読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

Facebookのユーザー離れの原因は?アルゴリズム?投稿数が2015年の3分の2に

ウェブ・ネット

 

Facebookの投稿数が、2015年の3分の2になっているそうです。数字からみると、Facebookのピークは過ぎたのだろうと思います。

ここから挽回することはあるのかないのかわかりませんが、なぜ、ユーザー離れが起きているのか、ちょっと書いてみようかなと思います。単なる一ユーザーの感想のようなものですが。

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kobabiz/20150730/20150730214346.jpg

forbesjapan.com

 

Facebookのユーザー離れの原因は?アルゴリズム?投稿数が2015年の3分の2に

ユーザーによる投稿数が2015年に比べて29.49%減少

もう投稿していないということでしょうか。でも、インスタグラムは流行っているような気がします。Instagramと連携しないのでしょうかね。

Twitterも、日本では悪くないような。

Twitter、日本の月間利用者が4000万人超え。9カ月で500万人増 

単に、Facebookのピークが過ぎただけなのか。

アルゴリズムが原因?

ニュースフィードのエンゲージメントは7か月連続で減少していたが、2015年9月から2016年3月にかけてプラスに転じた。これは広告よりも、ユーザーからの投稿や動画を優先表示するようにアルゴリズムを変更したことが原因と思われる。 

ニュースフィードのエンゲージメントは、改善したようです。

まあ、それでも、どうなのかなと個人的には感じています。時系列で表示するのをデフォルトにしたほうが良いのではないでしょうか。というか、わたしはそうしています。それで、とくに問題ないというか、投稿時間の時系列で見られるので、そのほうがわかりやすいです。

内輪感?もう飽きた

LINEは、仲間内でのメッセージのやり取りに使うというのがあるので、内輪感のアプリですよね。

そして、Facebookもですが、内輪感がありますよね。「仲間」とか「友人」の投稿ばかりが流れてきます。LINEは当然、そういう投稿というか、仲間でのやりとりなので、それで良いというか、問題ないというか、だから問題が起こるというのはあるのですが、Facebookは、「オープン」でありながら、仲間内のものを流すというのが、どうもつまらなくしているところがありますね。

これが息苦しいというのはあると思います。

投稿に対するエンゲージメントの基本指標は全て減少した。1投稿当たりの「いいね!」は7.87%、「コメント」は37.47%、「シェア」は27.8%減少した。

正直、仲間内では良いのでしょうけれど、そこまで親しくない人にとっては、あまり価値のない投稿が多いですよね。

そういう投稿をシェアしようとかコメントしようとは、あまり思わないのかもしれませんね。

そして、というか、わかりやすく言えば、もう飽きたのかもしれません。

SNS・ソーシャルメディアに飽きたら、どうするか

SNS・ソーシャルメディアに飽きてしまっている。そういう人が増えてきているのかもしれません。

まあ、LINEやFacebookのメッセンジャーなど、メッセージをやり取りするツールとしては、使うのでしょうけれど、メディアとしては、飽きているというのはありそうですね。まあ他にどうするかというのはあるでしょうけれど。

ちなみに、SNSをたくさん使う人は、スマホのSIMはLINEモバイルにすると、SNSのデータ容量はカウントされないので、いいですね。

LINEモバイル

ブログを読む、本を読む、マンガを読む。他のメディアも読んでみる

もし、SNS、ソーシャルメディアに飽きていて、インプットしたいということなら、ブログを読んだり、本を読んだり、マンガを読むというのもありでしょう。

つまり、他のメディアを読むということですね。インプットが変われば、アウトプットも変わるでしょうから。

ビジネス雑誌もありだと思います。

ビジネス雑誌のオススメ5つ

ビジネス書もありですよね。新刊のビジネス書の情報はこちらをどうぞ。

ビジネス書をビジネスのチカラに

マンガもありだろうと思います。

 最近、面白い漫画はなんでしょうね。

火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

火ノ丸相撲 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者: 川田
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/09/04
  • メディア: Kindle版
ベイビーステップ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

ベイビーステップ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

  • 作者: 勝木光
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/09/28
  • メディア: Kindle版

Facebookを読む意味は?

話がずれてきましたが、 Facebookに投稿されていることが、いまいち面白くないというのはあると思います。

ユーザーは、「情報発信」と思って、発信しているというのはないのかもしれません。

まあ、何を投稿するのも、基本的に自由だろうと思います。しかし、読み手のことを考えた投稿であれば、もっと面白いというか、役に立つものになるのではないかと思います。食べ物ばかりの投稿は、さすがにもう飽きているでしょう。

 

もっと価値のある投稿が増えないと、Facebookはもう厳しいかなと思っています。SNSでビジネスを行なっている人もいますが、そもそもソーシャルメディアは、ビジネスを行う場所でもないようにも思います。

ブログなどのパーソナルメディア、自分メディア、オウンドメディアでしっかりコンテンツを作って、それがシェアされるというのならありでしょうけれど。

そして、結局、コンテンツがつまらないから、Facebookからは離脱する人が増えたのでしょうね。ずいぶん前から若者のメディアではないと言われていますが、もう古い感じがあるのかもしれませんね。今は、SNSといったら、Instagramなのかもしれません。まあ、これもFacebookが買収していますが。

Instagram

開発元:Instagram, Inc.
価格:無料

App Store Google Play

リアルに向かう?

SNSも、日本の場合は、mixiが2004年から始まって、13年ぐらい経っています。もう、ソーシャルメディアは当たり前になって、飽きて、リアルに向かうのか、それとも、このままなのか。

ポケモンGOで、ARの楽しさなどを感じた人も多いのではないでしょうか。ここをどうにか面白くできたら、また、ソーシャルメディアも盛り上がったりするのかしないのか。

そんな簡単に面白いことはないでしょうから、ここしばらくは、現状のままなのかもしれませんね。

SNSの流行がひと段落して、次は何なのか。このままなのか。Facebookのユーザー離れは、そんな状況を写しているのでしょうね。

関連記事

ブログも、Facebook・Twitterも同じスタンスで運営する

ブログもソーシャルメディアが大事だから、ソーシャルメディアのボタンまとめ

フォロー・読者登録する

ブログを始めてから13年。ブログなどについて思うこと

ブログ運営・はてなブログカスタマイズ

 

ブログを、2004年の2月23日に始めました。今日で、丸13年ですね。

毎日ブログを更新しています。このブログではないですが。

ということで、ブログなどについて思うことについて簡単に書いてみようと思います。

 

f:id:kobabiz:20170222111244j:plain

ブログを始めてから13年。思うこと

ブログの毎日更新自体には、それほどの意味はない

まず、わかりやすいところから書くと、ブログを毎日更新すること自体にはそれほど意味はないと思います。まあ、全くないわけではないですし、意味を見出したいなら意味を見出せばいいとは思いますが。

記事を増やしたいとか、読者に毎日読んで欲しいとか、そういうことがあるなら、意味があるとは思いますが。

初めから、毎日更新する必要はないというか、習慣になってしまえば、ブログは書けるようになるでしょう。あとは、書くネタと時間があれば。

習慣にすると楽なので、最初のうちは、繰り返すと良いですね。

 

こういった意味では、毎日更新も意味がありますが、特別な意味があるかどうかというと、どうでしょうか。そこまで大きな意味があるとは、個人的には思っていません。

今のブログの状況を考えると、記事の質を考えたほうが良いでしょう。これだけブログがたくさんあると、やはり質が差になっていきますね。

「ブログ格差」なぜブログのアクセス数・PVには大きな差ができるのか?と「成功の方程式」

ブログの記事の質

とは言え、ブログの記事の質って、よくわからないんですよね。

ブログに限らないですけれど、質は、わかりにくいです。だから、ブログの場合、記事数とか文字数とかの話になりがちです。

しかし、質を高めようとすると、自分の思考や行動が変わっていきます。文章を書くというのは考えるということなので、この質を高めようと考えると、思考が変わりやすいですね。

 

単に、毎日書くとか、記事を増やすという、量だけだと、そうなりにくいところもあります。だから、どうせ書くなら、質も考えてみると良いですね。

まあ、そんなことを最近は、考えています。

2017年になりました。もう1週間ほどが過ぎています。徐々に「通常運転」にしていきたいところですが、今年のブログ運営はどうしていくか、ということも書いておきたいと思います。 もうタイトルで書いている通りですが、記事数をたくさん書くのではなく、記事の質を高めたいと思っています。 このブログだけでも、1..

