読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

目標や計画は立てて終わりではなく、毎日確認して修正する

考え方 成長

年始に、目標を立てた。目標を紙に書くと、成功すると言われたりします。しかし、それだけでは、やはり目標の実現はむずかしいでしょう。

結果を変えたいなら、学んで動く、動いて学ぶ

行動が必要なわけですが、行動したあとも大切です。なぜなら、予想とは違った結果にもなるからです。

だから、目標を立てて行動して終わりでもありません。

では、どうするか?

 

f:id:kobabiz:20151228095151j:plain

目標を毎日確認して、計画を修正する

目標を毎日確認する

わたしは、目標を毎日確認しています。どのくらいの頻度で確認するかは、その目標によるとは思いますが、週1ぐらいでは、目標を確認したほうがいいでしょう。

確認しないと、目標を忘れてしまうことが多いでしょうから。忘れてしまったら、行動しないので、目標達成はむずかしいですよね。

 

わたしも以前は、週1ぐらいで、目標や計画の確認をしていました。最近は、毎日簡単にその日のことを振り返って、できたこと、できなかったことを考えています。そうしたほうが、行動に移しやすいので、こうしています。1週間だけの振り返りだと、細かい改善の方法が思いつかなかったり、週の間で修正できなかったりするので、こんなふうになりました。

このあたりの間隔は、実際にやってみて、自分なりに工夫してみると良いですね。

目標を達成するには?目標達成に参考になる5冊

 

振り返って、計画や行動を修正する

そうやって、目標を確認して、その方向に進んでいるかを振り返ります。

そして、予定どおりであれば、まあ良いですね。予定どおりでないなら、何が原因であるかを考えます。たいてい忙しいとか時間がないとか、行動しない理由が出てきますね。

それを、どうにか行動していって、目標に近づけるようにする方法を考えます。そして、その行動や予定をスケジュールに入れる。

 

うまくいっていないなら、計画や行動を修正するわけです。

 

週末にも確認して、修正・改善する

そして、また、週末に行動の振り返り・レビューを行って、スケジュールや行動を修正して改善します。

毎日レビューを簡単にしているので、週末は、そこまで大変ではないですね。

だいたい金曜日に行っています。土日だと、外出の予定が入ったりするので、できないことも多いからです。もちろん、金曜日が忙しいなどすれば、別の曜日に行います。

金曜日にこの2つをやると、1週間がスムーズに行く - ビジョンミッション成長ブログ

 

うまくいっていることも

うまくいっていることも、なぜうまくいったのかも考えます。

うまくいったときは、たいてい、前倒しして、行動したからというのが多いですね。

そういう「成功の理由」を集めていって、行動を改善していきます。失敗についてだけ考えて、改善策を考えても良いのですが、失敗ばかり考えていると、気持ちが落ちてしまうということもありますし、成功事例を持っておくと、似たようなことを行うときに応用ができますから。

例えば、時短や仕事のムダを削りたいとしたら、うまくいったことを集めていくということですね。

仕事のムダを削る技術 ソフトバンク新書 (SB新書)

仕事のムダを削る技術 ソフトバンク新書 (SB新書)

  • 作者: こばやしただあき
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2012/09/15
  • メディア: Kindle版
 

 

小さな成功と失敗の理由を知って、改善していく

こんな感じで、「小さな成功」と「小さな失敗」の理由・原因を考えて、改善していきます。毎日の改善の積み重ねですね。

大きな成功は、小さな成功の積み重ね。

こんなふうに言ったりします。

その方法としては、上のような方法だろうと思います。そして、こういう方法は、とくに才能がない人には、とても有効でしょう。

そして、この記事で書いているような、行動や計画の改善を継続していく。これが、目標を達成するには大切ですね。続ける技術がないと、このあたりができない。だから、目標を達成できない人は、続けられなくて目標を達成できないのだろうと思います。 

続けられるようになりたい方は、こちらの本を読んでみてください。

なぜ『1つのことを長く続けられる技術』を書いたか?【本・読書】

1つのことを長く続けられる技術

1つのことを長く続けられる技術

  • 作者: こばやしただあき
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2015/07/31
  • メディア: Kindle版
 

 

まとめ・PDCAを回すということ

要は、PDCAを回すということです。上のようなことを、手帳にしろ、スマホにしろ、行う。ツールは自分が使いやすい、やりやすいもので良いでしょう。

こういうサイクルを回すことで、目標に行動を近づけていく。目標を達成する人は、多かれ少なかれ、こういった感じのことをしていることでしょう。

こうやって、目標や計画を立てて終わりではなく、確認して修正すると良いですね。 

本を読むだけでは変われないから、読書を行動に

頭を整理し自分の考えに縛られず、可能性を広げる3つの考え方