読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

Apple WatchのwatchOS 2が楽しみ【WWDC2015】

Apple Watch iPhone

WWDC2015が開催

WWDC2015が開催され、Apple Music、iOS 9、OS X El Capitan、そして、watchOS 2が発表されました。

iOS 9、OS X El Capitan、watchOS 2をAppleが発表

iOS 9発表。画面分割マルチタスク、新アプリ「News」、プロアクティブなど | iPhone Days|iPhone最新情報ブログ

 

Apple - Live - June 2015 Special Event

WWDC2015

どれも楽しみなのですが、個人的には、watchOS 2がとくに楽しみです。

watchOS 2が楽しみ

Apple - watchOS 2

f:id:kobabiz:20150609085458j:plain

文字盤に新しいフェイスが3つ追加

タイムラプス

世界各地の24時間にわたって撮影された、目を見張るタイムラプスビデオのセレクションから選べる。 

写真

Apple Watch上の写真アプリケーションからとっておきの一枚を選んで設定できる。

フォトアルバム

手首を持ち上げるたびに、「お気に入り」アルバムやあなたが選んだフォトアルバムから様々な写真が文字盤上に。

 

Apple Watchの文字盤のフェイスを変更して気分転換

文字盤の種類が増えるというのはいいですね。気分転換もよりできるように思います。

今回は、写真を文字盤に表示できるようになっているようですね。 

 

コンプリケーションに、サードバーティ製アプリも表示可能に

文字盤に、アプリの情報を表示することができます。これは、今までは、Appleのアプリのみでした。

サードパーティ製アプリも、このコンプリケーションに表示可能になるそうです。

これも、Apple Watchが、また便利になりますね。文字盤に表示できて、文字盤からアプリを起動できるなら、便利です。

タイムトラベルで、昨日、今日、明日の出来事を確認

タイムトラベルを使えば、Digital Crownを回して、昨日、今日、明日の出来事を確認できるということです。文字盤で、3日間の出来事を確認できるようです。

これもいいですよね。とくに、先の予定を確認できるのは便利でしょう。

交通機関の情報をチェック

watchOS 2での地図に交通機関が加わるといことで、交通機関で経路を探すことができるようです。とは言え、これが利用できるのは、一部の国・地域でかもしれません。 

日本でも使えるようになると良いなと思います。

 

Siriでできることが増える

今でも、Apple Watchは、Siriの音声で操作したりすることがあります。

Siriでできることが増えるということです。

特定のワークアウトを始める。グランスをチェックする。交通機関の情報を知る。辞書で単語を調べる。チップの計算をする。

こういったことが、Siriからできるそうです。いいですね。

 

Apple Watchも、これから改善されていく

この2015年秋に、watchOS 2が登場するということです。watchOSは、初めてのメジャーバージョンアップになります。

これからさらにApple Watchは改善されていくでしょう。

Apple Watchは、もっと使い勝手が良くなる可能性があります。iOSはバージョンが9になりますが、まだ2ですから。

 

Apple Watchを1カ月使ってのレビュー感想・パーソナルアシスタントとして使う

わたしは、Apple Watchをパーソナルアシスタントとして使っている面が強いです。どんどん改善されて、さらに使いやすくなると、パーソナルアシスタントとして、もっと使いやすく便利になるでしょう。

いろいろとAppleから登場するこの秋ですが、Apple WatchのwatchOS 2が、とくに楽しみです。

Apple Watch スタンド, JETech® 38mm/42mm Apple Watch用のチャージャー,全機種適用(2015)- ホワイト