読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

ABOAT USB Type-C変換アダプタ Micro USBケーブル2本セット付きと、ABOAT USB Type Cケーブル USB-A to USB-Cケーブル(50cm*1本+1.0m*3本+2.0m*1本)【PR】

その他 Mac

「【2個セット】ABOAT USB Type-C変換アダプタ Micro USBケーブル2本セット付き」と「【5本セット】ABOAT USB Type Cケーブル USB-A to USB-Cケーブル(50cm*1本+1.0m*3本+2.0m*1本)を」ご提供いただきました。

簡単にご紹介します。これらのケーブルや変換アダプタなどは、USB Type-Cを使う人は、持っておくと良いですね。

  • ABOAT USB Type-C変換アダプタ Micro USBケーブル2本セット付き【PR】
    • ABOAT USB Type-C変換アダプタ Micro USBケーブル2本セット付きの外箱
    • ポーチに入っている
    • Micro USBケーブルとUSB Type-C変換アダプタ
    • USB Type-C変換アダプタをケーブルにつけると
  • ABOAT USB Type Cケーブル USB-A to USB-Cケーブル(50cm*1本+1.0m*3本+2.0m*1本) 
    • ABOAT USB Type Cケーブル USB-A to USB-Cケーブルの外箱
    • ケーブル5本
    • コスパが高い
    • USB-Cのほうの差し込みがきつい
続きを読む

新しく購入したiPhone、Mac、iPadは、バックアップから復元せずに新しく設定している理由

iPhone Mac iPad

新しくiPhoneやiPad、MacBook Proなどを購入するとうれしいですよね。ただ、ちょっと面倒なのが、設定です。

iPhoneやMacは、それまで使っていた設定やアプリを復元することができます。

しかし、わたしは、復元をしていません。新しく設定しています。その理由を簡単に書いておきます。

iPhone MacBook Pro iPad

 

iPhone7

新しく購入したiPhone、Mac、iPadは、バックアップから復元せずに新しく設定している理由

新しく設定しているわけですが、いくつか理由があってそうしています。

ということで、以下がその理由ですね、

アプリの整理

わたしは、iPhoneの場合は、たくさんのアプリをダウンロードしています。1日1個だとすると、1年で約400個ぐらいは試しているかもしれません。

整理はしているのですが、それでも、増えすぎます。

なので、新しく購入したiPhoneは、面倒ですが、必要最低限のアプリや設定をして、そこからアプリをまた使うようにするということですね。

iPhoneを買い換えるタイミングで、使わないアプリを減らすということをしているということですね。

これは、基本的には、Mac、iPadも同じです。iPhoneほど、アプリは多くはないですが。

不具合を減らしたい

また、買い換えると、ハードとOSが新しくなっていることが多いです。

そういうときには、そのままでも不具合などがある可能性があります。そこに、過去のアプリやOSなどから引き継ぐと不具合が起こる可能性が増えるように思います。

MacだったらOSをクリーンインストールするとか、iPhoneなら工場出荷状態に戻すなどの方法がありますが、そういうことをするのであれば、元々買ってきた状態から設定したほうが安心かなと。

こうしているからか、不具合などにあうことはほとんど皆無ですね。まあ、絶対ないわけではないでしょうし、OSの不具合などもあるわけですが、新しいハードとOSなら、そのまま使ったほうが、不具合の可能性は減るのではないかというのもありますね。

iPhone、Macの使い方を再考できる

わたしは、道具は、基本的にシンプルに使いたい、使いやすくしておきたいというのがあります。

例えば、iPhoneは、アプリが増えると使いにくいというのがあります。

以前は使っていたアプリをもう使わないというのもあったりしますね。そういうのを減らすというだけではなくて、もしかしたら、別のツールを使うとか、アナログにしたほうが良いのかもなどを考えるきっかけにできます。

例えば、以前は、Evernoteになんでも書いていました。一つにまとめるほうがどこにあるかわかるかなと思ったので。ただ、それだと、メモが多くなりすぎて、Evernoteのノートが増えすぎて見つけにくい。

なので、日記などは別にしたいと思って、ノートやDay Oneなどを使ってみて、今は、ノートにしていますね。

Day One ジャーナル + ライフログ

Day One ジャーナル + ライフログ

  • Bloom Built Inc
  • ライフスタイル
  • App Store

新しくアプリを入れるか入れないかなどを設定しようとすると、こういうことを自然と考えます。

単に、「復元」だと、慣れていて使いやすいというのはあるのですが、考えないで、改善しないというのもあるでしょう。改善策を考えるきっかけにしているところはありますね。

新機能に気がつきやすい、かも

あと、新機能にも気がつきやすいかもしれません。もしかするとですが。 

要は、デフォルトからどんどん設定していくわけで、あ、こんな機能や設定はなかったと見つけやすいかもしれません。

最近だと、MacのSierraのショートカットキーで、文字入力の入力ソースを選ぶのは、以前は、「command + space」だったのですが、Sierraからだとデフォルトは「control + space」に変わっています。「command + space」はSierraだと、Spotlight検索になっていますね。これは、アップグレードだと気がつかない変更だったりしますね。

iPhone、Macを新しく設定するのは面倒だけれども

以前は、iPhoneを復元などしていたときもあったので、その便利さはわかっています。

設定を初めからすると結構面倒です。時間も、それなりにかかります。ただ、iPhoneを復元するのも時間は結構かかりますね。放って置けますが。 

新しいiPhone、Macを買ったら、復元やバックアップから戻すのもありですが、1から作ってみるというのも、メリットがあると思っています。 

ということで、新しく購入したiPhone、Mac、iPadは、バックアップから復元せずに新しく設定していますね。

iPhone MacBook Pro iPad

フォロー・読者登録する

iPhone7にケースやガラスフィルムをつけるか、つけないか?メリットとデメリットなど

AirPodsがいい感じ。AirPodsのペアリング方法。Androidスマホでも使用が可能。iPhone、iPad、Mac、Apple Watchでの利用。充電量の確認など

iPhone iPad Mac

AirPodsを購入しました。iPhoneやiPad、Mac、Apple Watchで使えるのはもちろんなのですが、Androidスマホなどでも、Bluetoothイヤホンとして使用できます。

AirPodsのペアリングの方法などを書いておきたいと思います。

AirPods AirPods ビックカメラ icon

AirPodsを購入。届きました。開封写真、ペアリング。簡単なレビュー。買って良かった?

