読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

やる気をいかに引き出すか?『モチベーション3.0』

ビジネス書・本の書評 自分

f:id:kobabiz:20140729164743j:plain

 

やる気が出ない。そういうときはありますね。

嫌なことがあったり、暑かったり、同じことを繰り返していて飽きるとか。いろいろと理由はあるでしょう。

やる気がないことを理由にして、行動しないのも自分ですし、それでも行動するのも自分です。最終的に決めるのは、自分ですが、やる気を維持できると、行動もしやすくなるでしょう。

ということで、やる気について書かれている『モチベーション3.0』を、ご紹介します。

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

 

 

 

本書は、3つのパートからなっています。

モチベーションの3つのタイプ、モチベーション3.0の3つの要素、モチベーション3.0のツールキット。

これまでのモチベーションについて説明して、これからのモチベーション、つまりモチベーション3.0についてが紹介され、モチベーション3.0を身につけるにはということが書かれています。 

この記事では、モチベーション3.0の3つの要素を紹介します。

 

モチベーション3.0の3つの要素

自律性

マスタリー(熟達)

目的

 

自律性

自分で選択して行動すること。こういうことがやる気と関係があるということです。自分で選ぶことでやる気になる。そういう自律性があるとやる気になりやすいということです。

マスタリー(熟達)

上達したいと思う欲求ということです。

何かを行ったら、うまくなりたい、もっと良くしたい、そういう気持ちのことですね。

目的

上記の2つとともに、目的があると、さらにやる気が増しますよね。目的があると、モチベーションが高まるということです。

  

やる気になりたいなら

もし、やる気になりたいなら、 目的を持って、自分で選んで、より良くする。

こういうことですね。 

言われてみれば当たり前といえば当たり前です。

逆を考えるとわかりやすいでしょう。

 

目的もなく、誰かに与えられ、現状維持か悪くする。

これでは、やる気にはならないでしょう。

 

それぞれ一つずつでもやる気になると思うけれども

これらの3つの要素は、それぞれ一つずつだけでもやる気にはなると思います。

そのうえで、これら3つがあると、かけ算のようにやる気が増すのではないでしょうか。

例えば、目的がなくても良い人もいるかもしれませんが、目的があったら、さらにやる気になる。そういうものではないかと思います。

やる気があってもなくても、必要なことを行えば、結果は同じになるはずですが、最後の一歩やちょっとした違いで結果が変わることなどだと、これらがあるかないかが影響してくるような気がします。

例えば、スポーツなど勝敗がわかりやすいものだと、最後の最後で結果に違いが出てくるということもあるでしょう。

 

こんなモチベーション3.0ですが、どうしたら持つことができるのでしょうか?

知りたい方は、本書を読んでみてください。

というのは、モチベーションを目覚めさせる9つの戦略ということが書かれていますので。

 

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

 

 

ダニエル・ピンク氏のセールについて本です。こちらは、人を動かす話について書かれています。セールスが気になる方に参考になりますね。

人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する!

人を動かす、新たな3原則 売らないセールスで、誰もが成功する!

 

 

自分が「原因」『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』【名言】 - ビジョンミッション成長ブログ

やる気をなくすのは、自分が決めたことということですね。

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉
 

 

ちなみに、わたしのブログのモチベーションは、はてブなどでポジティブなコメントをもらうことです。

ということで、どんどんはてブなどしてくださいませ。