読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

素朴な疑問から成長が始まる

考え方 成長

素朴な疑問。原理的な疑問。

そういう疑問はありますよね。

「なんで人がいるのか?」や「コミュニケーションをうまく行うには?」といったこと、「食べ物をおいしく感じるのはなぜ?」など。

子供が疑問に思うようなこと。

そういう疑問を持つと、そこから成長が始まるような気がします。 

f:id:kobabiz:20141209144116j:plain

 

疑問から好奇心や興味が湧いてくる

そんな疑問を持つと、好奇心や興味が湧いてきますよね。

例えば、「なんで人がいるのか?」というところから、生物の祖先などに興味を持ったりするでしょう。 

人間の歴史に興味を持つかもしれません。

地球や宇宙に興味が湧くかもしれません。 

 

答えを探す

そして、疑問を素直に抱いていれば、疑問に対する答えを見つけようとするでしょう。 

答えを探そうとする。

そのために、人の話を聞こうと思うかもしれないし、自分で調べようと思うかもしれない。

大学に行って研究をしようと思うかもしれないし、本を読もうと思うかもしれない。

答えを探そうする。 

 

答えが見つからないにしてもその間に発見がある

「なぜ人が存在するのか?」といった答えは、見つからないかもしれない。

というか、今のところは、まだ見つかっていないというか、宇宙がなぜあるかという答えが出てこないと、答えられないことかもしれません。

もちろん答えを見つけることもあるでしょう。そうしたら、きっとすごい発見です。誰も発見していなければすごいことですし、誰かが発見していたとしても、自分の素朴な疑問が一つ解けたことになります。

 

いずれにしても、仮に答えが出てこないとしても、そこで自分が知らないことを知ることができるでしょう。

どうやらアフリカで人類は誕生したらしいとか、猿が先祖だとか。

 

発見や気づきが、新たな興味関心に

そんな 発見や気づきから新たな興味関心が出てくることもあるでしょう。

人には、なぜ人種があるのかとか。猿と人の差はどこにあるのか。

そんな直接関連しそうなこともあるでしょうし、生命の起源に興味を持つかもしれません。

 

できることが増えれば成長につながる

疑問の答えを探していく中で、できることも増えていけば、成長につながるでしょう。

スタートは疑問で、その途中で小さな発見や成長がある。

また途中で新たな疑問を持つこともあって、そこから新たな発見への旅、成長への旅へと続いていく。

 

疑問から成長に続く道がある。 

 

そう思うので、素朴な疑問を持つというのは、きっかけとして大切にしたいと思っています。

 

「Why」の大切さを考えたい方は、こんな本を読んでみると良いですね。

WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う

WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う