読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

消費者に対するミッションのマーケティング『マーケティング3.0』

ビジネス書・本の書評

今月は、これからのマーケティングについて、時間のあるときに考えるなどしています。

その際に、『コトラーのマーケティング3.0』を参考にすることが多いです。 

 

『マーケティング3.0』(楽天ブックス)

コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則

コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則

  • 作者: フィリップ・コトラー,ヘルマワン・カルタジャヤ,イワン・セティアワン,恩藏直人,藤井清美
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/09/07
  • メディア: 単行本
 

気になっているのは、「ミッション」です。

これからのマーケティングでは、ミッションが大切になってくる。そういったことが書かれています。

なぜなら、消費者が、目的や大義を求めるように変化しているから。 

これからのマーケティングとは?『コトラーのマーケティング3.0』 - ビジョンミッション成長ブログ

このあたりは、こちらの記事で書きました。

では、もう少し詳しくはどうなのでしょうか。

 

消費者に対するミッションのマーケティング『マーケティング3.0』 

ミッションをマーケティングする

「消費者に企業や製品のマーケティングをするためには、企業は変化というミッションを掲げ、それを軸に感動的なストーリーを築き、ミッションの達成に消費者を参加させる必要がある。」(p.104)

 

ミッションをマーケティングする。消費者に伝える。

そのためには、これからの時代に合わせて変化していって、感動的なストーリーを語り、消費者の参加を促すこと。

これが必要ということです。

 

もし、消費者が、目的や大義を求めているのであれば、こういうことが求められるのでしょう。

 

消費者にミッションをマーケティングする際の3原則

「消費者にミッションをマーケティングする際の原則は三つある。それは、普通ではないビジネス、人々を感動させるストーリー、顧客エンパワーメントである。」(p.105)

 

普通ではないビジネス、ストーリー、顧客参加。この3つが、消費者にミッションをマーケティングする3原則ということです。

たしかに、これらがあると、消費者に、ビジネスの目的・ミッションに参加してもらえそうです。そして、ミッションに共感して参加してくれた消費者は、企業のミッションと固くつながるということもあるでしょう。

 

気になるのは、どこまで消費者が求めているか

ミッションをマーケティングする。その考え方は、こういったところだろうと思います。

 

少し気になっているのは、これがどこまで広まるかということです。もう少し言うと、この方向性なのかどうか、ということが気になります。

ミッションや大義名分のようなこと。これを求める消費者がどこまで増えるのか。

おそらく増えていくだろうとは思うのですが、どこまでか。このあたりはわかりませんね。未来のことだからわかりにくいということもあるのですが、一方で、まだまだマーケティング2.0も満たされていない国・人たちもいるからです。

 

とは言え、先回りして、こういうことも考えておくと、あとから対応するよりも時間的な余裕があるでしょうし、先進的であるとも見られるということもあるでしょう。

段階的に変わっていくのかということもよくはわかりません。

それでも、消費者や社会は変化するものですから、このあたりも考えておくのは有益でしょう。

ビジネス書の新刊を知りたい方は、こちらもどうぞ

ビジネス書をビジネスのチカラに

『マーケティング3.0』(楽天ブックス)

コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則

コトラーのマーケティング3.0 ソーシャル・メディア時代の新法則

  • 作者: フィリップ・コトラー,ヘルマワン・カルタジャヤ,イワン・セティアワン,恩藏直人,藤井清美
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/09/07
  • メディア: 単行本
 

関連記事

『カール教授のビジネス集中講義 マーケティング』これ一冊で、マーケティングの基本を理解する

売上を増やして、ビジネスで成功するには?ハイパワー・マーケティング 

マーケティングとブランディングについて考えておきたい1つのこと