変化に対応する

最近、Google検索が、日本語検索の品質向上ということで、変わったようです。

webmaster-ja.googleblog.com

こういうのは、これまで何度もありました。大きいのでも、数度はありましたね。これからもあるでしょう。

また、昔は、SNS、ソーシャルメディアは、ほとんどなかったですが、最近だと、ブログへのソーシャルボタンをつけることは、ほぼ当然になっています。

時間が経つと、こういう変化があります。それらに対応するというのは、これからもあるでしょう。そして、その都度、どういう理由でそれらのものが登場しているのか、理解して対応するというのが必要でしょうね。

変化したときに、あたふたしないで、変化があるものだと思って、対応するのが良いですよね。心がけたいのは、予想しておくということだと思います。そうすると、対応も楽です。

書きたいことを書く

最近は、わたしは、書きたいことを書いています。書きたくないことは、書いていても自分がつまらないので。

書いていてつまらない記事は、途中で書きたくなくなるのですよね。ボツにしたくなる可能性が高まります。書き始めても、途中で手や思考が止まってしまって、書けなくなって、ボツ記事になる。

逆に、書きたいこと、これは意味があるのではと思うことは、書ける。独りよがりなものもあるかもしれませんが、書きたいから書きあげて、公開しようと思える。

書きたいように書くかどうかは、その内容によると思いますが、書きたいことを書くようにすると、ブログに限らないですが、書けますよね。

ブロガーとアフィリエイターの違い

ブロガーとアフィリエイター。似ているようで違いますね。

ブロガーは、何か表現したいとか伝えたいとか、記録したいが先なんですよね。

アフィリエイターは稼ぎたいが先。

目的も違う。

書きたいことがあって、そこに、アフィリエイトもあったら良いと考えたりするのがブロガーなのではないでしょうか。

アフィリエイターは、稼ぐために、ブログなどを書く。別にブログでなくても良いのでしょうし。

ブログは、愛よりも、目的

そう考えると、ブログは、愛よりも、目的なのではないでしょうか。

目的によって、いろんなブログがあっていいですし、別に、SEOをやらなくてもいいし、自分だけのためのブログもあってもいいでしょう。まあ、それなら、Evernoteにでも書いていればいいのですけど。

もちろん、目的が「愛」でも良いです。

 

わたしは、自分が知識を活用したいから書いていますね。インプットしたことを定着させたり、あとで振り返ることができるようにするために書いています。記録しておけば、調べられるので。

知識を活用するためです。それが、人にも役に立てば、なお良いかなと。

「情報発信」

Facebookなどを見ていると、愚痴を流している人がいますね。それらも、ある種の「情報発信」だと思います。

何を発信するのも自由でしょうけれど、せっかくブログをやるなら、もうちょっと違うことを書きたいですよね。ブログで愚痴を言ってはいけないわけではないですが、それなら、FacebookやTwitterで良いでしょうし。

自分が試行錯誤したことをブログなどに書いて、結果として、誰かの役に立つことがあるというのが良いかなと思っています。

続けること

ブログの毎日更新はそこまで意味はないかなと思いますが、続けることは意味があるでしょう。

10年ぐらい何かを続けたら、見えることが変わってきますね。

1年とかだと、まだまだだと思います。ときどき、1年毎日ブログを更新しましたとか言っている人がいますが、そこで見えるものと、10年で見えるものは違います。

もし、知りたいなら、ブログに限らず、10年何かを続けてみると良いですね。

これからもブログなどは変わっていくでしょう

今後は、AIがブログなどの文章を書くというようになったりすることもあるのではないでしょうか。

いずれにしても、ブログも変わっていくでしょう。それらをどう考えて、自分で行っていくのか。 

こういったことを考えるために、ブログを行うというのもありだろうと思います。時間と労力を使って、やるだけの意味があると思えるようなものにできると良いのでしょう。

そうするには、なぜブログを運営するのか考えて、改善していくと、結果や成果も変わって、意味のあるブログになっていくというのがありますね。

ブログ運営・はてなブログカスタマイズ カテゴリーの記事一覧

はてなブログの読者数の数字を、独自の「読者になる」ボタンに表示させる方法、いくつか。JQueryなど

ブログ運営・はてなブログカスタマイズ
  • はてなブログの読者数の数字を、独自の「読者になる」ボタンに表示させる方法、いくつか。JQueryなど
    •  「読者になるボタン」
    • JQueryで、はてなブログの読者数を表示させる
    • JQueryのコード
    • HTMLのコード
    • 上のコードで何をしているのか
    • 早速使えないので、どうするか
    • はてなブログのaboutのページから
    • JQuery 
    • HTML

はてなブログで、ソーシャルボタンのような感じで、はてなブログの読者数を表示させたいなと思っていました。独自の「読者になる」ボタンなどに、読者数の数字を表示させたいわけです。

一応、以前から、このブログなどでは表示させているのですが、この方法だとPHPを使っているので、レンタルサーバーがないとできないので、別の方法・JQueryも探していました。最近できたので、公開してみようかなと思います。

といっても、需要があるのかわかりませんし、表示はできますが、いろいろとどうなのだろうと思うところもあるので、使用される場合は、ノークレーム・ノーサポートでお願いします。

要は、自己責任でということですね。

CSSやHTMLがわからない人は、やめたほうが良いかもしれません。

あと、一応書いておきますが、私は、プログラマーでもデザイナーでもないので、これがプログラムとしてなど良いのかどうかは、まあよくはわかりませんので、ご了承ください。

(あと、ページを一度読み込んでかき出すので負荷がかかるので公開して良いのかなと思っていました。はてなのサポートに聞いてみたところ、悪意のないコードなら良いらしいです。負荷が増えたら、非公開にされることもあるようですが。)

なぜ、公開するかというと、APIのようなものをはてなブログで公開してほしいからですね。多分、今のところないと思うので。

 

あと、今後も、使えるかはわかりません。

それと、はてなブログの読者を増やしたいなら、以下の記事をどうぞ。

はてなブログの読者を増やす10の方法まとめ【初心者向け】

f:id:kobabiz:20170206130201j:plain

続きを読む

MacBookの比較・まとめ。違いは?MacBook、MacBook Air、MacBook Pro13インチ、15インチ・TouchBarあり、無しのどれがいい?

Mac

最近、MacBook(Early 2016)を購入しました。MacBook Airからの買い替えですね。また、昨年、MacBook ProのTouchBar 15インチ(late 2016)を購入しました。こちらは、MacBook Pro15インチからの買い替えです。

現在、MacBookを新品で購入するとしたら、MacBook、MacBook Air(13インチ)、MacBook Pro13インチ、15インチ、Touch Barあり・無し、がありますが、どれがいいか、ということを、比較して書いてみようと思います。

今、Windowsを使っていて、これからMacBookを買いたいと考えている人などのMac初心者向けにMacBookシリーズの比較を書いてみようと思います。選択肢があると意外と迷うと思うので。

Macを比較

 

MacBook Pro

 

MacBookの比較・まとめ。MacBook、MacBook Air、MacBook Pro13インチ、15インチ・TouchBarあり、無しのどれがいい?

MacBook

軽い

まずは、MacBookから。0.92キログラムということで、現在Appleが販売しているMacBookシリーズの中では一番軽いですね。比較すると、Macでは、一番軽いノートパソコンとなります。

ですから、重量が軽いノートパソコンが欲しい方は、MacBookになるでしょう。

わたしも、持ち運ぶことを考えて、MacBook Proを持っているのですが、MacBookを購入しました。軽くていいです。

iPad Pro 9.7インチと比較すると、iPad Proでブログなどを書けないかなどやってみましたが、わたしはちょっと無理でした。日本語変換がイマイチだったり、画面に手を伸ばさないと操作ができないなどあるので、やはりMacBookだなと。

MacBookの価格

128,800円(税別)からということで、そこまで安くはないですね。安いのが良いのであれば、MacBook Airということになるでしょう。

スペックは十分?

ウェブを見たり、ワードで文章を書くといったことであれば、1.1GHzの下位モデルでもスペック的には比較的十分だと思います。ブログを書くというのでも、十分でしょう。

オフィス仕事にということであれば、ハードのスペックとしては特に問題はないと思います。

動画を扱うとか、プログラミングでデバックが必要とかになってくると、MacBookでは少し厳しいところはあると思います。

USB-Cポートが一つだけ

USB-Cポートが一つだけです。しかし、そこまで不便かというとそうでもないですね。アダプタを購入すれば問題ないと、個人的には思います。いろいろ外部機器をつなげたいという人には、不便かもしれません。

そういう人は、MacBook ProやAirを選ぶと良いかなと思います。他のMacBook Proなどと比較すると、拡張性がないですね。

MacBook

MacBook 12インチ・スペースグレイを購入。開封写真、簡単なレビュー、感想など MacBook 12インチの外箱 開封。色はスペースグレイに 説明書やUSB-Cケーブル アダプター MacBook MacBook 12インチのUSB-Cのポート MacBook 12インチの簡単なレビュー、感想..

