読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

戦略とは何か?『「戦略」大全』で戦略の基本を知る

ビジネス書・本の書評

戦略は、どこかわかりにくいところがありますよね。言葉のせいなのか、概念が大きいからなのか、理由はわかりませんが、わかりにくいように感じています。

しかし、定義がわかりにくいとしても、戦略の機能、戦略をうまく実行できると、ビジネスや仕事がうまくいきやすいでしょう。

最近、こちらの『「戦略」大全』を読みました。

「戦略」大全
「戦略」大全

戦略大全とあるように、事典のように使える一冊です。

 

戦略ツールキット

この「戦略ツールキット」が使える「キット」だと思いました。

28の戦略が、図解でわかりやすく解説されています。

本書の主張として、状況に合わせて、戦略を使いこなそうということがあります。これだけの戦略を知ることができれば、状況に合わせて、戦略を選んで、実行しやすくなるはずです。

  

経営戦略全史 50 Giants of Strategy (ディスカヴァー・レボリューションズ)
経営戦略全史 50 Giants of Strategy (ディスカヴァー・レボリューションズ)

 

こちらの『経営戦略全史』と合わせて読んで、使ってみると、戦略の適用に一層生きてくるように思います。

『経営戦略全史』三谷宏治(著):ビジネス書の書評・知識をチカラに

 

リアクションは、計画と同じくらい重要 

「良い戦略は、起こった出来事に頻繁に反応するものだ。将来何が起きるかは、完全にはわからない。計画は予測に基づいて策定するしかない。だから、計画には限界がある。

 賢い戦略家は、トラブルに反応することで、戦略の実現を導く。良い反応こそが、すれぐれた戦略をつくるのだ。」(p.58)

未来はわからないから、計画はムダという人もいますが、本書では、そういう立場ではありません。とは言え、計画通りにいかないことのほうが多いかもしれません。

だから、トラブルが起きたときに、どうするか。

ここで、成果が変わってくるということです。

ある程度の計画がありつつ、柔軟に目標に向かっていく。こういうことが必要だということがわかります。

 

目標を達成すること、目標を超えること

本書では、「未来を形づくるものが戦略」と言われています。こういう定義もありますね。

 

本書を読んでいて思ったことは、戦略とは、目標を達成すること、さらにできれば、目標を超えること、のように思いました。

目標がないと、戦略とは言えないものかもしれません。

(最低限でも)目標を達成するための方法を考えているものが「戦略」と言える。

そういうことをこの『「戦略」大全』を読んで思いました。

 

「戦略」大全
「戦略」大全

 

次の記事

プロジェクト・マネジメント「5つのフェーズ」と肝と基本。

 

関連記事

実行を見すえて戦略を立てることが大切『ブルー・オーシャン戦略』【感想・書評】