AirPods

AirPodsのペアリング方法。Androidスマホでも使用が可能。iPhone、iPad、Mac、Apple Watchでの利用。充電量の確認など

iPhone、iPad、Mac、Apple Watchでの利用開始、ペアリング

iPhoneとAirPodsのペアリングは、iPhoneの近くでケースを開くとペアリングするかiPhoneで表示されます。

ペアリング

ここで接続を押すと、ペアリングされます。

Apple Watchにも、ペアリングされます。そして、他のiPadやMacBookなども、同じiCloudのアカウントだとBluetoothにペアリングの候補として表示されるようです。

iPadやMacBookとのペアリング

ペアリングしたい端末で、BluetoothのメニューでAirPodsの「接続」を選択すると、ペアリングができます。

耳にAirPodsをつけていると、ペアリングされると、音が鳴りますね。

ケースを開けるとペアリングの確認になる

あと、ケースを開けると、iPhoneやMacなどのペアリングの確認になるようです。もしかすると違うかもしれませんが。

いずれにしても、ここまでの方法だと、Apple製品としか、ペアリングできません。

Androidスマホなど、他のBluetooth機器とのペアリング

AirPodsは、Bluetoothに対応しているので、Androidスマホでも接続できますね。

方法は、AirPodsをケースに入れて、ケースの蓋を開けて、ケースの背面のボタンを押すと、ペアリングできますね。Siriは使えないですが。

AirPodsのケース

こういうところは、逆に、他のBluetoothイヤホンやヘッドホンよりも面倒かもしれません。ケースが結構重要ですね。

AirPodsはケースが結構重要。充電するにはケースが必要

AirPodsはケースが結構重要です。AirPodsを充電するにはケースが必要です。ないと、充電できません。多分。ペアリングにも関係しているようですし。

ケースとLightningケーブルをつなげて、AirPodsとケースを充電します。ケースに電池が入っていて、合わせて使うと、24時間使えるということですね。

で、こんな風に、iPhoneのスタンドでも充電ができました。まあ、こういう使い方が良いかはわからないので使用される場合は、自己責任で。 

iPhoneのスタンド

あと、ケースの置き場所に困るところはありますね。丸いので、持ちやすいですが、立てられないので。

AirPodsをなくしたら困るという話もありますが、ケースをなくすのも困るかもしれませんね。注意しないと。

ケースから片方を外すと、左右両方の充電量がわかる

ちょっと文章で伝わるかわからないのですが、AirPodsをケースから片方外して、iPhoneで表示すると、左右のLRの充電量が表示されます。以下のように。

左右のLRの充電量

 

単にケースを開けると、下のように、左右両方の充電量がわかりますね。

充電量

AirPodsを充電しておくと、ほぼ1日使える感じでした。AirPodsのみで5時間ということなので、だいたいそうなのでしょう。またケースと合わせると、もっと長時間使えますね。

音の遅れ、遅延などは感じられない

AirPodsに限らないですが、最近のBluetoothイヤホンでは、音の遅れや遅延などは感じられないですね。時々、音飛びや切れ切れになることがあるかもしれませんが、最近のBluetoothの規格だと、これも以前よりかなり減っていますし。 

AirPodsでYouTubeなどを見ましたが、遅れなどはなかったです。音飛びも、iPhoneなどとだとなかったですね。

MUSON (ムソン) Bluetoothトランスミッターレシーバー MK1 受信機+送信機。Bluetooth送受信機

こちらだと、少し厳しい感じでした。音が切れる感じはありますね。これは、他のBluetoothイヤホンでも同じなので、こういうトランスミッターは仕方がないのでしょう。遅延は感じられないですけれど。

AirPodsがいい感じです

ジョギングだと落ちそう

昨日、一日使ってみて、AirPods、いい感じです。ただ、歩いていると落としそうな感じはありますし、ジョギングなどだと落ちないか気になって走るというのはちょっと厳しいと思います。この形だと厳しいですよね。

なので、こういうストラップを使うというのもありかもしれません。

ただ、これなら、普通にBluetoothイヤホンでも良いような。

とはいえ、そこまで壊れやすいということでもないようです。

AirPodsは、落としたり、洗濯したり、水没しても大丈夫なのか?防水機能などはないはずだが

iPhoneやMacなどApple製品を複数使っている人にいい感じ

というのはありますが、座って使うぶんには、AirPodsいいです。iPhone、iPad、Apple Watch、MacBookと簡単にペアリングができて、すぐに使えます。

Siriも使えますし、文字の音声入力にももちろん使えます。

Apple製品とのペアリング、連携がいいですね。iPhoneなどApple製品を複数使っていて、Bluetoothイヤホンを使いたい方にいいと思います。

AirPods AirPods ビックカメラ icon

iPhone7にケースやガラスフィルムをつけるか、つけないか?メリットとデメリットなど

iPhone

iPhone7 Plusにケースをつけて、ガラスフィルムを貼って使っています。

ケースは、いろいろと試してみて、Highend berryのハイブリッドケースにストラップをつけて使っています。

iPhone

Highend berry iPhone7 Plus ケース 耐衝撃 ハイブリッド ケース アイフォン7 プラス カバーを購入

iPhone7のケースをどうする?iPhone7、iPhone 7 Plusのケースまとめとおすすめ

ガラスフィルムは、Ankerのガラスフィルムを使っています。 

Anker GlassGuard iPhone 7 Plus 5.5インチ用 強化ガラス 液晶保護フィルムを購入。なかなかいい感じ

安心感があるのですが、ケースとガラスフィルムをつけると、iPhone7 Plusが重いなと感じています。ケースやガラスフィルムをつけないで、使ったら、かなり軽くなるかもと考えたりしてしています。

ということで、iPhone7にケースやガラスフィルムをつけるか、つけないか?メリットとデメリットなどを書いてみて、頭の整理をしておこうかと思います。

iPhone7

iPhone7にケースやガラスフィルムをつけるか、つけないか?メリットとデメリット

iPhone7にケースやガラスフィルムをつけるメリット 

ケースやガラスフィルムをつけるメリットは、安心感ですね。iPhoneを落としたら、確実に壊れそう、少なくとも傷がつきそうというのがあります。

ケースがあれば、壊れたり傷がついたりするのが減りそうですよね。わたしもこれまで、何度かiPhoneを落としたりしていますが、ケースをつけていることで、大事には至らなかったということがあります。

また、ガラスフィルムは、画面に傷がつきにくくするということもあるでしょう。そして、汚れがついても、ガラスフィルムを拭くとか交換すれば問題ありません。

ケースやガラスフィルムをつけることで、安心感が増す。iPhoneを使う際に、傷や落下をあまり気にしないで使えるというのが、ケースやガラスフィルムを使うのに大きいメリットですね。

また、ケースなどは、格好いいものや面白いものなどを使えば、「デコ」る感じになるというのも、メリットかなと思います。

iPhone7にケースやガラスフィルムをつけるデメリット

一方で、iPhone7にケースやガラスフィルムをつけるデメリットもあるでしょう。

ひとつには、重くなるというのがありますね。とくに、iPhone7 Plusは、重量が188グラムです。ケースやガラスフィルムをつけると、200グラムほどになります。

スマホで200グラムとなると、結構重いですよね。片手で持つことはあまりないとはいえ、さすがに長時間使うなどすると重いです。手が疲れてくるというのもありますね。

また、あまりキレイではないというのもあります。iPhoneのデザインを隠すことになるので、あまり格好良くないですね。

そして、お金もそれなりにかかりますね。「安心料」と思えば、そうなのですが、お金がかかるというのは、デメリットといえばデメリットです。

iPhone7にケースをつけないメリット・デメリット

iPhone7にケースをつけないメリットは、デメリットの逆で、軽くなる、デザインが損なわれない、お金がかからないなどがあるでしょう。

逆にデメリットは、安心感がなくなるということや、iPhoneの見た目になってしまうというか、人と同じになって、代わり映えがしないというのはあるかなと思います。

個人的には、重くなるのがイマイチ

個人的に感じているのは、重くなるのがイマイチだなと思うところです。iPhone7 Plusはもともと重いほうなのに、さらにケースやガラスフィルムをつけたら、重くなります。これが、どうもなと思います。

ケースを外す?