MacBook Air

11インチがなくなって、13インチのみに

MacBook Airは、新品としては13インチのみが現行では発売されてますね。11インチがなくなりました。11インチが欲しいなら中古などになりますね。

13インチなので、画面は、MacBookより大きいです。しかし、解像度は低いですね。

重さは、MacBook Proの13インチと違いはない

1.35 kgと、1.37 kgのMacBook Proの13インチと比較してもほとんど変わりません。そう考えると、MacBook Proのほうがよさそうだとは思います。

価格は、一番安い。ここが違う

しかし、MacBook Airは、価格が98,800円(税別)からということで、一番安いです。最新のものにこだわらないなら、Airの13インチは良い選択肢だと思います。

 

MacBook Airの13インチは、安いMacBookが欲しいという人が選ぶと良いですよね。

MacBook Air

MacBook Pro 13インチ(2016)

Touch Barありかなしか。違い・比較

わたしは、15インチのTouch BarありのMacBook Proを使っています。たしかに、TouchIDは便利ですが、現段階ではタッチバーはなくても良いかなと思います。そこまで使わないというか、ほぼショートカットキーなので、他でもできるというのがありますね。

ないならないで、他の操作で大体できてしまいますから。これまでTouch BarなしのMacBook AirやProを使ってきたわけで、それらと比較してみると、現段階では必須ではないとは言えます。

しかし、最近、Office for Macが、Touch Barに対応して、少し便利になったりしています。将来的にアプリが対応してきたら、Touch Barがあると良いですよね。

価格と、どちらを選ぶか

タッチバーなしが148,800円(税別)からで、Touch Barありが178,800円(税別)からと比較すると3万円違います。

どうしても、Touch BarやTouch IDを使いたいというのでなければ、Touch Barなしで良いのではないでしょうか。

あとは、CPUが違うので、高スペックなほうが良いなら、Touch Barありというのもありですよね。CPUが、2.0GHzデュアルコア Intel Core i5と、2.9GHzデュアルコア Intel Core i5というように違いますね。

 

1台で済ませたいなら、13インチのMacBook Pro

Macのノートパソコンを1台で済ませたいなら、13インチのMacBook Proだと思います。

 

重さが、1.37キロなので、比較的軽い方ですので、持ち運びもできますし、性能もそれなりに高スペックです。Touch Bar付きのものは、USB-Cポートも4つあります。拡張性も悪くはないでしょう。

バランスがいいということが言えるので、13インチのMacBook Proが間違いないでしょう。

ちなみに、わたしは、MacBook Pro15インチとMacBookを両方使っているのは、15インチを持ち運ぶのが重いのと、1台が壊れた時などのためというのもあったりします。あとは15インチのほうは、デスクトップの代わりというか、モニタにつなげて使っていますね。

モバイルとデスクトップを1台にまとめるなら、13インチのMacBook Proという選択が良いのではないでしょうか。

MacBook Pro

MacBook Pro 15インチ(2016) 

MacBook Pro 15イン

Touch Barありを

MacBook Pro 15インチは、Touch Barなしもあるのですが、これは、前の型ですね。なので、MacBook Pro 15インチを選ぶのであれば、やはりTouch Barありを選ぶというのがあるでしょう。 (late 2016)

 

よほどの理由がない限り、Touch Barありではないでしょうか。まあ、USBが古いほうが良いとか、HDMIポート、SDXCカードスロットなどはあるのかもしれません。

わたし自身は、TouchBar付きの15インチモデルを買って満足しています。軽くなって、動作も軽いので。

MacBook Pro 15インチ Touch Bar(late 2016)[MLH32J/A]を購入しました。そして、届きました。 MacBook Pro 注文から約20日ほど、今回はちょっと長かったですね。結構待ちました。 13インチではなくて、15インチのMacBook Proです。色は、スペ..

価格の違い・比較

MacBook Pro 15インチ(late 2016)Touch Barモデルは、238,800円(税別)からですね。もうここまでくると、デスクトップのiMacよりも高くなってきています。Proのフラッグシップですから、高いです。

今時、この価格を出してパソコンを買うとしたら、「性能重視」ということですよね。

20万円を切ってくれたらと思うのですが、まあ、高性能で高いです。

重さの違い

1.83 kgということで、以前のモデルと比較すると、200グラムぐらい軽くなっています。アダプタと合わせると、2キロぐらいです。

持ち歩けない重さではないのですが、ほかに荷物などがあると、ちょっと歩いての移動だときついところがあります。

画面が大きくて作業がしやすい

現行のMacBookシリーズの中で、15インチが最大のディスプレイサイズです。昔は17インチもありましたが。

他のMacBookと比較すると画面が大きいので、作業はしやすいですね。タッチパッドも大きくなって、いい感じですし。

下位モデル?上位モデル?比較するとどっち?

わたしは、下位モデルで、SSDを増量しました。CPUはそこまで変わらないかなというのと、予算の関係ですね。

ここは、自分の懐具合などで考えると良いのではないでしょうか。

もちろん、高スペックでないとダメだという人は、上位モデルでしょうね。 長く使いたいというのであれば、上位モデルが良いでしょう。

MacBookシリーズは満足度が高い

MacBookシリーズは、どれも、満足度は高いと思います。価格も高いですが。

Windowsのノートパソコンと比較すると、価格が2、3割高いかもしれませんね。ただ、使いやすさやサポートなどを考えたら、Macという選択肢はありでしょう。MacでWindowsのOSは使えますが、WindowsでMacのOSを使うというのはできないですし。

なぜ、MacBookを使っているか?トラックパッドがいいから

なぜ、Macを使っているかというと、わかりやすい理由は、トラックパッドがいいからですね。

Magic Trackpad 2を購入しました【Mac・レビュー】

操作しやすいです。あと、最近は、Macの日本語入力のライブ変換が気に入っています。入力すると、スペースキーを押さなくても、どんどん変換していってくれます。これが、楽ですね。

他にも、Macはバックアップが楽など、いいところはありますが、それらは使っていってわかることだと思います。
わたしは、それなりに長時間パソコンを使うので、気持ちよくストレスなく、パソコンを使えるというのはいいですね。Macだと気持ちよく使えます。

あと、デスクトップのiMacではなく、MacBookなのは、持ち運びが楽だからですね。27インチのiMacなどだとさすがに、移動させるのは面倒だったりするので。家の中や外で、パソコンを使うには、やはりMacBookでしょう。

 

そんなMacBookですが、ラインナップがあって、それぞれが微妙に違っているので、どれを買うのかというのは迷うところかもしれません。

自分の使用用途、目的に合ったMacBookを購入したいものですね。

Macを比較

MacBook ProのTouch Barのレビュー。MacBook Pro TouchBar15インチモデル(late 2016)を1ヶ月使っての感想

iPhone7とiPhone 7 Plus、どちらを買う?違いは?比較。「コンパクトさ」か「カメラ」か

iPhone7のケース・iPhone7、iPhone 7 Plusの人気のケースまとめとおすすめ

iPhone iPhoneのケース

iPhone7のケース。

iPhone7、iPhone 7 Plusは、イヤホンジャックが廃止されて、スピーカーに変わるなどして、これまでのケースをそのまま使えないということもあるものもあるでしょう。新しいiPhoneには、新しいケースを使いたいという方も多いのではないかと思います。

また、ジェットブラックは傷が付きやすいということですし。

わたしは、Apple純正のシリコンケースをまずは使ってみています。ただ、下部が開いているケースなので、今は、TPUケースを使うなどしています。このまま使い続けるか迷っているので、自分用のメモなどのために、どんなケースがあるのか、人気のケースなどiPhone 7のケースをまとめておこうと思います。

iPhone7

iPhone7のケースをどうする?人気のケースなどのまとめとおすすめ

iPhone7が発売されてしばらく経ちました。iPhone7用のケースもだいぶ増えてきましたね。どれを使うか迷うというのはありますが、人気のケース、オススメのケースというのを知りたいというのはあるでしょう。

100円ショップなどでも、目につくようになりました。どれをを使うかは、その人がどういう目的で、何を保護したいかによると思います。あとは、好みのデザインと言うのもありますよね。

というのはありますが、人気のケースなどを中心にまとめました。

また、わたしは、なるべくシンプルなケースが良いですが、デザインが凝っているものが好きという人もいると思います。こちらでは、シンプルなiPhone7のケースを選んでみました。シンプルなケースが人気というのはあるかなと思います。

Apple純正のiPhone7のケース

まずは、Apple純正のケースですね。

シリコンケースとレザーケースがあります。

Apple 純正iPhone 7シリコーンケース 

Apple 純正iPhone 7 Plusシリコーンケース

iPhone 7レザーケース

iPhone 7 Plusレザーケース

安くはないですが、カラーもいろいろとありますし、質感もいいです。そして、リンゴマークもあります(笑)。おすすめの一つです。

IMG_4601 

こちらの写真は、iPhone7 Plusのシリコンケースです。サラサラしていて、質感がいいです。ただ、ケース下部が開いているので、この部分の保護はできません。ここが気になる人は気になるだろうと思います。 

しかし、Apple純正のケースなので、iPhoneに合わせて使いたいという方には良いですね。若干価格が高めのケースかもしれませんが、Appleが「作っている」ケースで質感は良いですね。人気の色は、青とか赤なのでしょうか。iPhone自体に赤や青がないので、赤や青が人気だったりするのかもしれません。

TPUのiPhone7のケース

TPUケースもいいですよね。iPhone7に装着するのが簡単です。外すのも比較的カンタンなので、良いと思います。ただ、長期に使っていると黄ばんだりするので、買い替えが前提かなと思います。

というのはありますが、比較的安価ですし、TPUケースもiPhone7のケースとしてありだと思います。人気のタイプのケースの一つですね。

Simpeak iPhone 7 Plus 用 TPUクリア透明ケース保護カバー

Simpeak iPhone 7 用 TPUクリア透明ケース保護カバー

Simpeak iPhone 7 用 TPUクリア透明ケース保護カバー

  • 出版社/メーカー: Simpeak
  • メディア: エレクトロニクス

かなり安いiPhone7用のTPUのクリアケースです。安いですが、評価が意外と高いですね。

紫外線防止TPU材質ということなので、ここもポイント高いかもしれません。安いのが良いのであれば、こちらのケースはまずは良いと思います。

【Spigen】 iPhone 7 ケース, リキッド・クリスタル 

こちらは、Spigenのケースですね。Spigenは、iPhoneのケースとして、これまでも評価が高いケースです。そして、iPhone7用のケースでも、人気です。

