読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

Surface Pro4が予約開始。11月12日発売。価格や仕様

Microsoft・Windows

Microsoftが、Surface Pro4の日本国内で、11月12日発売すると発表しました。

予約も開始されています。

Surface

Surface Pro 4 ビックカメラ icon

Surface Pro 4 ヨドバシカメラ 

Surface Pro4

Surface Pro4が予約開始。11月12日発売

アメリカに遅れての発売ですが、11月に発売ということで、そこまで遅いということではないでしょう。

バージョン4なので、そろそろ、同時発売が可能になると良さそうとは思います。

 

 

Surface Proの主な仕様

Windows 10 Pro (64 ビット)
Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス

重量: 約 767 g (Core m3 モデル)、約 786 g(i5 / i7 モデル)

ディスプレイ:12.3 インチ PixelSense ディスプレイ 
解像度:2736 x 1824

カメラ:8.0 メガピクセルのリア カメラ (オート フォーカス対応)、5.0 メガピクセルのフロント カメラ

 

価格が結構な値段ではあります 

Core-Mが、134,784円(税込)からということです。

そして、キーボードが、Typeカバーが17,712円(税込)となっています。

合わせると、約15万円です。

Core i5 だと、150,984円(税込)ということで、キーボードと合わせると、約17万円です。

価格がそれなりの値段ではありますが、最新のCPUでSurfaceペンが付属してきて、タブレットにもなるということで、この価格なら、選択肢として考えるのもありですね。

 

ちなみに、Surface 3は、77,544円 (税込)からで、キーボードは16,934円 (税込)で、10万円を切って購入できます。

 

MacBook Proは、約14万円から

ちなみに、MacBook Pro13インチは、約14万円からです。

MacBook Proは、タブレットにはなりません。

MacBook Pro

 

Surface Pro4は、タブレットにもなるノートパソコン?

タブレットにもなるノートパソコンと考えると、選択肢になってくるのではないでしょうか。本体が少し重いので、タブレットとして使うのかどうか微妙な気もしますが。

そして、iPad Proも、Surface Proの対抗なのではないかと思いますが、重さがやはり微妙な気がしています。

 

価格が安くなって、重さが軽くなると、良いのでしょうね。 

Surfaceは、キーボードとセットで安くなるキャンペーンをやるなど、これまでしていました。そういうときが買いどきなのかもしれません。

タブレットとノートパソコン

タブレットが欲しいような、Windowsも端末として欲しいような感じもしているので、いろいろと調べることは調べています。Windowsは、MacでVMware Fusionで使っています。

VMWare Fusion 8でCPU100%になってWindows 10でMacのファンが回るときの対応 

 

Windowsのノートパソコンは、選択肢がいろいろありますね。タブレットにもなるタイプでかなり安いものもあります。そちらもありかもしれない。

タブレットとノートパソコンも、選択肢がいろいろとあります。Surface Pro、iPad Pro、MacBook。選択肢があると、選ぶのに迷いますね。

Surface

Surface Pro 4 ビックカメラ icon

Surface Pro 4 ヨドバシカメラ