では、ケースを外して使うかというと、iPhone7 Plusは大きいので落としそうで怖いというのがあります。何度か家などで外して使っていたりするのですが、やはり落としそうになります。シルバーを使っているので、材質のせいなのか、滑りやすい感じがありますよね。

iPhone7 Plus、シルバーが届きました。開封写真。ちょっとした感想

バンカーリングをつけるという方法もあるかもしれませんが、それだと、ケースをつけたほうが良いようにも思います。

iPhone7 PlusからiPhone7にする?

iPhone7 PlusからiPhone7にすると、軽くなるというのはありますね。これぐらいのサイズなら、片手で持っても、落としそうという感じは、かなり減ります。さらに、ジェットブラックなら、他のカラーよりも、滑りにくい感じはあります。

iPhone7なら、138グラムということですし、ケースをつけても、150グラムぜん後ぐらいでしょう。まあ画面が小さくなってしまいますし、カメラの光学2倍などがなくなりますが、その他は、iPhone7 Plusと変わらないでしょう。 

とはいえ、iPhone7 Plusとの2台持ちもどうなのかなと思ったりもします。 

iPhone7 Plus自体が軽いと良いのですけれど。

iPhone7にケースやガラスフィルムをつけるか、つけないか?

iPhoneにケースをつけないで使う、というのは、潔くて良いかなと思ったりもします。わたしは、iPadなどには、フィルムはつけていますが、ケースはつけていません。何もつけないで使う良さもありますよね。

ただ、そうなると、iPhone7 Plusのシルバーは、落としやすそうな感じがありますし、そこまで軽くなるわけでもありません。iPhone7のジェットブラックを購入するのは、ちょっと高かったりします。

iPhoneにケースやガラスフィルムをつけるのは、安心感などの面で良いのですが、でメットもあるので、どうしようかなと、このところ考えています。

ともう少し考えるためにこの記事を書いたのですが、まだもう少し考えてみて、iPhone7にケースやガラスフィルムをつけるか、つけないか、どうするか決めたいですね。 

iPhone 7 と iPhone 7 Plus

iPhone7とiPhone 7 Plus、どちらを買う?違いは?比較。「コンパクトさ」か「カメラ」か

ブログの記事「数」よりも、記事の「質」を高めたい。今年、ブログをどう運営していくか?

ブログ運営・はてなブログカスタマイズ

2017年になりました。もう1週間ほどが過ぎています。徐々に「通常運転」にしていきたいところですが、今年のブログ運営はどうしていくか、ということも書いておきたいと思います。

もうタイトルで書いている通りですが、記事数をたくさん書くのではなく、記事の質を高めたいと思っています。

このブログだけでも、1000記事以上書いているので、もう記事数ではないだろうと感じているので。

f:id:kobabiz:20170106141105j:plain

今年、ブログをどう運営していくか?記事「数」よりも記事の「質」を高めたい

記事数よりも

ブログの運営というと、毎日更新とか記事数を目標にする人は多いのかもしれません。

ただ、数年前から、というか、結構前から、質のほうを大切にしたいというか、大切になっていくのではないかと思っていました。

とはいえ、数を追うよりも、質を高めるほうがむずかしいというか、よくわからないところがあります。

だから、そう簡単にはできないところではありますね。

記事の数を書くのは悪いことではないけれど

記事の数を書くのは悪いことではないと思いますし、書きたいなら書けば良いですし、わたしも書きたいことがあったり、速報などを書くこともあるでしょう。

↓こちらのブログは、毎日更新していく予定ですし、そうなると、1年間で結果として、記事数はそれなりになります。

スマホウェブデジタル情報ブログ

ただ、数を求めると、内容が薄くなるというか、時間が限られている中で書くので、どうしても、やっつけ的な感じになってしまうところがあります。

たくさん書きたいなら書けば良いのですが、もう何年もブログを運営してきましたし、数を求めるという感じでもないので、また違ったことを考えたいと思っています。

ブログの質とは?

ブログの質とは、何か?

ただ、これは、なかなかむずかしい問いだろうと思います。

人によって異なるかもしれませんし、複数の要素が必要かもしれません。そういったことを考えるということもしたいので、今年2017年は、このブログは、そこまで更新頻度や記事数は考えないで書いてみようと思っています。

今週のお題「2017年にやりたいこと」

ブログの記事数、量、更新頻度とは?

ブログの記事数は、そこまでむずかしいことではないですよね。時間とネタさえあれば、書けばいいだけです。

量というのは、何を指すのかいまいち分かりにくいですが、文字数かもしれません。

更新頻度も、ネタと時間がかあれば、できることだろうと思います。

質を高めるには?

しかし、ブログの記事の質となると、途端によくわからなくなりますね。

内容が詳しいことなのか、文字数が多ことなのか、分かりやすいことなのか、面白いということなのか、などいろいろ出てくる。

複合的な要因なのかもしれませんし、突き抜けていることなのかもしれません。

 

ブログの運営方法で、記事数や量を増やせというのは、簡単というかわかりやすいです。だからでしょうか、よく言われます。

しかし、ブログの記事の質となると、なんだか曖昧ですし、質を高めようと言っている人もあまりいないのではないでしょうか。わかりにくくて、わかっていないことだからなのか、伝えにくいことだからなのか、あまり言われないように思います。

SEOについては、いろいろな人が言っていますが、それすらも結局よくわからない。Googleの中の人は、「読む人に役立つ記事」と言ったりしています。では、役立つとはどういうことなのか?

仮にわかってできたとして、それは、SEOには良いかもしれませんが、果たして、質が高い記事と言えるのか。

 

あと、「断捨離」が大切とモノを捨てていたりする人が、情報をたくさん発信しているのもどうなのかなと思ったりしています。それが質が高いなら良いのでしょうけれど、そうでもなかったり。情報は断捨離すると言いつつ、自分はどうなのかと。

ちなみに、わたしは、あまり「断捨離」には興味ありません。シンプルにはしたいですが、情報もモノも必要プラスアルファぐらいが良いなと思っています。

断捨離で「ほんとうにやりたいこと」は見つかる?

「答え」は出ないのかもしれないが、考える価値はある

これまでも、ブログの記事の質は、わたしなりに考えてきています。なんとなくは見えていますが、まだ見えていないところもあります。

「答え」は、出ないのかもしれません。変わるなどもあるかもしれません。

でも、考える価値はあると思っています。

なので、考えたいですし、そのために、このブログで考えてアウトプットして書いていきたいというところがあります。

いい本とは?

話は少し変わりますが、本の場合、「いい本とは?」という問いもありますよね。

とある編集者さんは、「売れる本・売れた本」がいい本だと言っていました。これも、一つの答えでしょう。

わたしの答えは、これとは違いました。あえて、ここでは書きませんが、いろいろと考えてきたので、見つけることができたのだなと思います。

そして、多分、わたしの答えが当たっている・合っていると思います。少なくとも、わたしにとっては、「売れた本がいい本」というよりも、断然良い答えになっています。

こういう答えを見つけられると良いのは、思考や行動が変わって、成果が変わってくることですね。

「いい本とは?」という質問の答えに、筋のいい答えを見つけられると、いい本を見つけることもできます。

これは筋の悪い答えを考えるとわかります。「売れた本がいい本」なら、売れた本だけ読んでいればいいですが、それでは、本を活かしていくという意味では全然足りないですよね。こういうのは筋の悪い答えですね。そして、役にも立たない。

考えることで、わかるかもしれない

こう考えてくると、自分なりにこうだろうと思える、筋の良い答えを見つけられると、質の高いブログ記事を書けるようになっていきやすいということがわかります。

考えることで、「答え」がわかるかもしれません。

考えないでいれば、きっとわからないでしょう。

そして、単に考えるだけではなくて、実践しながら考えたら、もっと身につきやすいと思います。だから、記事数を増やすということよりも、ブログの記事の質を考えながら、2017年は、このブログを運営したいと思っています。それに、記事をたくさん書くとか、PVを増やすとか、そういうことを言っているブログばっかりだとつまらないですよね。

ということで、記事数や更新頻度は減るかもしれませんし、いろいろと試行錯誤的な記事も出てくるかもしれませんが、もしこのブログを読んでいこうと思うなら、そんなことを考えているのだなと思ってもらえればと思います。

フォロー・読者登録する

なぜ「今年の目標100個掲げる」と、大きなことを達成しにくいのか?

