読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

レビュー・MacBook Pro 15インチ Retina(mid 2014)を買って良かったこと3つ

Mac

レビュー・MacBook Pro 15インチ Retina(mid 2014)

MacBook Pro Retinaを、昨年(2014年)の12月に購入しました。

MacBook Pro Retina 15インチ(mid 2014)MGXA2J/Aを購入しました

円安の影響で高くなる前に購入できてタイミングが良かったのですが、購入から5カ月ぐらいが経ったので、買って良かったところを簡単にレビュー・感想として書いておこうと思います。

もう、次のMacBook Pro Retina 15インチ(mid 2015)が出てしまいましたが。

また、ここはどうだろうかというイマイチなところも書いておきます。

 

MacBook Pro 15インチRetina

 

MacBook Pro 15インチRetina良かったところ:速い

MacBook Pro 15インチRetinaを購入した理由は、Mac miniのリプレースです。

そろそろMac miniを買い換えたいと思っていました。Mac miniも昨年アップデートしましたが、CPUがクアッドコアのものがありません。

CPUが、クアッドコアだとすると、iMacかMacBook Proの15インチしか選択肢がありません。iMacだと大きいので、MacBook Pro 15インチRetinaにしました。ノートパソコンなので持ち運べますから。

 

やはり動作が速いですね。

Macは比較的どのモデルもキビキビ動くのですが、さすがハイエンドだけのことはあります。速いです。

 

良かったところ:画面が大きく解像度が高くきれい

15インチなので、画面が大きいです。

Retinaディスプレイ

MacBook Airを外出時は持ち歩いていますが、画面が縦に短いの不満点です。15インチは、大きくて解像度も高いので見やすいです。13インチMacBook ProもRetinaですが、15インチのほうが画面が大きいのが、やはり良いですね。

わたしは家では、主に、MacBook Pro 15インチを27インチのディスプレイに接続して使っていますが、MacBook Pro 15インチをサブディスプレイとしても十分使えます。

マルチディスプレイで、いい感じです。

 

また、MacBook Pro 15インチは、Retinaディスプレイです。きれいです。

実は、そこまで期待していなかったというか、iPhone、iPadで「Retina」ディスプレイは見慣れているので、そこまできれいではないだろうと思っていましたが、だいぶきれいでした。これは、かなり良かったです。

MacBook Airの不満点の一つは、やはり画面でしょう。もう少しきれいだと良いですよね。

新しいMacBook 12インチ Retinaが発売されましたが、そちらも画面がきれいなようですね。MacBook Pro 15インチも、Retinaディスプレイなので、きれいです。

 

良かったところ:マルチタスクでも動作が重くなりにくい

これは、動作が速いというのと似たような話ですが、アプリをたくさん立ち上げて、いくつかの作業をマルチタスクで行っても、動作が重くなりにくいというのがあります。

これは、CPUがクアッドコアだからでしょう。

メモリも16GBが搭載されているので、これも影響していると思います。

作業の待ちが、あまり発生しない。こういったことは、時間効率が上がるということもありますが、パソコンが動いているのか動いていないのかわかららないでイライラするといったことがほとんどないので、精神的にも良いです。

 

MacBook Pro 15インチ Retinaのイマイチなところ:バッテリーの減りが早い

バッテリーの減りが早いような気がします。

MacBook Airと比べてということですが。

輝度を落として使えばそれほどではないのですが、やはりCPUがクアッドコアだったり、画面が大きいからなどがあるのでしょう。

負荷がかかると、MacBook Airよりもバッテリーの減りが早いような気がします。

 

イマイチなところ:ファンが回る

ファンが、結構回ります。これもCPUとの関係でしょうか。

負荷がかかると、ファンが回ることがあります。このあたりは、仕方がないところではあるのでしょうけれど。

新MacBook 12インチ Retinaは、ファンレスでファンがないということですから、いつかMacBook Proでも、ファンレスになると良いですよね。そうなれば、ファンが回って気になるということもないでしょう。なかなかむずかしいのだろうと思いますが。

負荷がかからなければ、ファンが回ることはないので、ほとんど音はしません。

 

イマイチなところ:少し重い

MacBook Pro 15インチRetinaは、重量が、2キロほどあります。持ち歩くには少し重いですね。これも、そのうちもっと軽くなるということはあるのではないでしょうか。

重量が軽くなることも今後は期待したいです。

 

デスクトップ並みのノートパソコンが欲しい方に 

MacBook Pro 15インチ Retina(mid 2014)

 

と、MacBook Proの15インチ Retinaの良かったところ、イマイチなところを簡単に書いてみました。

個人的には、速くて大きくていい感じです。

 

円安の影響で、MacBook Proの15インチ Retinaは、高くなってしまいました。

Apple製品全般が高くなっていますが、MacBook Pro 15インチRetinaは、なかでも高いほうでしょう。ですから、購入したいという人は、あまり多くはないかもしれません。

デスクトップ並みのノートパソコンが欲しい。そういう人にはいいと思います。動作が速いというのは効率につながりますし、画面の大きさも気持ちいいです。

 

ということで、しばらく使ってからのMacBook Proのレビュー・感想でした。

MacBook Pro

関連記事

iPhone・Macのタスク管理アプリに「Wunderlist」を選んだ5つの理由

MacBook 12インチRetinaモデル。3色、重さ920g、価格約16万円(税込)から

Mac初心者がMacを使いこなすのに意識すると良い5つのポイント

新MacBook Proの噂と期待したいこと5つ