読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

『ネスレの稼ぐ仕組み』稼ぐ仕組みの3つの基本

ビジネス書・本の書評

『ネスレの稼ぐ仕組み』

ネスレと言えば、キットカットやネスカフェバリスタなどで、最近、話題になっていますよね。

本書、『ネスレの稼ぐ仕組み』では、ネスレ日本が、どうやって稼ぐ仕組みを考えて、作ってきたかということが書かれています。その中から稼ぐ仕組みの作り方も、参考になるところがありますね。

『ネスレの稼ぐ仕組み』(楽天ブックス)

ネスレの稼ぐ仕組み

ネスレの稼ぐ仕組み

  • 作者: 高岡浩三
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版
  • 発売日: 2015/09/11
  • メディア: 単行本
 
ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ レッド PM9631

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ レッド PM9631

  • 出版社/メーカー: ネスレ日本
  • メディア: ホーム&キッチン
 

 

稼ぐ仕組みの基本

「稼ぐ仕組みの基本は、たった3つです。

1 顧客はだれ?
2 問題はどこ?
3 どうすれば解決できるのか?」(p.002-003)

 

顧客の問題を解決する。これが、稼ぐ仕組みの基本ということです。

 

キットカットでの「きっと勝つ」や、ネスカフェアンバサダーなど、顧客を「巻き込む」ような方法。こういうことも、顧客の「問題解決」を考えていっての手法ということがわかりました。

たしかに、特定のお客様の問題を解決できるようになれば、それがそれなりの市場規模があれば、ビジネスになりますよね。

稼ぐ仕組みを考える、3つの基本はここにあるというのがわかります。

 

イノベーションを生み出す人と生み出せない人の差は?

「物事の本質を考え、たとえ先輩や上司が無理だと言っても、人と違う行動をしたからこそ売り上げが伸びました。
 普通に仕事をしていれば、問題はあふれています。
 なぜそういう問題が起こっているのか、どうすればその問題を解決できるか、を考えることです。イノベーションを生み出す人そうでない人の差は、考える時間の差であると私は思っています。」(p.067)

考えること。

これが意外とできないというかむずかしい。

しかし、問題解決をするために考える。どれだけ考えられるかで変わってくるのだと思います。

簡単に思いつくようなことなら、真似されて、終わってしまいますよね。それだけ思いつくのはむずかしいことだから、イノベーションになり得る。

 

イノベーションの「型」

もちろん、時間を長く考えれば良いわけではなくて、適切な解決策を考えるために考える。それがイノベーションにつながるということです。

イノベーションということだと、最近、『もしイノ』が発売されました。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

  • 作者: 岩崎夏海
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: Kindle版
 
イノベーションと企業家精神【エッセンシャル版】

イノベーションと企業家精神【エッセンシャル版】

  • 作者: P.F.ドラッカー,上田惇生
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

ドラッカーの企業家の4つの戦略『イノベーションと企業家精神』 - ビジョンミッション成長ブログ

4つの企業家戦略 総力戦略、ゲリラ戦略、ニッチ戦略、顧客創造戦略があるということです。 「これら四つの戦略はいずれか一つを選べというものではない。そのうちの二つを組み合わせ、時には三つを組み合わせて一つの戦略とすることができる。また、はっきり区別できるものでもない。」(p.248) ということで、曖昧な戦略ということです。 ただ、前の3つと最後の1つには、違いがあって、前の3つは、どうやってイノベーションを導入していくかという話で、最後の1つは、イノベーションそのものだということです。

ドラッカーの企業家の4つの戦略『イノベーションと企業家精神』 - ビジョンミッション成長ブログ

 

ドラッカー氏の『イノベーションと企業家精神』を、女子マネージャーが実践していくという話です。イノベーションを考える際に、こういった本を考えるきっかけにするというのはありますよね。 

イノベーションにも、ある程度わかっていることがあります。その「型」を知って、そこから考え始める。

そうすれば、イノベーションを起こしやすい。そんなことがわかります。

 

イノベーションが、大きな価値に

新しい問題解決の方法。

それらを見つけると、大きな価値になる。

『ネスレの稼ぐ仕組み』も『もしイノ』も、そういったことを教えてくれています。

イノベーションが、大きな価値あることになって、稼ぐことにつながっていく。

『ネスレの稼ぐ仕組み』(楽天ブックス)

ネスレの稼ぐ仕組み 自宅と職場をカフェにした、利益率20%の秘密 胃袋の数が縮小する日本でネスカフェが売れる理由 (中経出版)
 

ネスレ日本がどうやって稼ぐ仕組みを作ってきたか。

興味深く読むことができました。

自分のビジネスモデルなどを考えたい方が読んでみると、参考になることがいろいろと見つかると思います。読んでみてください。

最新のビジネス書などは、以下よりどうぞ。

ビジネス書をビジネスのチカラに

速読のコツ

もっとビジネス書を活用して成果を出したい人のための、ビジネス書の読書術・速読術・活用術

12月にわたしが再読したいビジネス書・本10冊 - ビジョンミッション成長ブログ