自分 考え方 仕事術

新しい年になると、今年の目標を考えるというのはありますよね。わたしも、考えました。

ただ、あまり個数は多くありません。

こうしているのは、わたしの場合は、こうしたほうが、「大きな目標」を達成しやすいからです。

今年やりたいこと100個を書き出す、というのを、昔は、やっていたのですが、数はそれなりにできたのですが、大したことができなかったので、やめています。

ということで、この記事では、なぜ、大したことができないのか、ということを書いて、どうすると良いのかのヒントを書きたいと思います。

 

f:id:kobabiz:20170104113331j:plain

 

なぜ、今年の目標100個掲げると、大きなことを達成しにくいのか? 

やりたいこと100個ということは、3日で1個

やりたいこと100個ということは、365日で割ると、3日で1個です。3日でできることは、あまりすごいことはできないですよね。もし旅行だったら、2泊3日旅行ぐらいしかできない。

 

それぞれが関連があって、積み重ねられることなら良いのですが、 そういうことを考えないで、単にやりたいことや目標がたくさんあっても、大きなことができるとは限りません。 

力が分散する

仮に、100個全部違うことなら、力が分散しますね。小さな力やエネルギーででできることは、あまり大したことではないでしょう。

力や時間をかければできることでも、ちょっとずつしかできないと、結局、最後までできないということにもなります。

小さいことを積み重ねて、束ねると大きくなるというような、目標なりやりたいことにしないと、単にできたことの数が多くて、忙しかったけれど、それほどでもなかったということになってしまいかねません。

才能や能力が低いと、大きなことを実現するには集中が必要

才能や能力が高い人は、やったらできてしまうというのがあったりします。しかし、それほど能力や才能がないなら、やはり試行錯誤や時間がかかります。能力が高い人よりも、集中なり、時間をかけるなどが必要でしょう。

要は、努力が必要です。

にもかかわらず、関連のないことをたくさんやっても、どれも中途半端といったことになってしまう可能性は高いですね。 

大きな目標を小さな目標に分けるならあり

こういったことを考えると、大きな目標や目的があって、それらを、小さな目標に分けて、目標が大きくなる、やりたいことが増えるならありですよね。

独立したいから、独立のための本を読む、セミナーに行く、コンサルを受ける、スキルを身につける、会計を学ぶ、といいうようなこういった中目標を考えて、さらに目標を小さくして、実行しやすくするならありですね。

 

もっと言うと、大きな目標をいくつか考えて、それらを分けて、小さな目標が多いというのは、ありと言えばありです。

でも、これでも、能力があまり高くないと、力が分散しますが。

数を目指したい以外ではあまりお勧めはしない

いずれにしても、目標の数を競うとか、たくさんいろいろなことをやりたいという場合以外は、やりたいこと100個とか目標100個とかは、わたしはお勧めはしないですね。

100個あげようとすると、最後のほうで、本当にやりたいことが出てくるというようなことを言ったりもしますが、どうでしょうね。

そういう場合もあるかもしれませんが、逆に、やりたいことは、いつも考えているようなことというのもあるので、はじめのほうに出てくる場合もあります。

本当にやりたいことを見つけるなら、もっと別の方法が良いと思いますし、100個という数を出せば良いというものでもないでしょう。

量稽古というものがあるからか、量を出そうという話があります。たしかに、そういう面はないことはないと思いますが、出した目標なり、やりたいことを、関連性などでつなげて整理して、優先順位などを考えないと、いまいち大きなことにつながってはいかないですね。

アウトプットの質を高めるために、インプットの量を増やす

量を増やすというのは、次善の策だと思います。やはり質を求めているなら、考えたり、人の意見を聞いたりしてみるというのはありますね。

まあ、つべこべ言わず、100個出せというコンサルタントなどもいるので、誰の話を聞くかというか、質をあげる方法を見つけるのが大切ですね。

まとめ:目標を達成するには?

目標を書き出すのが大切とよく言われます。ただ書き出しただけでは、やはり達成しにくいなと思います。

もっと、どうするかを考えて、わかって、実行していく必要があるのですよね。

単に、数を達成したいなら、数を出すのもありですが、質を求めるなら、それだけでは足りないでしょう。

どうしたら、それなりに大きな目標を達成できるのか。これは考えてわかっていないと、むずかしいです。

このことについては、また別記事で書きたいと思います。ということで、気になる方は、フォローや読者登録をどうぞ。

フォロー・読者登録する

 

iPhoneで「自己管理」のために使っているアプリ4つ+3

2016年にApple製品で私が買って良かったものランキング

iPhone iPad Mac Apple Watch

2016年は、Appleの商品を結構買いました。というか、買ってよかったものの主なものは、Apple製品でしたね。他にもいろいろ検討しているのですが、結局、Appleを買っているという感じです。

ということで、半分冗談な感じですが、2016年にApple製品で私が買って良かったものをランキングで紹介します。なぜ半分冗談のような感じかというと、アップルの商品はそこまで種類は多くないというのもありますし、2016年に発売された主なものは買ったからですね。

それらを紹介しても、持っている人にはあまり参考にはならないでしょうけれど、これから買おうかと思っている人には、参考になるかもしれません。

アップル公式サイト

 

Apple

 

2016年にApple製品で私が買って良かったものランキング

Appleの製品で買ったものは、6つですね。他にもiPhoneのApple純正のケースとか、アダプタなどは買っていますが、それなりに大きなものとしては、6つです。

 

6位:Apple Watch Series 2

まずは、Apple Watch Series 2ですね。

開封写真などはこちら↓

Apple Watch Series 2が届きました。開封写真。スペースグレイのブラックバンド

Apple Watch Series 2

Apple Watchの「2」ですよね。 早くなってよくなっています。毎日使っています。わたしは、iPhone7 Plusを使っていて、移動中などにあまりiPhoneを取り出すなどしたくないので、Apple Watchに通知などが来るといい感じです。

SuicaやポケモンGOにも対応して、便利です。

Apple Watch Series 2に、Suicaを追加する手順。Apple Watchで、Suicaは便利。改札を通るのもラク、ただし右腕にするほうが良い

ポケモンGOがApple Watchに対応。Apple Watchへのインストール法や設定。早速使ってみました。レビュー・感想など

まだ、ちゃんとレビュー記事を書いていないかもと思い出しましたが、日々使っていて、やはりいいですね。iPhone 7 Plusユーザーには、とくにおすすめです。

Apple Watch Series 2

aos.prf.hn

5位:AirPods

次は、AirPodsです。 もっと上の順位でも良いかなと思わなくもないのですが、上の順位のものがもっと良いからということで、ここですね。

AirPodsを購入。届きました。開封写真、ペアリング。簡単なレビュー。買って良かった? 