薄くて丈夫で柔軟性が高いプレミアムTPU素材のクリアケースということです。Spigenの品質は定評があります。若干高いかもしれませんが、安心感がありますね。安心感のあるTPUケースを使いたい方は、こちらが良いでしょうね。

AVIDET iPhone 7 / iPhone 7 Plus ケース 衝撃吸収バンパー アンチスクラッチ ソフト TPU ケース 

わたしが、今使っているiPhone 7 PlusのTPUケースはこれですね。バンパーとありますが、いわゆるバンパータイプというわけではないです。TPUケースです。

この価格で、この品質なら良いと思います。ボタンの位置なども合っていました。 意外とおすすめです。Amazonでは、売れている人気のケースのようですね。

iPhone7 Plusのケースを購入、届きました

このまましばらく使っていくか、また別のケースを購入するか、検討しています。  

追記:現在は、Highend berryのケースを使っています。

Simplism iPhone7ケース [Aegis] フルカバーTPUケース クリア TR-AGIP164-CL

iPhone7のジェットブラックに合うケースということで、こちらのAegisを使い始めました。

カーバー率が98.8%ということで、iPhoneにフィットしています。ジェットブラックは傷がつくということが言われています。傷を気にする人には良いと思います。こちらも、iPhone7のジェットブラックには人気のケースですね。

ここまでしっかりカバーしてくれるiPhone7のケースはなかなかないでしょうから。

iPhone7ジェットブラック用のケースを購入・Simplism iPhone7ケース [Aegis] フルカバーTPUケース クリア TR-AGIP164-CL

ポリカーボネートのiPhone7のケース

ポリカーボネートのiPhone7のケースもあります。透明感があるケースが良い人は、こういうケースもありでしょう。ただ、取り外しなどが大変だったりしますね。硬めのケースなので安心感はあります。昔は、人気だったと思いますが、最近は、ハイブリッドのほうが、人気かもしれませんね。

パワーサポート iPhone 7用 エアージャケットセット(クリア) PBY-71

パワーサポート iPhone 7用 エアージャケットセット(クリア) PBY-71

パワーサポート iPhone 7用 エアージャケットセット(クリア) PBY-71

  • 出版社/メーカー: パワーサポート
  • メディア: エレクトロニクス

ポリカーボネートのiPhoneのケースとしては、パワーサポートが定評がありますよね。人気もあると思います。

そういう意味では、iPhone7でも、こちらが良いと思います。フィルムとのセットになっています。 

ケースをあまり外して交換するということはない人であれば、このパワーサポートのポリカーボネートもありですね。

cheero Danboard Case for iPhone 7 (ライトブラウン) CHE-801-BR 

cheero Danboard Case for iPhone 7 (ライトブラウン) CHE-801-BR

cheero Danboard Case for iPhone 7 (ライトブラウン) CHE-801-BR

  • 出版社/メーカー: cheero
  • メディア: エレクトロニクス

ダンボーのiPhone7用のケースです。こちらもポリカーボネート製ということです。

ダンボーが好きな方には、これは欲しくなるケースではないでしょうか。 

バッテリーなどと合わせると、一層いい感じですね。 ダンボーは人気がありますよね。

こういうコーディネートというのか、ケースやiPhoneの周辺機器と同じもので統一するというのもありだなと思います。 

TPUとポリカーボネートのハイブリッドケース

最近は、側面がTPUで、背面がポリカーボネートのハイブリッドケースというのもありますね。こちらのケースのほうがTPUのみよりは、安心感はあるかもしれません。

そして、ケースをiPhone7に装着する際や外す際にも、簡単です。TPUとポリカーボネートの良いとこどりですね。そういう意味で、オススメですし、私も使っています。最近の人気というか、流行りなのでしょうね。いいとこ取りですから。

SUPTMAX iPhone 7 対応 iPhone 7 ケース アイフォン 7 ケース 軽量 耐衝撃カバー 高耐久性 手触り良い iPhone 7 ハイブリッド ケース

こういう感じのケースですね。背面がクリアで、 側面がTPU素材のケースです。

これだと、ポリカーボネートだけのものよりも、iPhoneを装着しやすかったりします。iPhone6でこういうタイプを使っていたことがありました。これも良さそうだなと思います。

【Spigen】 iPhone 7 ケース, ウルトラ・ハイブリッド [ 米軍MIL規格取得 落下 衝撃 吸収 ] アイフォン 7 用 カバー (iPhone7, クリスタル・クリア)

こちらは、Spigenのハイブリッドケースですね。

TPU素材のバンパーに、ポリカーボネート素材のクリアな背面を、組み合わせたハイブリッドケースということで、まさにハイブリッドのiPhone7用のケースですね。

ウルトラ・ハイブリッドは、Military Grade【米軍軍事規格】を取得していて、MIL-STD 810G-516.6規格に則り、米軍軍事規格をクリアしたと証明されれているそうです。いまいちよくわかりませんが、耐久性があるということなので、なんか安心感がありますよね。 こちらも人気のようですね。

【Spigen】 iPhone7 ケース, ラギッド・アーマー [ 米軍MIL規格取得 落下 衝撃 吸収 ] アイフォン 7 用 耐衝撃カバー (iPhone7, ブラック)

こちらもSpigenのケースです。ケース内部四隅のエアクッションと内部にスパイダーウェブが落下時の衝撃を吸収ということで、TPUとの組み合わせです。

見た感じごついですよね。こちらもMilitary Grade【米軍軍事規格】ですね。

しかし、それが安心感があるのでしょう。Amazonで1位になっていたりするiPhone7のケースですね。人気です。

どうせケースをつけるなら、これぐらいの耐衝撃は欲しいという人が多いのかもしれません。ごつくても安心なのが良い方は、こちらがいいですね。

Highend berry iPhone7 ケース 耐衝撃 ハイブリッド ケース 

こちらも同じく、TPUとポリカーボネートのハイブリッドです。ハイブリッドケースとしては、価格が、比較的安いですね。お手軽に、ハイブリッドケースを使いたい方に良さそうです。  

Highend berry iPhone7 Plus ケース 耐衝撃 ハイブリッド ケース アイフォン7 プラス カバーを購入

わたしは、こちらのケースを購入しました。iPhone7 Plusで使っています。ストラップ穴もあって、いい感じです。質感も良いですね。しばらく、このHighend berryのケースを使っていこうかと思っています。しばらく使ってみて、いい感じです。価格も安めで、これなら満足感も高いですね。おすすめです。こちらも人気です。

こんなハイブリッドのケースもありますね。

iPhone 7 Plus ケース Poetic [Affinityシリーズ] クリアフロスト / 透明 [衝撃吸収] [プレミアムスリム] デュアルマテリアル バンパー 保護ケース

バンパーとのハイブリッドケース

アルミのバンパーとTPUのハイブリッドケースもあるんですね。これは、結構格好いい感じですね。iPhone7のケースとして、アルミが良い方に、ありだと思います。こうういのも、人気というか、好きな人は好きですよね。

【Spigen】 iPhone 7 Plus ケース, ネオ・ハイブリッド

iPhone7 ケース ネオ・ハイブリッドはTPUソフトケースとハードフレームの二重構造で保護力に優れ、現代的直線美と耐衝撃性を兼ね備えたケースです。 

ということで、ハードフレームとクリアとの組み合わせで、こちらは、側面がバンパーになっているタイプのiPhone7ケースですね。

こういうのもありますね。若干お高いですが、安心感があると思うので、こちらが個人的には気になっています。 やはり、iPhoneのケースには、安心感が欲しいところはありますよね。こちらのSpigenのケースは、人気が高いですね。

レイ・アウト iPhone7 ケース アルミバンパー+背面パネル(クリア) 

レイ・アウト iPhone7 ケース アルミバンパー+背面パネル(クリア)/ブラック RT-P12AB/B

レイ・アウト iPhone7 ケース アルミバンパー+背面パネル(クリア)/ブラック RT-P12AB/B

  • 出版社/メーカー: レイ・アウト
  • 発売日: 2016/09/08
  • メディア: エレクトロニクス

レイ・アウトもアルミバンパーとのハイブリッドケースを発売しています。こちらもなかなか良さそうです。

アルミのバンパーにクリアな背面ケース、iPhone7で、この組み合わせは良さそうです。こちらは、背面パネルを取り外してアルミバンパーのみで使用することも可能とのことです。

なかなか良さそうなケースですよね。

手帳型のiPhone7のケース

さらに、手帳型のiPhoneケースもありますよね。わたしもiPhone6で、一時期使っていました。今回、iPhone7 Plusでも使ってみようか迷っています。重くならないのであれば、使ってみたいところなのですが、手帳型のケースは、結構重くなりますよね。iPhone7ならそこまで重くならないので良いと思いますが、iPhone7 Plusだと結構の重さになりそうですよね。

それでも、手帳型のケースも、一定の人気があります。わたしも使ってみたいような気もします。ということで、いくつかピックアップしてみます。

レイ・アウト iPhone7 ケース 手帳型 ケース マグネット/ブラック RT-P12SLC3/JB 

レイ・アウト iPhone7 ケース 手帳型 ケース マグネット/ブラック  RT-P12SLC3/JB

レイ・アウト iPhone7 ケース 手帳型 ケース マグネット/ブラック RT-P12SLC3/JB

  • 出版社/メーカー: レイ・アウト
  • 発売日: 2016/09/08
  • メディア: エレクトロニクス

レイ・アウトのシンプルな手帳型のケースです。ブラック系のiPhone7に合いそうですね。まあ、黒に黒を合わせると、暗くなってしまいますが。

こういうシンプルな手帳型のケースもありだと思います。

【Spigen】 iPhone 7 ケース, ウォレットS [ レザー 手帳型 スタンド機能 ]  

