読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

幸せに成功するには?わかっていないと実現しにくい。成長と成功と幸せと

幸せ

成功とは何か?

いくつか考え方があると思いますが、目標を達成するとか、「功を成す」なので人よりうまくやるとか、などがあると思います。

成功の定義は、そこまでむずかしくないというか、幸せの定義よりは、簡単なのではないでしょうか。

一方で、幸せは、なかなか定義しにくいですよね。幸せとは何か?なかなか答えにくいものではないでしょうか。

f:id:kobabiz:20151227133810j:plain

 

幸せに成功するには?

成功は何かがわかりやすいとしたら、成功するのは、幸せになるよりは簡単なのかもしれません。

わからないことは、なかなか実現しにくいですが、わかりやすいことは、実現しやすいところがあるでしょうから。

とは言え、簡単ではないから、うまくいかないことが多いわけで、さらに、幸せに成功するとしたら、もっとむずかしいことかもしれません。

 

成長とは何か?

成長とは何か?これは、意外と簡単というか、できないことができるようになれば、成長なのではないかと思います。

英語ができなかったのが、英語ができるようになるとか、マラソンの記録を更新するとか。

以前よりもできるようになれば、成長したと思える。わたしには、そう思えますし、成長とは何か?を定義するとか、だいたいどんなものかはわかりやすい。 

だから、多くの人が、成長を目標にして、実現するのは、そこまでむずかしくはないでしょう。個人レベルであれば、ある意味、自分との「闘い」というか、競争、チャレンジと言えるでしょう。 あまり他人は関係ない。だから実現もしやすいです。

 

成功は?

f:id:kobabiz:20151227133909j:plain

成功は、定義次第のところがありますね。生きているだけで成功。生き残っていれば成功。そういう考え方もあると思います。

ただ、やはり、成功というには、名を成すようなところもあるかなと思います。他人との比較というのも、無くはない。意識するかどうかではありますが、結果として、競争になる面もある。

このあたりが、成長とは違うところなのではないでしょうか。そうでないと、あまり成長と成功の区別はつかない。つけなくても良いのですが、まだこの資本主義社会では、結果として「競争」になってしまうので、成功ということも考える価値はあるのだろうと思います。

 

幸せは?

幸せは、どうか。ここが、よくわからないところではありますよね。生きているだけで、幸せという考え方もあります。ただ、生きているのであれば、もっと幸せになっても良いでしょう。

なりたくないなら、ならなくても、もちろんいいですが。

幸せとは、ということは、これまでいろいろと考えられてきました。本を読むとそういう歴史や違いなどもわかります。

 たとえば、『幸せのメカニズム』などがわかりやすいです。

『幸せのメカニズム 実践・幸福学入門』前野 隆司 - ビジネス書をビジネスのチカラに

幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)

幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)

  • 作者: 前野隆司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/12/18
  • メディア: 新書
 

 

ただ、それらに欠けているというか、よくわからないことは、自分以外の幸せをどう考えるか、ということです。

もっと幸せになっていい - ビジョンミッション成長ブログ

 

自分だけではなくて、周りの人の幸せは?

自分の幸せだけではなくて、周りの人の幸せについて考え始めると、さらにわからなくなってきますよね。

どうすると良いのか?ともに、幸せになるには、どうするとうまくいくのか。

わからないなら、わからないなりに、一緒に考える場があると良いだろうと、ワークショップをできる場をつくりました。

「幸せかけ算ワークショップ」2016年1月 - ビジョンリーディング | Doorkeeper

www.visionseichou.com

自分だけではなくて、周りの人も、もっと幸せになる。

幸せに成功する。

そんなことに興味がある方は、ぜひご参加ください!

 

これからの時代は、幸せの時代に?

ちなみに、Facebookページもあります。

イベントの案内などもしますので、Facebookページのほうにも、ぜひ「いいね!」を。

 

20世紀は、成功を追求する時代だったように思います。21世紀は、幸せも「追求する」求める時代になっても良いと思います。

それも、自分だけではなくて、周りの人も。