AirPods

AirPodsがいい感じ。AirPodsのペアリング方法。Androidスマホでも使用が可能。iPhone、iPad、Mac、Apple Watchでの利用。充電量の確認など

Air Pods、買ってよかったです。これまでBluetoothイヤホンはいろいろと試してきました。が、複数の端末を使っていると、ペアリングするのが結構面倒なのですよね。

ですが、AirPodsは、ペアリングされるのが比較的速くて、簡単です。ペアリングの手間がかなり省けます。

AirPods

4位:Magic Trackpad 2

Magic Trackpad 2ですね。これは、昨年2015年の発売だと思うのですが、2016年に書いました。Magic Trackpadを持っていたので買うか迷ったので。でも、買ってよかったです。

Magic Trackpad 2を購入しました【Mac・レビュー】

MacBook Proを外付けのモニタにつけて使っています。外付けディスプレイにつけているので、Macのトラックパッドを使うよりも、Macgic Trackpad 2を使うほうが使いやすいです。昔のMacBook Proのトラックパッドより大きいのと、角度がいい感じですね。

毎日使っていますし、これを使うために、Macを使っているところはありますね。ほんと使いやすいです。Magic Trackpad2は、いいです。 

aos.prf.hn

3位:MacBook Pro Touch Bar 15インチモデル

3位は、MacBook Pro Touch Barの15インチモデルですね。

開封などはこちら↓

MacBook Pro Touch Bar 15インチモデル(late 2016)MLH32J/A・スペースグレイを購入。届きました。開封。レビュー・感想

MacBook Pro Touch Bar 15インチモデル

MacBook Proを買い換えたかったので。Touch Barはそこまで必要性は感じないですが、静かで軽くなって速くなったので、満足しています。

買ってよかったです。1ヶ月使ってのレビューは、こちら↓

MacBook ProのTouch Barのレビュー。MacBook Pro TouchBar15インチモデル(late 2016)を1ヶ月使っての感想

MacBook Pro

aos.prf.hn 

2位:iPhone 7 Plus

iPhone 7 Plus、買ってよかったというか、Suicaに対応したのと防水になったので、これでようやく長年の不満がなくなりました。SIMフリーのAppleのサイトで買えるモデルですね。SIMの「縛り」がないので良いです。

iPhone7 Plus、シルバーが届きました。開封写真。ちょっとした感想

iPhone 7 Plus

iPhone 7 Plusを選んだ理由は、カメラですね。光学2倍ズームが地味に便利です。例えば、物を撮るときに、ズームして撮ると、影が入りにくいので良いですね。画面も大きいほうが、見やすいのというのはあります。まあ、少し重いのがイマイチかもしれません。

iPhone7とiPhone 7 Plus、どちらを買う?違いは?比較。「コンパクトさ」か「カメラ」か 

どちらにしても、防水とSuicaが使えるので、iPhone 7いいですね。 

iPhone 7 と iPhone 7 Plus

aos.prf.hn

1位:iPad Pro 9.7インチ + Apple Pencil

1位は、iPad Pro 9.7インチApple Pencilですね。

iPadとApple Pencilの組み合わせはいいです。ペンで操作する、ペンで文字を書いてメモする、こういうのが良いですね。

iPad Pro 9.7インチとApple Pencilは「デジタルノート」にできる【感想・レビュー】

指で操作するのと、ペンで操作するのは、やはり違いますね。感覚的にも実際にも違います。ペンだと、細かいことができます。

Apple Pencil

aos.prf.hn

個人的には、Apple Pencilが良かったです。スタイラスペンでタブレットやスマホを使うのはいいですね。画面があまり汚れないですし、文字も書けますし。

ただ、もう少し小さい画面というか軽いタブレットかiPhoneでApple Pencilを使ってみたいというのがあります。

2017年は、iPad miniかiPhoneが、Apple Pencilに対応してくれるとうれしいですね。 

iPad Pro

iPad mini 4、iPad Air 2、iPad Pro 9.7/12.9インチの比較。どれを買うか迷う人向けのまとめ

2016年は、Apple製品をいろいろ買った。2017年は別のものも

Apple公式サイト

2016年は、Apple製品をいろいろ買った年になりました。(他の商品もそれなりに買っていますし、検討はしていますが。)主なカテゴリーだと、iMacとApple TV以外は買っている感じでしょうか。

MacBook Proを購入したので、それが大きかったですね。サイズもですが、価格も。これ1台で、iPhone、iPad Pro、Apple Watch、AirPodsを買えてしまうでしょうから。

スマホやパソコンは、わたしは仕事道具ですし、毎日のように使うものなので、気持ちよく使いたいというのがあります。スムーズに使えるかとか、サポートはどうかなどですね。そういうことを考えると、今は、Apple商品になっていますね。

とはいえ、2017年は、Appleの商品以外も買いたいなと思います。使ってみないとわからないところもあるでしょうし、Appleで全部できるわけではないところもありますから。

iPhoneが10周年でどう変わるのかということもありますし、Appleの新カテゴリーの商品も登場する可能性もあるでしょうが、MacBook Proは今のところは買わない予定ですが、まあ、Apple商品は買うとは思いますが、2016年ほどではないように思います。新しい何かが発表されたら、わからないですけれど。

ということで、2016年にApple製品で私が買って良かったものをランキング形式で紹介しました。 

iPhone 7 と iPhone 7 Plus

iPhone7のケースをどうする?iPhone7、iPhone 7 Plusのケースまとめとおすすめ

iPhone7のケースをどうする?iPhone7、iPhone 7 Plusのケースまとめとおすすめ

iPhone

iPhone7のケース。

iPhone7、iPhone 7 Plusは、イヤホンジャックが廃止されて、スピーカーに変わるなどして、これまでのケースをそのまま使えないということもあるものもあるでしょう。新しいiPhoneには、新しいケースを使いたいという方も多いのではないかと思います。

また、ジェットブラックは傷が付きやすいということですし。

わたしは、Apple純正のシリコンケースをまずは使ってみています。ただ、下部が開いているケースなので、今は、TPUケースを使うなどしています。このまま使い続けるか迷っているので、自分用のメモなどのために、どんなケースがあるのか、iPhone 7のケースをまとめておこうと思います。

f:id:kobabiz:20160920153111j:plain

iPhone7のケースをどうする?まとめとおすすめ

iPhone7が発売されてしばらく経ちました。iPhone7用のケースもだいぶ増えてきましたね。

100円ショップなどでも、目につくようになりました。どのケースを使うかは、その人がどういう目的で、何を保護したいかによると思います。あとは、好みのデザインと言うのもありますよね。

わたしは、なるべくシンプルなケースが良いですが、デザインが凝っているものが好きという人もいると思います。こちらでは、シンプルなiPhone7のケースを選んでみました。

Apple純正のiPhone7のケース

まずは、Apple純正のケースですね。

シリコンケースとレザーケースがあります。

Apple 純正iPhone 7シリコーンケース 

Apple 純正iPhone 7 Plusシリコーンケース

iPhone 7レザーケース

iPhone 7 Plusレザーケース

安くはないですが、カラーもいろいろとありますし、質感もいいです。そして、リンゴマークもあります(笑)。おすすめです。

IMG_4601 

こちらの写真は、iPhone7 Plusのシリコンケースです。サラサラしていて、質感がいいです。ただ、ケース下部が開いているので、この部分の保護はできません。ここが気になる人は気になるだろうと思います。 