Spigenも手帳型のiPhone 7のケースを出しています。

ウォレットSは、カードを収納できるスペースがあって、ICカードやクレジットカードなどを収納することができるということです。また、横画面でスタンド機能があります。こういうところも手帳型のケースの良いところですね。

PLATA iPhone7 4.7インチ 用 キルティング レザー ケース

キルティングの手帳ということです。価格が安いです。カラーも豊富ですね。キルティングのレザーケースということで、持ちやすそうですね。

あまり高くない手帳型のiPhone7のケースが欲しい方に良さそうです。

こちらも、スタンドとして使用できるということです。

オススメの手帳型というのは、これといって、まだない状況かもしれません。良いのを見つけたいところです。

「ブランドもの」のiPhone7のケース

ブランドもののiPhoneのケースもありますね。いわゆる高級ブランドも、iPhoneのケースを発売しています。好きなブランドのiPhone7のケースを使ってみるというのも良いですよね。ブランド自体の人気というのがあるのでしょうね。

Louis Vuitton iPhone7ケース

jp.louisvuitton.com

ルイヴィトンのiPhone7のケースもあります。ルイヴィトンは、ブランドとして人気ですよね。ルイヴィトンが好きな方には良さそうです。とはいえ、さすがルイヴィトン、やはり価格は高いですけれど。

こういう高級ブランド、有名ブランドもケースを作っているのは、iPhoneならではだなと思います。

三宅一生のiPhone7のケース

www.visionseichou.com

イッセイミヤケのiPhoneのケースもありますね。シンプルなデザインでありながら、ちょっと個性的。

そんなiPhone7 Plusのケースですね。人とはちょっと違ったiPhone7のケースを使いたいという方に良いでしょう。

ZERO HALLIBURTONのケース

ZERO HALLIBURTONのiPhone7ケースも登場しました。

ZERO HALLIBURTON PC for iPhone7

ZERO HALLIBURTON

ポリカーボネートのゼロハリバートンのケースですね。こういうデザインが好きな方には、こちらも良いと思います。ハードタイプな感じのケースですね。ゼロハリは、カバンで人気ですよね。カバンと合わせると、良さそうです。

PITAKAのiPhone 7のケース

PITAKAのiPhone7のケースです。アラミド製のケースで、軽くて頑丈ということです。

PITAKA iPhone 7 Plus 対応ケース。アイフォン ・スマホケース 薄/軽量 & シンプル & 高級感

このPITAKAのケースも、そこそこ高いのですが、このケースに付属しているガラスフィルムがいいですね。ケースも良いのですが、セットになっているフィルムが良い感じです。

ケースだけではなく、フィルムも良いものがセットになっているのは良いですね。そういう意味で、おすすめですね。人気というのではないですが、良いと思います。

100円ショップ、100均のiPhone7のケース

こういう高級ブランドや高価なiPhoneケースがある一方で、100円ショップでも、iPhone7のケースが販売していますね。そこまで質が良いということはないですが、100円という安さから考えると、コスパが高いでしょう。

意外と、人気というか使っている人は多いと思います。

100円ショップ、100均のCan Do(キャンドゥ)で、iPhone7 Plusのケースを購入。レビュー

そういう意味では、100円ショップのiPhone7のケースもありかもしれません。まあ、自分が気に入ったケースを見つけるまでの「つなぎのケース」的に使うというのが良いかもしれませんし、iPhoneを保護する安心感というのは、あまりないのですが。

iPhone7のケースで悩む

iPhone 7のケース、どれにするか悩むというか迷いますよね。わたしは、とりあえずのつなぎとして、TPUケースを使っているので、もうしばらく迷ってみようかなと思います。

できれば、iPhoneは、ケースなどを何もつけないで使いたいというのはありますが、ケースは落としたときに守ってくれることもあります。傷もつきにくくなりますしね。

そういう意味では、iPhone 7にケースをどうせつけるなら、自分の納得いくものを使いたいですよね。 

ということで、iPhone7 Plusのケースをもう少し迷ってみようかなと思っています。人気のケースを選ぶというのもありでしょうし、あまりメジャーじゃないものを使うのもありだろうとは思っています。

ケースをつけないのもあり?

といろいろなケースがあるのですが、最近は、iPhoneにケースをつけないのもありかなと思っていたりします。

iPhone7にケースやガラスフィルムをつけるか、つけないか?メリットとデメリットなど

まあ、落とすと壊れるのが怖いので、つけていますが。

iPhone7ジェットブラック用のケースを購入しました。 Simplism iPhone7ケース [Aegis] フルカバーTPUケース クリア TR-AGIP164-CLです。 Simplism iPhone7ケース [Aegis] フルカバーTPUケース クリア TR-AGIP164-CL 出版社/メーカー: Si…

今は、Highend BerryのiPhone 7 Plusのケースを使っています

今は、Highend BerryのiPhone 7 Plusのケースを使っています。

iPhone7 Plusはストラップをつけて持つと安心感が増す

ストラップをつけられるので、安心ですね。iPhone7が発売されてから、しばらくして、iPhone7用のケースも増えてきていますね。iPhoneのケースはいろいろありますが、安心感があるというのは大きいと思います。ということで、個人的には、今のところHighend BerryのiPhone7ケースがおすすめです。

iPhone7、iPhone 7 Plusの液晶保護フィルム、強化ガラスフィルム、まとめとおすすめ
Anker GlassGuard iPhone 7 Plus 5.5インチ用 強化ガラス 液晶保護フィルムを購入。なかなかいい感じ

iPhone7 Plus、シルバーが届きました。開封写真。ちょっとした感想

iPhone7・iTunesの「おすすめiPhone 7 Appとゲーム」より10個

Macで知っていると効率的なショートカットキー12個・Mac初心者向け

Mac

MacをWindowsユーザーが購入して戸惑うことの一つは、ショートカットキーではないでしょうか。

MacとWindowsでは、微妙にキーボードやショートカットキーが異なります。このため、慣れないうちは、効率が落ちるなどしてしまうところもあります。

 

Macのショートカットキーの一覧は、Appleのサイトに紹介されていますが、ちょっと多いので一気に覚えるのは難しいかと思います。絞って覚えていくと良いですね。

OS X:キーボードショートカット - Apple サポート

というわけで、Mac初心者が知っていると効率的になるMacのショートカットキーを12個紹介します。

また、アプリの代表的なショートカットキーを知るには、

Macアプリのショートカットキーを表示するアプリ「CheatSheet」

CheatSheetというアプリを使うと良いです。

 

f:id:kobabiz:20150216150436j:plain

 

 

Mac初心者が知っていると効率的なMacショートカットキー12個

アプリのウィンドウの選択 「command + F1」

Finderやブラウザなどで、アプリのウィンドウを複数使っているときに、別のウィンドウを選択したいということがありますよね。

「⌘+F1」で、ウィンドウを選択することができます。「⌘」は、「command」です。

command + F1

Finder1

「command + F1」を押すと、次のウィンドウを選択状態にできます。

Finder2

この写真だとわかりにくいかもしれませんが、1つのアプリで複数のウィンドウを開いているときに、「command + F1」を押すと、ウィンドウを一つ一つ切り替えられるということです。わたしは、結構、使うショートカットキーですね。いちいちマウスやトラックバッドなどで選択しなくても良いので、効率的です。

 

ちなみに、アプリケーションの選択は、次の「command + tab」ですね。

アプリケーションの選択:「command + tab」

Macで複数のアプリケーションを使っているときに、アプリケーションを選択するのは、「command + tab」です。

Windowsでは、「Alt+Tab」ですね。

command + tab

アプリケーションを変えたいときに、便利なショートカットキーです。 これは、よく知られているショートカットキーですよね。これも効率が違ってくると思います。

デスクトップの表示:「F11」

Macのデスクトップを表示したい時がありますよね。Windowsだと「Windowsボタン+D」ですが、Macの場合は、「F11」です。

「F11」をを押すと、デスクトップが表示されます。

デスクトップ

アプリをDockに小さくする:「command + M」

MacのアプリをDockに収納、小さくするのは、「command + M」です。

アプリをDockに収納しておくと、邪魔なときに良いですよね。

command + M

元に戻す・アンドゥ:「command + Z」

テキストを削除してしまったといったときに、元に戻したい。

そんなときなどは、「command + Z」です。Windowsだと、「Ctrl + Z」ですね。 

ちなみに、Safariのタブを閉じてしまったというときも、「command + Z」で戻ります。ついでに書くと、Chromeでタブを閉じてしまったものを戻すだと、「command + shift +t」です。

形式をコピーせずにテキストだけペースト:「shift + option + command + v」

ブラウザなどにテキストをペーストするときに、テキストの形式をペーストしたくないときがありますよね。たとえば、Chromeで、ブラウザの文字をコピーして、ペーストしたい。そんなときに、フォントや太字などをなくして、ペーストしたい。文字だけペーストしたい。

そういうときは、「shift + option + command + v」です。普通のペーストは、「command + v」ですが、これに、shift + optionをつけると、形式を無視して、テキストだけをペーストしてくれます。

