ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。


 

 iPhoneXの予約状況、在庫情報の確認。在庫状況をApple、ソフトバンク、au、ドコモ。ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ電機などから
 iPhone8、iPhone 8 Plusの予約、在庫、入荷状況。ドコモ、au、ソフトバンク、Apple公式サイト。家電量販店の在庫予約状況は?
 iPhone8のケースのおすすめと人気のケースのランキングまとめ
 iPhone8ガラスフィルムのおすすめと人気ランキングまとめ。iPhone8 Plusのガラスフィルムも
 格安SIMの比較・まとめ10とおすすめ(2016年)月額料金、特徴、速度など
 iPhone7のケースをどうする?iPhone7、iPhone 7 Plusのケースまとめとおすすめ
 iPhone7とiPhone 7 Plus、どちらを買う?違いは?比較。「コンパクトさ」か「カメラ」か
 iPad Pro 9.7インチのレビュー。Apple Pencilがいい!iPad Air 2とどちらがいい?
 おすすめの本・ビジネス書を2015年に読んだ良書から15冊

なぜ、本を書くか?

なぜ、本を書くか?

『1つのことを長く続けられる技術』

1つのことを長く続けられる技術

1つのことを長く続けられる技術

 

 

わたしが、この本を書いた理由は、続けられないことで、目標を達成できない。

そういう人に向けて、続けられる方法、技術を知ることで、続けられるようになって、成果を上げて、結果として自分を変えて欲しい。

簡単に言ってしまえば、そう考えて、書きました。

 

なぜ、わたしが、本を書くのか。そんなことをこの記事では、書いておこうと思います。 

本を書こうと思った理由

わたしが本を書こうと思った理由は、いくつかあるのですが、まずは、書いてみないと、本を書くとはどういうことなのかわからないから、ということがあります。

ビジネス書を紹介するメルマガ・ブログを続けているのですが、評価するのは比較的簡単です。

ビジネス書をビジネスのチカラに

読んで、比べて、良い悪いなどを考えれば良いでしょうから。

 

本を書く側になったら、どう感じるのか、何を考えるのか。そういうことを知りたいと思ったのが本を書こうと思った理由として、一つあります。

 

また、ビジネス書や本のおかげで、仕事の役に立ったといっとことなどいろいろと得られることがありました。

本を紹介する以外で、何か恩返しというか貢献できないか。そんなことも考えて、本を書こうと思うようになりました。

 

本を読む人に情報・知識を届けたい

わたしは、ブログやメルマガ、Twitter、Facebookなど、パーソナルメディアをいろいろと活用してきました。

 

そこで感じることは、人には、メディアに「好み」があるということです。

ブログを読むことが好きな人、Twitterが好きな人、テレビが好きな人など、個々人で選ぶメディアが異なる。

 

本(だけ)を読む人には、ブログなどのウェブのメディアだと届かない。こういうことを、ウェブで情報発信していると感じます。

そういうことを感じてもいたので、本を書こうと思うようになりました。

 

ちなみに、書くときに、心がけていることは、以下のようなことです。

本・ビジネス書を書くときに心がけている3つのこと

 

本を書く・執筆するのは、なかなか大変

本を書く・執筆するのは、なかなか大変です。その本によって、大変さが異なったりするのですが、いずれにしても、執筆の時間をどう確保するか。ここが苦労するというのはあります。

 

また、ブログと本では、文章の質が違ってきます。

ブログを書くというのは、そこまで気を使わないというか、極端なことを言えば、ある意味、自分だけがわかる文章でもOKというところがあるでしょう。

 

しかし、本は、知識がない人であってもわかるように書くということが、基本的には求められます。簡単に極端に言ってしまえば、「誰が読んでも」わかるように書く。

ブログでは「自分だけがわかるのでも良い」ですが、本はとくにビジネス書は「誰が読んでもわかるように書く」は、全く逆になるくらい違います。(ビジネス書でも専門的な本などは知識のある人に書くというのもありますが。)

 

「誰にでも」わかるように書く。これは、大変ですよね。

そして、だから、ビジネス書の話は、簡単な話やノウハウになってしまうという傾向はあります。ときどき、レビューなどでこんな内容は知っている、と言っている人がいますが、そういう人は、その本の対象読者ではないのですよね。

もっと、専門書とか、高度な話が書いてある本を読むと良いのです。

 

そういう「苦労」もありますが、そこを通らないと、自分で本を書いて出版して伝えるということは、なかなかできません。

ちなみに、ビジネス書を出版する方法は、以下のような感じです。

本・ビジネス書を出版する方法

 

ということで、こういった理由などから、本・ビジネス書を書いています。