しかし、Apple純正のケースなので、iPhoneに合わせて使いたいという方には良いですね。

TPUケース

TPUケースもいいですよね。iPhone7に装着するのが簡単です。外すのも比較的カンタンなので、良いと思います。ただ、長期に使っていると黄ばんだりするので、買い替えが前提かなと思います。

というのはありますが、比較的安価ですし、TPUケースもiPhone7のケースとしてありだと思います。

Simpeak iPhone 7 Plus 用 TPUクリア透明ケース保護カバー

Simpeak iPhone 7 用 TPUクリア透明ケース保護カバー

Simpeak iPhone 7 用 TPUクリア透明ケース保護カバー

  • 出版社/メーカー: Simpeak
  • メディア: エレクトロニクス

かなり安いiPhone7用のTPUのクリアケースです。安いですが、評価が意外と高いですね。

紫外線防止TPU材質ということなので、ここもポイント高いかもしれません。安いのが良いのであれば、こちらのケースはまずは良いと思います。

【Spigen】 iPhone 7 ケース, リキッド・クリスタル 

こちらは、SpigenのiPhone7のケースですね。Spigenは、iPhoneのケースとして、これまでも評価が高いケースです。

薄くて丈夫で柔軟性が高いプレミアムTPU素材のクリアケースということです。Spigenの品質は定評があります。TPUケースとしては、若干高いかもしれませんが、安心感がありますね。安心感のあるTPUケースを使いたい方は、こちらが良いでしょうね。

AVIDET iPhone 7 / iPhone 7 Plus ケース 衝撃吸収バンパー アンチスクラッチ ソフト TPU ケース 

わたしが、今使っているiPhone 7 PlusのTPUケースはこれですね。バンパーとありますが、いわゆるバンパータイプというわけではないです。TPUケースです。

この価格で、この品質なら良いと思います。ボタンの位置なども合っていました。 意外とおすすめです。

iPhone7 Plusのケースを購入、届きました

このまましばらく使っていくか、また別のケースを購入するか、検討しています。  

追記:現在は、Highend berryのケースを使っています。

ポリカーボネートのケース

ポリカーボネートのiPhone7のケースもあります。透明感があるケースが良い人は、こういうケースもありでしょう。ただ、取り外しなどが大変だったりしますね。硬めのケースなので安心感はあります。

パワーサポート iPhone 7用 エアージャケットセット(クリア) PBY-71

パワーサポート iPhone 7用 エアージャケットセット(クリア) PBY-71

パワーサポート iPhone 7用 エアージャケットセット(クリア) PBY-71

  • 出版社/メーカー: パワーサポート
  • メディア: エレクトロニクス

ポリカーボネートのiPhoneのケースとしては、パワーサポートが定評がありますよね。

そういう意味では、iPhone7でも、こちらが良いと思います。フィルムとのセットになっています。 

ケースをあまり外して交換するということはない人であれば、このパワーサポートのポリカーボネートのiPhone7のケースもありですね。

cheero Danboard Case for iPhone 7 (ライトブラウン) CHE-801-BR 

cheero Danboard Case for iPhone 7 (ライトブラウン) CHE-801-BR

cheero Danboard Case for iPhone 7 (ライトブラウン) CHE-801-BR

  • 出版社/メーカー: cheero
  • メディア: エレクトロニクス

ダンボーのiPhone7用のケースです。こちらもポリカーボネート製ということです。

ダンボーが好きな方には、これは欲しくなるケースではないでしょうか。 

バッテリーなどと合わせると、一層いい感じですね。 

こういうコーディネートというのか、ケースやiPhoneの周辺機器と同じもので統一するというのもありだなと思います。 

TPUとポリカーボネートのハイブリッドケース

最近は、側面がTPUで、背面がポリカーボネートのハイブリッドケースというのもありますね。こちらのケースのほうがTPUのみよりは、安心感はあるかもしれません。

そして、ケースをiPhone7に装着する際や外す際にも、簡単です。TPUとポリカーボネートの良いとこどりですね。そういう意味で、オススメですし、私も使っています。

SUPTMAX iPhone 7 対応 iPhone 7 ケース アイフォン 7 ケース 軽量 耐衝撃カバー 高耐久性 手触り良い iPhone 7 ハイブリッド ケース

こういう感じのケースですね。背面がクリアで、 側面がTPU素材のケースです。

これだと、ポリカーボネートだけのものよりも、iPhoneを装着しやすかったりします。iPhone6でこういうタイプを使っていたことがありました。これも良さそうだなと思います。

【Spigen】 iPhone 7 ケース, ウルトラ・ハイブリッド [ 米軍MIL規格取得 落下 衝撃 吸収 ] アイフォン 7 用 カバー (iPhone7, クリスタル・クリア)

こちらは、Spigenのハイブリッドケースですね。

TPU素材のバンパーに、ポリカーボネート素材のクリアな背面を、組み合わせたハイブリッドケースということで、まさにハイブリッドのiPhone7用のケースですね。

ウルトラ・ハイブリッドは、Military Grade【米軍軍事規格】を取得していて、MIL-STD 810G-516.6規格に則り、米軍軍事規格をクリアしたと証明されれているそうです。いまいちよくわかりませんが、耐久性があるということなので、なんか安心感がありますよね。 こちらも試してみたいところです。

Highend berry iPhone7 ケース 耐衝撃 ハイブリッド ケース 

こちらも同じく、TPUとポリカーボネートのハイブリッドケースです。ハイブリッドケースとしては、価格が、比較的安いですね。お手軽に、ハイブリッドケースを使いたい方に良さそうです。  

Highend berry iPhone7 Plus ケース 耐衝撃 ハイブリッド ケース アイフォン7 プラス カバーを購入

こちらのケースを購入しました。ストラップ穴もあって、いい感じです。質感も良いですね。しばらく、このHighend berryのケースを使っていこうかと思っています。しばらく使ってみて、いい感じです。価格も安めで、これなら満足感も高いですね。

こんなハイブリッドのケースもありますね。

iPhone 7 Plus ケース Poetic [Affinityシリーズ] クリアフロスト / 透明 [衝撃吸収] [プレミアムスリム] デュアルマテリアル バンパー 保護ケース

バンパーとのハイブリッドケース

アルミのバンパーとTPUのハイブリッドケースもあるんですね。これは、結構格好いい感じですね。iPhone7のケースとして、アルミが良い方に、ありだと思います。

【Spigen】 iPhone 7 Plus ケース, ネオ・ハイブリッド

iPhone7 ケース ネオ・ハイブリッドはTPUソフトケースとハードフレームの二重構造で保護力に優れ、現代的直線美と耐衝撃性を兼ね備えたケースです。 

ということで、ハードフレームとクリアとの組み合わせで、こちらは、側面がバンパーになっているタイプのiPhone7ケースですね。

こういうのもありますね。若干お高いですが、安心感があると思うので、こちらが個人的には気になっています。 

レイ・アウト iPhone7 ケース アルミバンパー+背面パネル(クリア) 

レイ・アウト iPhone7 ケース アルミバンパー+背面パネル(クリア)/ブラック RT-P12AB/B

レイ・アウト iPhone7 ケース アルミバンパー+背面パネル(クリア)/ブラック RT-P12AB/B

  • 出版社/メーカー: レイ・アウト
  • 発売日: 2016/09/08
  • メディア: エレクトロニクス

レイ・アウトもアルミバンパーとのハイブリッドケースを発売しています。こちらもなかなか良さそうです。

アルミのバンパーにクリアな背面ケース、iPhone7で、この組み合わせは良さそうです。こちらは、背面パネルを取り外してアルミバンパーのみで使用することも可能とのことです。