ファイルのカットアンドペースト:「command + C」そして「option + command + V」

Windowsで、ファイルのカットアンドペーストは、「Ctrl+X」そして「Ctrl+V」です。

Macだと、「command + C」それから、「option + command +V」です。

command + C

option + command +V

Windowsと少し違って、ペーストするときにOptionをつけるということですね。Macには「カット」という考え方がないというか、ペーストのほうを変えるということですね。これを知っておくと、ファイルの移動を簡単にできるので良いですね。 

メニューバーを操作対象にする:「control + F2」

メニューバー

Macの画面の上にある、メニューバー。

これを操作対象にするには、「control + F2」です。操作対象にしたら、矢印キーで移動させると、メニューの選択ができます。

マウスやトラックパッドで行うというのもありですが、キーボードで操作したいときには、「control + F2」です。 

Spotlightを表示:「control + space」か「command + space」(OSによる)

Spotlightを表示

Spotlightの検索を表示させるには、「control + スペースキー」です。

ファイルやアプリなどの検索にSpotlightを使いたい。

control + スペースキー

そんなときは、「control + スペースキー」です。 

ただ、OS X El Capitanをクリーンインストールしたときや、もともとEl Capitanの場合は、「command + space」です。この場合「control + space」だと、日本語の入力ソースの選択になります。El Capitanのデフォルトのショートカットキーが変わっていますね。

Macの再起動・スリープ・終了:「control + eject ⏏(または電源ボタン)」

Macの再起動・スリープ・終

Macの再起動やスリーブ、終了は、「Control + Eject(または電源ボタン)」です。

ここで、該当のボタンを押すと良いですね。その際に、タブで選択を移動できます。

そして、「スペース」キーで決定です。Windowsだと、Enterで決定ですが、Macは、「スペース」キーですね。

control + eject

このあとに、ウィンドウを選択した状態で、「R」を押すと再起動、「S」を押すとスリープ、「return」を押すとシステム終了です。

Windowsでは、Windowsボタンを押してからですが、Macの場合は、「control + eject」です。

Macの終了:「control + option + command + eject」

上のようなメッセージ選択なしでMacを終了したいときは、「control + option + command + eject」で、いきなりシステム終了ができます。

fcontrol + option + command + eject

ログアウト:「shift + command + Q」

ログアウトは、「shift + comannd + Q」です。これを押すとダイアログが表示されるので、「ログアウト」を選択するか、そのまま放っておくと、1分でログアウトします。

Macは、「command + Q」でアプリが終了します。(Windowsでは、「Alt + F4」ですね。)これに、shiftをつけると、Macのログアウトということですね。

おまけ 入力ソースの選択

もう一つおまけというか、Spotlightのところで書いたことの繰り返しになりますが、キーボードの「入力ソース」に「Google日本語入力」や「ATOK」など、IMEを複数入れていて、選択したいときは、「command + space」で選択できます。

ただ、OSX El capitanから、新規インストールすると、「control + space」に変わりました。「command + space」だとSpotlightが出ます。

結構、使う機能だと思うのですが、変わりましたね。慣れるようにするか、もしくはショートカットキーをカスタマイズして、以前のように戻すというのもありかもしれません。

まとめ

まとめておきます。

  1. アプリのウィンドウの選択:「command + F1」
  2. アプリケーションの選択:「command + tab」
  3. デスクトップの表示:「F11」
  4. アプリをDockに小さくする:「command + M」
  5. 元に戻す・アンドゥ:「command + Z」
  6. 形式をコピーせずにテキストだけペースト:「shift + option + command + v」
  7. ファイルのカットアンドペースト:「command + C」そして「option + command + V」
  8. メニューバーを操作対象にする:「control + F2」
  9. Spotlightを表示:「control + space」か「command + space」(OSによる)
  10. Macの再起動・スリープ・終了:「control + eject ⏏(または電源ボタン)」
  11. Macの終了:「control + option + command + eject」
  12. ログアウト:「shift + command + Q」

こんなショートカットキーを覚えておくと、効率的に、Macの操作ができるようになっていくと思うので、使ってみると良いですね。 ここからさらにアプリ固有のショートカットキーなども覚えていったり、トラックパッドと使っていくと、快適に使えるようになっていくはずです。

MacBook MacBook Pro

Macを比較

関連記事

Mac初心者がMacを使いこなすのに意識すると良い5つのポイント

MacBook Pro Touch Bar 15インチ(late 2016)の良かったところ、イマイチなところ。レビュー

MacBook 12インチ・スペースグレイを購入。開封写真、簡単なレビュー、感想など

iPhoneの便利機能で地味に気に入っているもの17個【2016年】

iPhoneとAndroidスマホの比較、どっちがいい?違いは?2017年

iPhone Android Xperia Galaxy

最近、iPhone7のジェットブラックを購入しました。その際、Androidスマホもいろいろと比較したりして、調べました。

個人的には、結果として、iPhone7を購入することにしましたが、iPhoneAndroid、どんな違いがあるのか比較などを書いてみようと思います。

 

ちなみに、iPhoneとAndroidについて昨年の2016年に書いたものは、以下の記事です。基本的にはその頃と違いはないかなと思いますが、iPhone7で、防水とSuicaなどに対応したところが違ってきていますね。

iPhoneとAndroidの比較・違い iPhoneとAndroid。わたしは、iPhoneとXperiaの2台持ちです。1台にまとめたいところですが、2台を使っています。スマホは、もう数年間、2台持ちの運用です。 iPhoneとAndroidは、微妙に機能の違いがありますね。気にならない人は、今はiPhoneでもA…

ということで、iPhoneとAndroidスマホの比較について、書いてみようと思います。

ちなみに、これが全てという話ではないでしょうし、どっちがいいかは個人的な好みというのもあると思います。そのあたりはありますが、2017年でどんな感じで違うのかを比較して書いておきたいので書いてみます。

ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

f:id:kobabiz:20170130163253j:plain

 

iPhoneとAndroidスマホの比較、どっちがいい?違いは?2017年

iPhone

iPhone7とiOS 10の登場

2016年の9月に、iPhone7とiOS 10が登場しました。

2017年現在では、iPhone7シリーズが、最新ですね。iPhone7とiPhone7 Plus。これが、iPhoneの最新です。

そして、OSは、iOS 10になりました。

iPhone7での大きな変化は、防水・防塵の対応と、Suicaなどの電子マネーの対応ですね。これまで、防水ではなかったiPhoneでしたが、防水になりました。

また、Suicaにも対応しています。

そして、イヤホンジャックも廃止されています。

また、iPhone7 Plusでは、カメラが光学2倍ズームに対応しています。これは、便利です。ちょっとしたところを拡大できる感じですね。また、被写界深度エフェクトも、なかなか面白い機能です。

といったように、これまでのiPhoneと比較すると、機能的に変わりました。一方でデザインはこれまでとあまり変わりはなかったですね。カラーにブラックとジェットブラックが加わりましたが。

iPhone7シリーズは、簡単に言ってしまうと、こんな変化がありました。

iPhone 7 と iPhone 7 Plus

iPhone7とiPhone 7 Plus、どちらを買う?違いは?比較。「コンパクトさ」か「カメラ」か

AirPods

また、Appleは、イヤホンジャックを廃止したからなのか、Bluetoothのワイヤレスヘッドホンを発売しました。

AirPodsを購入しました。iPhoneやiPad、Mac、Apple Watchで使えるのはもちろんなのですが、Androidスマホなどでも、Bluetoothイヤホンとして使用できます。 AirPodsのペアリングの方法などを書いておきたいと思います。 AirPods AirPods ビックカメラ AirPods…

これが、なかなかいいですね。というのは、iPhone、iPad、Macなどのペアリングが簡単だからです。複数のデバイスで、簡単にペアリングができます。

AndroidスマホなどのBluetooth機器とも、ペアリングもできますね。

音楽を、ワイヤレスで聴きたい方には、便利なイヤホンですね。そして、iPhoneなどのアップル製品と相性がとてもいいです。他のBluetoothイヤホンと比較すると、Apple製品とのペアリングが楽というのが、とくにありました。

Apple Watch Series 2

また、iPhoneとペアリングして使用するApple WatchもSeries2が発売されました。

Apple Watch Series 2が届いたので、開封して、使ってみました。38mmのスペースグレイアルミニウムケースのブラックスポーツバンドです。 ということで、開封写真とちょっとした感想、レビューなどを書いておきます。 Apple Watch Series 2 Apple Watch Series 2が届きまし…

第一世代のApple Watchと比べると、防水になったことと速くなったこと。そして、Suicaなどの電子マネーに対応しました。大きな変化はこれぐらいです。

しかし、iPhone7 Plusなどの大きなスマホを使う場合は、Apple Watchがあると通知があって便利です。

電子マネーの支払いにも使えるので、便利ですね。 

iPhone周りの2016年

ここまでを簡単にまとめると、iPhone周りの2016年は、防水対応、電子マネーへの対応、AirPodsの登場といったところでしょうか。(上に書いたように、他にもありますが。)

これまでのiPhoneと比較すると、防水と電子マネーぐらいが大きな変化ですね。

とはいえ、だいぶ便利になりました。これで、AndroidとiPhoneの2台持ちではなくて、iPhoneだけでも、そこまで不便を感じるということはなくなっているところがありますね。

