが、ここまではいい感じです。以前のバージョンよりも若干早くなっているような気がするので。

 

Windowsも必要です。DSP版が使えます。 

Microsoft Windows 8.1 (DSP版) 64bit 日本語 Windows8.1アップデート適用済み

Microsoft Windows 8.1 (DSP版) 64bit 日本語 Windows8.1アップデート適用済み

 

 

VMWare Fusion 7

VMware Fusion 7

Parallels Desktop 10 for Mac Retail Box JP

Parallels Desktop 10 for Mac Retail Box JP