なかなか良さそうなケースですよね。

手帳型のiPhone7のケース

さらに、手帳型のiPhoneケースもありますよね。わたしもiPhone6で、一時期使っていました。今回、iPhone7 Plusでも使ってみようか迷っています。重くならないのであれば、使ってみたいところなのですが、手帳型のケースは、結構重くなりますよね。iPhone7ならそこまで重くならないので良いと思いますが、iPhone7 Plusだと結構の重さになりそうですよね。

それでも、使ってみたいような気もします。ということで、いくつかピックアップしてみます。

レイ・アウト iPhone7 ケース 手帳型 ケース マグネット/ブラック RT-P12SLC3/JB 

レイ・アウト iPhone7 ケース 手帳型 ケース マグネット/ブラック  RT-P12SLC3/JB

レイ・アウト iPhone7 ケース 手帳型 ケース マグネット/ブラック RT-P12SLC3/JB

  • 出版社/メーカー: レイ・アウト
  • 発売日: 2016/09/08
  • メディア: エレクトロニクス

レイ・アウトのシンプルな手帳型のケースです。ブラック系のiPhone7に合いそうですね。まあ、黒に黒を合わせると、暗くなってしまいますが。

【Spigen】 iPhone 7 ケース, ウォレットS [ レザー 手帳型 スタンド機能 ]  

Spigenも手帳型のiPhone 7のケースを出しています。

ウォレットSは、カードを収納できるスペースがあって、ICカードやクレジットカードなどを収納することができるということです。また、横画面でスタンド機能があります。こういうところも手帳型のケースの良いところですね。

PLATA iPhone7 4.7インチ 用 キルティング レザー ケース

キルティングの手帳ということです。価格が安いです。カラーも豊富ですね。キルティングのレザーケースということで、持ちやすそうですね。

あまり高くない手帳型のiPhone7のケースが欲しい方に良さそうです。

こちらも、スタンドとして使用できるということです。

ブランドもののiPhone7のケース

ブランドもののiPhoneのケースもありますね。いわゆる高級ブランドも、iPhoneのケースを発売しています。好きなブランドのiPhone7のケースを使ってみるというのも良いですよね。

Louis Vuitton iPhone7ケース

jp.louisvuitton.com

ルイヴィトンのiPhone7のケースもあります。ルイヴィトンが好きな方には良さそうです。さすがルイヴィトン、やはり価格は高いですけれど。

こういう高級ブランド、有名ブランドもケースを作っているのは、iPhoneならではだなと思います。

三宅一生のiPhone7のケース

www.visionseichou.com

イッセイミヤケのiPhoneのケースもありますね。シンプルなデザインでありながら、ちょっと個性的。

そんなiPhone7 Plusのケースですね。人とはちょっと違ったiPhone7のケースを使いたいという方に良いでしょう。

ZERO HALLIBURTONのケース

ZERO HALLIBURTONのiPhone7ケースも登場しました。

ZERO HALLIBURTON PC for iPhone7

ZERO HALLIBURTON

ポリカーボネートのゼロハリバートンのケースですね。こういうデザインが好きな方には、こちらも良いと思います。ハードタイプな感じのケースですね。

PITAKAのiPhone 7のケース

PITAKAのiPhone7のケースです。アラミド製のケースで、軽くて頑丈ということです。

PITAKA iPhone 7 Plus 対応ケース。アイフォン ・スマホケース 薄/軽量 & シンプル & 高級感

このPITAKAのケースも、そこそこ高いのですが、このケースに付属しているガラスフィルムがいいですね。ケースも良いのですが、セットになっているフィルムが良い感じです。

ケースだけではなく、フィルムも良いものがセットになっているのは良いですね。

100円ショップ、100均のiPhone7のケース

こういう高級ブランドや高価なiPhoneケースがある一方で、100円ショップでも、iPhone7のケースが販売していますね。そこまで質が良いということはないですが、100円という安さから考えると、コスパが高いでしょう。

100円ショップ、100均のCan Do(キャンドゥ)で、iPhone7 Plusのケースを購入。レビュー

そういう意味では、100円ショップのiPhone7のケースもありかもしれません。まあ、自分が気に入ったケースを見つけるまでの「つなぎのケース」的に使うというのが良いかもしれませんし、iPhoneを保護する安心感というのは、あまりないのですが。

iPhone7のケースで悩む

iPhone 7のケース、どれにするか悩むというか迷いますよね。とりあえずのつなぎとして、TPUケースを使っているので、もうしばらく迷ってみようかなと思います。

できれば、iPhoneは、ケースなどを何もつけないで使いたいというのはありますが、ケースは落としたときに守ってくれることもあります。傷もつきにくくなりますしね。

そういう意味では、iPhone 7にケースをどうせつけるなら、自分の納得いくものを使いたいですよね。 

ということで、iPhone7 Plusのケースをもう少し迷ってみようかなと思っています。

ケースをつけないのもあり?

といろいろなケースがあるのですが、最近は、iPhoneにケースをつけないのもありかなと思っていたりします。

iPhone7にケースやガラスフィルムをつけるか、つけないか?メリットとデメリットなど

まあ、落とすと壊れるのが怖いので、つけていますが。

今は、Highend BerryのiPhone 7 Plusのケースを使っています

今は、Highend BerryのiPhone 7 Plusのケースを使っています。

iPhone7 Plusはストラップをつけて持つと安心感が増す

ストラップをつけられるので、安心ですね。iPhone7が発売されてから、しばらくして、iPhone7用のケースも増えてきていますね。iPhoneのケースはいろいろありますが、安心感があるというのは大きいと思います。ということで、個人的には、今のところHighend BerryのiPhone7ケースがおすすめです。

iPhone7、iPhone 7 Plusの液晶保護フィルム、強化ガラスフィルム、まとめとおすすめ
Anker GlassGuard iPhone 7 Plus 5.5インチ用 強化ガラス 液晶保護フィルムを購入。なかなかいい感じ

iPhone7 Plus、シルバーが届きました。開封写真。ちょっとした感想

iPhone7・iTunesの「おすすめiPhone 7 Appとゲーム」より10個

Appleが1月2日限定で初売り。iPhone7やApple Watchなどを買うとApple Storeギフトカードがもらえます

Apple Watch

Appleが1月2日限定で初売りを開催しています。

Appleの初売り

iPhone7やApple Watchなどを買うとApple Storeギフトカードがもらえます。お得ですね。

f:id:kobabiz:20170102085101j:plain

Appleが1月2日限定で初売り。iPhone7やApple Watchなどを買うとApple Storeギフトカードがもらえます

Appleは、新商品はなかなか値下げなどはしませんね。整備済品などだと安くなったりしますが、それは、発売から少し経たないと、登場しないですし。

そうなると、こういう機会に買うのがお得でしょう。

Apple Storeのギフトカードをもらって、iPhoneのケース、MacBookのケーブルなどの周辺機器の購入の足しにすると良いでしょうね。

対象商品ともらえるギフトカードの額

対象商品は、以下の通りで、もらえるギフトカードの額は、こうなっています。

・iPhone 7、iPhone 7 Plus:5,500円分
・iPhone 6s、iPhoen 6s Plus:5,500円分
・iPhone SE:3,000円分
・Apple Watch Series 1:3,000円分
・Mac:16,500円分
・Apple TV;3,000円分