まあ、Edyなどには対応していないので、Edyを使いたいなら、Androidということになるのですが。 2017年は、今後、iPhoneでも、Edyなどが使えるようになるとうれしいところですが、Appleなどからの発表は、この記事を執筆している時点では、まだないですね。

Android

Android7.0の登場

Androidは、というと、Android7.0が登場しましたね。Androidもバージョンが7ですね。Androidの場合は、途中、いろいろな細かいバージョンがありましたから。

Android – Nougat

これまでのAndroidとの違いは、通知が変わったり、マルチウィンドウに対応したりと、OSとして、かなり最新の機能を盛り込んでいるという感じです。

ただ、Android7.0を使える端末、スマホがまだそれほど登場していません。

Androidの場合は、対応している端末があまりないので、最新のOSを気軽に使えるという状況にはなっていないかもしれませんね。 

 

とはいえ、Androidは、スマホの種類が多いです。そういう意味では、Androidは楽しめるかもしれません。いろいろなスマホを使いたいという人向けでしょうね。

以下は、Androidスマホの主な比較という感じです。

Pixelが登場するも、日本ではまだ発売されない

そして、Googleも、GoogleのAndroidスマホ、Pixelが登場したわけですが、日本ではまだ発売されていません。

なぜ日本で発売されないのかわかりませんが、この記事執筆時点では発売されていませんね。 

Googleが、Pixel、Pixel XLという、Google初の純正Androidスマホを発表しました。 Googleが初めて開発したAndroidスマホということです。5インチディスプレイのPixelと5.5インチディスプレイのPixel XLです。 「Google Assistant」をプリインストールしている…

Androidの最新のOSを使うという意味では、Pixelが発売されると、また違うのかもしれませんが、それでも、あまりたくさん売れるというのでもないのかもしれません。というのはあるのですが、日本でも発売して欲しいですよね。

Xperiaは、小幅の変化

Androidスマホで日本で人気のソニーのスマホ、Xperiaは、Xシリーズということで、PerformanceとXZが登場しました。

しかし、これまでのXperia Z5などと比較して、そこまで大きな変化はなくて、カメラ周りが改善された感じです。Androidスマホにソニーがあまり力を入れていないということなのか、ハイスペックなAndroidという感じではなくなっていますね。

「Xperia XZ」「Xperia X Compact」をSony Mobileが発表しました。 ドコモも、SO-01Jとして発売しますね。 ドコモ「Xperia XZ SO-01J」を発表。発売日は?価格は? www.sonymobile.com www.sonymobile.com [:contents] 「Xp…

2017年のXperiaには、ハイスペックなものを期待したいところですが、そういう需要もそこまでないのかもしれません。そうなると、そこそこいい感じのXperiaが登場するということに止まるかもしれません。それでも、日本では、iPhoneに次いで人気のAndroidスマホようです。2017年、Xperiaはどうなるのかも気になるところです。手袋をつけていても操作できるなど、個人的には、結構好きな機種なので。

Galaxyは、Note7が回収される

Androidスマホとして、Galaxyは、Galaxy S7 edgeが、世界で結構人気だったようです。日本でもそこそこ人気になっていたのかもしれません。 

しかし、Galaxy Note7が、回収になってしまい、残念でしたね。スタイラスペンで操作するAndroidスマホということで、他にはなかなかないタイプの「ファブレット」なので。

iPhone7 Plusの競合が、Galaxy Note7だったわけですが、これが回収ということで、iPhoneが売れた面もあったようです。

Galaxy S8シリーズは、安全性を高めたもので、ハイスペックなものを投入してくるという話があります。こちらは、2017年の巻き返しが期待されます。

Zenfone3は、日本版は価格が高め

2016年はAndroidの格安スマホがいろいろと登場していました。これらは比較するときりがないくらい登場している印象があります。Androidiの格安スマホはたくさん登場しましたが、違いはそこまで大きくはなく微差の感じだったりします。

そんな中でも、格安スマホとしては、Zenfone3などが話題でした。しかし、Zenfone3の日本版は、価格が高めでしたね。それでも良さそうなスマホだと思いましたが、おサイフケータイには対応していないので、わたしの選択肢からは外れました。

電子マネーが使えなくても良いなら、Zenfone3も、アンドロイド端末として悪い選択肢ではないと思います。

www.visionseichou.com

また、ファーウェイなどの中華スマホも、Androidスマホとして海外でも躍進していますし、日本での販売台数も多くなってきているようです。ただ、セキュリティーはどうなのかという不安もなくもないです。

まあ、スマホは、どれも、セキュリティー的には安全とは言い難いのかもしれませんが比較的安全、安心なものを使いたいというのは真理としてありますよね。

おサイフケータイは、「格安スマホ」だと選択肢が少ない

それと、おサイフケータイをAndroidで使うとしたら、いわゆる「格安スマホ」だと選択肢が少ないですね。

Arrows M03ぐらいになってくるでしょうか。 

このあたり、おサイフケータイや防水に対応した「格安スマホ」が、2017年はもっと登場してくると、選択肢が増えていいですね。もっと比較できるくらい、Androidの格安スマホでおサイフケータイ対応の端末が登場すると良いと思います。

こういう「格安スマホ」で防水・おサイフケータイの選択肢が増えてくると、「格安SIM」のユーザーが増えていきそうですよね。

今だと、mineoがキャンペーンをやっていて、お得です。

mineo

mineoが2017年1月20日(金)から、新生活応援!800円×3カ月割引キャンペーンを実施しています。 新しいキャンペーンですね。2017年5月9日(火)までのキャンペーンです。 mineo(マイネオ)の回線が、50万回線を突破したことを記念して、新生活応援のキャンペーンを実施しています。 mineoのレビューは以…

白ロムだと、保証が不安で、結局高い

また、白ロムという選択肢もありますが、保証が気になりますし、結局、最新のスマホだとそこまで安くはありませんね。高いのは、iPhoneもですが。

そうなってくると、単体で考えると、iPhoneでも、Androidでも、どちらでもあまり変わらない感じですね。 機能的な比較では、あまり違いや差がないということになってきています。

iPadやMacも使うなら、同じAppleが作っているということで、iPhoneが良いということになるところはあるでしょう。

SIMロックの解除期間が、短縮されるようです。そうなると、良さそうとも思いますが、端末だけを携帯電話会社も売ってくれるようになったら、ユーザーとしてうれしいですが、そういうわけにもいかないのでしょうね。

通信で儲けているのでしょうから、アンドロイドにしてもiPhoneにしても端末だけだと、儲けがかなり減ってしまうのでしょうから。

総務省が「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」を策定し、SIMロック解除の期間を、現在の180日から短縮されるようです。 一括は「支払い確認後」、割賦は「約100日以下」に短縮されるとのこと。 SIMロックの解除期間が、一括は「支払い確認後」、割賦は「約100日以下」に短縮 一括払いは、支払い確認後すぐに、割…

iPhoneには、5インチぐらいのものが欲しい

といったようなことから、わたしは、iPhone7のジェットブラックを購入したのですが、軽いのは良いですが、もう少し画面が大きいほうが個人的には良いかなと思います。

5インチぐらいで、カメラに光学2倍以上のズームがついたiPhoneが欲しいですね。次期iPhoneは、iPhone 7sになるのか、iPhone8になるのかわかりませんが、こんなことを期待したいところです。 

結構前から思っていることなのですが、5インチぐらいのディスプレイサイズのiPhoneが欲しいなと思っています。 5.5インチのiPhone 7 Plusを使っているのですが、大きいんですよね。4.7インチだと、わたしには、少し小さいですし。 なので、5〜5.2インチのディスプレイサイズのiPhoneがあると良いなと。 …

 

AndroidとiPhoneの細かい違い

そして、これから、Androidの最新機種もまた登場してくると思われます。 

例年通りであれば、5月以降になると、ドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯電話会社も、新しいAndroidスマホを投入してくるでしょう。そうなると、また違ってくると思いますが、現段階だと、iPhoneもAndroidスマホも、そこまで変わらないというか、大きく違うということもないでしょう。しかし、iPhoneとAndroidを比較すると、細かいところが違いますし、Androidスマホでも細かいところで違っています。そのあたりが気になる人は調べたほうがいいですね。 

上でも少し書きましたが、大きく違うところでは、iPhoneとアンドロイドスマホでは、電子マネー、おサイフケータイで使えるものが違っていたりします。

iPhone:Suica、QUICPay、iD
Android:Suica、QUICPay、iD、楽天Edy、WAON、nanacoなど

Androidのほうが、対応しているものが多いです。EdyやWAON、nanacoなどを使いたいなら、Andoridが良いですよね。

こういった違いなどもありますが、2016年からiPhoneが防水、Suicaを使えるようになって、そこまでの違いはなくなってきています。

こうなってくると、iPhoneとAndroidのどちらを選ぶかは、好みの問題と言えるところまで来ている感じですね。 デザインが好きだから、iPhone。好きなデザイン、機能があるからアンドロイド。スマホは、ますますそういう選び方になるのかもしれませんね。

iPhone7のジェットブラックを購入。開封写真、感想・レビュー。なぜ購入したのか

ZNT スマホリング ホールドリング【萌えニャンコ】第2弾 ZNT-D101。iPhone7 plusに使ってみた。スマホを持つ安心感が増す

iPhone Android

ZNTさんから、ZNT スマホリング ホールドリング【萌えニャンコ】第2弾 ZNT-D101を提供いただきました。

スマホリングがちょっと試してみたかったところもあって、ちょうど良かったです。

ということで、簡単にご紹介します。

 