 iPhone7/7 Plusも、対象商品になっています。これはいいですね。

個人的には、iPad miniが気になっていたので、対象になっていないのが残念ですが。

さらに詳しいことは、以下よりどうぞ。

Appleの初売り

iPhone7、iPhone 7 Plus、MacBookなどがお得そう

iPhone7シリーズと、MacBookなどがお得そうですね。Macは、16,500円分ということですし。iMacも対象商品のようです。

iPhone7やMacBookを購入しようか迷っていた方は、この機会に購入されると、お得でしょう。

さらに、詳しいことは、以下よりどうぞ。 

Appleの初売り

ちなみに、わたしが、2016年に買ったApple製品で良かったものは、以下です。 

2016年にApple製品で私が買って良かったものランキング

ご参考まで。 

副業は是か非か?政府が正社員の「副業を原則容認」に転換の報道

仕事術 考え方

副業、原則禁止という企業のほうが多いのでしょうか。今朝(2016年12月26日)の日経新聞によると、政府が、正社員の副業を「原則禁止」から「原則容認」に方針を転換し、正社員の副業を後押しするとしています。「働き方改革」の一つのようですね。

www.nikkei.com

厚生労働省の「モデル就業規則」から副業・兼業禁止規定を年度内にも無くして、「原則容認」するとのことです。

180度変わりますね。基本的に、わたしは副業賛成ですが、個人レベルでは、どうやると良いかなどは気になります。ということで、副業はどうなのか?ということを、簡単に書いてみたいと思います。

 

f:id:kobabiz:20161226112841j:plain

副業は是か非か?政府が正社員の副業を原則容認に転換の報道

政府は、これまでとは180度異なる、副業原則容認に変えるということのようですね。

ただし、例外的に認められないケースも規則などに併記するということです。 これらの例外は、「同業他社に企業秘密が漏洩する恐れがある」といったことや「長時間労働につながる」といったことがある場合とのこと。

副業は「原則禁止」だった?

正社員の副業は、これまで厚生労働省の「モデル就業規則」では「原則禁止」だったようです。

副業をするときに、会社の就業規則を確認したほうが良いと言われたりするのは、こういうことでしょう。

一方で、副業を許可している会社がある、といったこと報道されたりもするので、基本的には、副業は禁止というのが多かったのかなと思います。

これは、業務に支障をきたしたり、面倒を起こされたりすることを防ぐためということが、よく聞く話でした。

副業を「原則容認」にすると?

副業を「原則容認」にするということは、これまでとは逆ですよね。そうなると、副業をする人が増えたり、副業を隠さないでしやすくなるというのはありそうです。

逆に、副業禁止を言いにくいようにもなるのかもしれません。すぐに変わるというわけではなくて、移行の段階では、今よりも、もっと企業によって異なるという状況になるということだろうとは思いますが。

副業することのメリット

正社員が副業をするこのメリットは、収入が増えますよね。基本的には。

また、今の会社で必要なスキルとは別のスキルを身につけられるなどもあるでしょう。そして、そのスキルを本業に生かすことも可能になるかもしれません。

また、複数の仕事をすることで、安心感があるというのはあるかもしれません。

何らかの理由で正社員を辞めることになっても、副業があれば、収入がゼロにはならないでしょう。

収入や安心感が増して、スキルアップにもつながるという面はありそうです。他にも自分の趣味など好きなことを副業にすれば、精神的に楽しめるなどもあるかもしれません。

副業することのデメリット

自由な時間が減る、というのはありそうですね。副業をすれば、たいてい今よりも労働時間が長くなるというのはあるでしょうから。

このため、肉体的、精神的に疲労してしまうというのは、ありそうです。土日、もしくは1日数時間の短時間労働をすることになるのでしょうから、まあ今よりも疲れる、忙しくなるというのはあるでしょう。

また、「本業」「正業」がおろそかになる可能性もありそうですよね。2つ以上の仕事を行うとなると、副業に力を入れざるを得なくなり、「正業」をこなせなくなる可能性もあるでしょう。副業だからといって、手を抜いて良い仕事というわけではなかったりするでしょうし。

今、長時間労働が問題になっています。業種や企業によるのでしょうけれど、長時間働かざるを得ない状況があるというのはあるのかもしれません。さらに、働くとなると、厳しいですよね。

副業しても良いけれど、本業の仕事に支障がないように

こう考えてくると、結局副業しても良いけれど、本業の仕事に支障がないように、という話になってくるのでしょう。

これだと、あまりこれまでと変わらないのかもしれません。

「本業」と「副業」のシナジーを目指すには?

わたしは、もうすでに独立していて、いくつかの仕事を行っています。これまでいろいろやってみて思うのは、結局「時間が足りない」ということですね。いろいろと複数のことをやると、時間が足りなくなることが多いです。

どうせ副業なり兼業などを行うなら、本業とシナジーを起こせないと、忙しくなって、少し収入が増えるだけとなってしまうというのはあるでしょう。

まあ、収入が増えるのは良いですが、たいてい時間の切り売りになってしまう。そうなるよりは、本業で収入があるなら、投資のほうが、うまくできる方法がわかるのであれば良いでしょうね。自分の時間を持ちながら、実行しやすいでしょうから。

時間をどう考えるか。副業をする際には考えたいことですよね。どうしても、時間が取られることになる場合が多いでしょうから。少しばかりの収入が増えても、時間がなくなって、疲れて、本業にも支障が出るとなったら、あまり意味がない。

それでも、副業をしたい、兼業をしたいなら、やはり「本業」と「副業」が、掛け算でうまくいくようにしたいものですよね。

このあたりを個人が考えてできるように、会社のほうも考えて支援していくと、企業にとっても個人にとっても、副業が良い意味を持てるようになるのではないかなと思います。例えば、ウェブ制作会社が、アプリを作りたい個人を支援するというような感じですね。

 

(もちろん、本業と副業は全く関係ないことをしたいという人もいるでしょうし、そのほうがうまくできるという人もいると思います。ただ、そういう人は、あまり多くはないというか、全く違う仕事を行う「2足のわらじ」を履ける人は、また違った能力がある人でしょう。)

副業を容認したら、もっと協業も考えたら良さそう

副業を容認するなら、個人と企業、また兼業先の企業などと協力して「協業」できるようにしていくと、もっと意味あることになりそうですよね。

それはそれで大変でしょうけれど、単に副業を「原則容認」にしたからだけだと、企業からしてみたら、 「副業しても良いけれど、本業の仕事に支障がないように」で終わってしまうでしょうし、個人から見たら、副業はしているけれど、会社との関係はあまりなくて忙しいとなってしまいがちなのではないかなと思います。(個人差はあるでしょうが)

単に、副業を容認するとか、そういう問題で終わらせないようにしたら、長時間労働の話と関係して、より良い働き方につなげられる可能性があるように思います。

その一つは、本業と副業の掛け算というかシナジーを考えるとか会社と個人・本業と副業の「協業」なのではないでしょうか。

仕事のムダを削る技術 (SB新書)

仕事のムダを削る技術 (SB新書)

  • 作者: こばやしただあき
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2012/09/15
  • メディア: Kindle版
 

残業・仕事時間が長くなってしまう理由10個。長時間労働を短くするには?

自分の働き方を考える時間を持つメリット。なぜ、働くのか?

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」稲盛和夫【感想書評】

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

  • 作者: 稲盛和夫
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2009/04/02
  • メディア: 単行本