ZNT スマホリング ホールドリング【萌えニャンコ】第2弾 ZNT-D101。iPhone7 plusに使用。スマホを持つ時の安心感が増す

外箱・パッケージ

f:id:kobabiz:20170214113650j:plain

 

こんな感じの外箱です。外箱自体はシンプルです。商品のニャンコのホールドリングが見えるので、どういうものかわかって良いと思います。

また、交換用両面テープ2個も同梱されているので、何度かつけ直すのにも良いですね。 

箱の裏面

f:id:kobabiz:20170214113757j:plain

箱の裏面です。リングの取り付け方と取り外し方が書かれてます。

取り付けは簡単ですね。取り外しは、結構コツというか、力やずらす感じが必要かもしれません。

まあ、簡単に取れてもらったら困るので良いのですが。

ZNT スマホリング ホールドリング【萌えニャンコ】

 

f:id:kobabiz:20170214113920j:plain

 

リングですね。こういうスマホリング、バンカーリングは、シンプル系が多いですが、こちらは可愛系というか、萌え系ということで、猫がモチーフになっています。

女性などは、こういうのは好きなのではないかなと思います。

 

リングを立てる

f:id:kobabiz:20170214114119j:plain

リングを立てるとこんな感じですね。こういう感じで使うことが多いでしょう。

 

iPhone7 Plus(のケース)につけてみた

f:id:kobabiz:20170214114243j:plain

iPhone 7 Plus(のケース)につけてみました。見た目が、なかなかいい感じなのではないでしょうか。シルバーに合いますね。

リングのおかげで、持ち心地というのか、iPhoneが持ちやすくなります。

リングの角度などは回すことで、変えられます。

持ちやすくなって、安心感が増しますね。わたしは、ストラップを使っていますが、さらに安心感が増すと思います。

iPhone7のケースをどうする?iPhone7、iPhone 7 Plusのケースまとめとおすすめ

リングで安心感が増す

リングを使うのは、初めてだったのですが、使ってみて確かに落としにくくなりそうというか、安心感があります。操作している時などでも、「ホールド感」というのかこれなら落ちないだろうという感じが増していると思いました。

今回は、iPhone7 Plusにつけましたが、アンドロイドスマホでももちろん使えますし、大きめのアンドロイドスマホなら、安心感がますでしょう。

 

そういう意味では、リングをつけると、大きめのスマホやiPhone7 Plusなどは、良いですね。落としたくないという人には良いです。

 

横画面で立てられる

あとは、スタンドがなくても、横画面で立てることができますね。

リングをスタンドがわりにできるというか、iPhoneを横画面にして立てかけられるようにできます。

こういうのが、お手軽にできるようになるのはいいですね。

 

しかし、重くなる 

しかしです。

リングをつけることの、デメリットが、重くなるということです。

 

わたしは、iPhone7 Plusを持っているにもかかわらず、iPhone7を購入したのですが、重くて大きいからというのがありました。

iPhone7のジェットブラックを購入しました。iPhone7 Plusのシルバーを使っているのですが、カバーやガラスフィルムをつけると大きくて重いので、iPhone7のジェットブラックを購入しました。 まあ、今さらというかiPhone7発売のときには、迷わずiPhone 7 Plusを購入したので..

それなのに、リングをつけたら、なおのこと重くなります。これなら、ストラップで良いかなと思いました。

そして、iPhone7では、小さくて軽いので、リングなどはいらないかなと。

ちなみにiPhone7のケースは、こちらを使っています。 フィット感がいいですね。

iPhone7ジェットブラック用のケースを購入・Simplism iPhone7ケース [Aegis] フルカバーTPUケース クリア TR-AGIP164-CL 

iPhone7 Plusはこちらのケースですね。ストラップをつけられて安くていいです。

Highend berry iPhone7 Plus ケース 耐衝撃 ハイブリッド ケース アイフォン7 プラス カバーを購入

 

ZNT スマホリング ホールドリング【萌えニャンコ】第2弾 ZNT-D101、可愛くていい

というのはありますが、このZNT スマホリング ホールドリング【萌えニャンコ】は、可愛くて、いいスマホリングだと思います。いいハンガーリングですね。

可愛いスマホリング、ハンバーリングが欲しい方には良いと思います。 

デザインも作りもしっかりしていて、安いですし。交換用両面テープ2個入っているので、コスパが高いですね。

ということで、スマホリングが欲しい方はどうぞ。 

MacBook 12インチ(Early 2016)・スペースグレイを購入。開封写真、簡単なレビュー、感想など

Mac

少し前に、MacBook 12インチ(Early 2016)のスペースグレイを購入しました。

ということで、MacBook 12インチの開封写真と簡単なレビュー、感想などを書きたいと思います。

なんで買ったのか?というと、MacBook Airの買い替えですね。MacBook Airをもう4年ほど使っているので、買い換えました。

MacBook

MacBook Airを比較。13インチと11インチどちらが良い?

MacBook Airのわたしが好きなところ6つ

MacBook Pro(late 2016)のTouchBarの15インチモデルを使っていますが、さすがに、外に持ち出すには重いので、どうするか迷っていたのですが、MacBook Airを買い換えて、MacBookの12インチにしました。MacBook Proの13インチとも迷ったのですが、軽さをとって、MacBook 12インチです。やっぱり軽くていいですね!

MacBook Pro

MacBook Pro Touch Bar 15インチ(late 2016)を購入しました。 MacBook Pro MacBook Pro Touch Bar 15インチモデル(late 2016)MLH32J/A・スペースグレイを購入。届きました。開封。レビュー・感想 数日使っていますが、良いと..

MacBook 12インチ・スペースグレイを購入。開封写真、簡単なレビュー、感想など

MacBook 12インチ(Early 2016)の外箱

MacBook 12インチの外箱

MacBook 12インチ(Early 2016)の外箱です。

MacBookの薄さがわかるような感じのシンプルな外箱ですね。 Appleらしい、白い箱です。

開封。色はスペースグレイに

開封

箱を開けると、MacBook 12インチが登場します。

Appleのロゴマークが見えますね。カラーはスペースグレイにしました。ゴールドやローズピンクもあるのですが、パソコンは、あまり派手なものより、オーソドックスな色のほうが、良いかなと思い、スペースグレイにしました。 

個人的には、落ち着いた感じの色で気に入っています。

そのうち、MacBookにもジェットブラックが登場したりするのでしょうか。 指紋がつきまくりそうですが。

説明書やUSB-Cケーブル

説明書やUSB-Cケーブル

MacBookを取り出すと、説明書やUSB-Cケーブルが見えますね。

MacBookは、USB-Cですね。ポートが一つしかありません。

アダプター

アダプター

説明書を取り出すと、アダプタです。小さいです。MacBook Proの15インチのアダプタと比べると、重さや大きさが半分ぐらいに感じますね。

やはり小さいのはいいですね。

MacBook(Early 2016)

MacBook2

MacBookの色などは、こんな感じですね。

落ち着いた色で良いと思います。逆に、目立ちたいなら、ゴールドとかローズゴールドもあるので、選択できますね。

MacBook 12インチのUSB-Cのポート

USB-Cのポート

MacBookには、右側にUSB-Cのポートが一つだけです。潔いというか、これだけなので、拡張性には乏しいですね。アダプタなどを購入する必要がありますね。

まあ、それでも、アダプタさえあれば、そこまで、不便は感じないですね。もちろん、もっとポートがあったほうが便利ですが。そういうことも考えると、MacBook Proが良いというのはあるかもしれません。 

MacBook

MacBook 12インチの簡単なレビュー、感想など

軽い 

まず、何はなくとも軽いですね。MacBookの12インチの重さは、 0.92キログラムということですから、Macの最軽量です。

MacBook Airの11インチよりも軽いです。もっと軽くてもうれしいところですが、まあ、MacBook ProのTouchBarの15インチが1.83キログラムなので、約半分ですね。 こうなってくると、重さの体感などが全然違います。

片手で持っても、そこまで重さを気にしないで持てるというのもありますね。さすがに、これで長時間作業をするというのは無理でしょうけれど。

画面の大きさは、もう少し大きくても良いかな

12インチということで、11インチよりも当然大きくて、縦に長いのが良いですね。Retinaディスプレイです。

ただ、もう少し大きくても良いとも思います。13インチぐらいがサイズ的には良いのだろうと思います。

しかし、13インチのMacBook Proだと、1.37キログムと重くなってしまいます。

 

外で使いたいので、ちょっとそれだと、あまり機動性には欠けるかなと思って、12インチにしました。

速度は、速くはないが十分

MacBook12インチの体感の速度ですが、速くはないですが、ブログを書くとか、メールやウェブを見るくらいなら、十分だと思いました。

この前の世代では、ちょっともたつきがあったと思うのですが、そういう場面はあまりないですね。

 

もちろん、負荷がかかるような作業は、MacBookでは辛いでしょうけれど、事務作業程度なら、速度的には十分かなと思います。

よほどスピードを求めないなら、ストレスがあるということは、あまりないでしょう。

MacBookのキーボードは、慣れるまでイマイチ

IMG_1963

MacBookのキーボードは、新しいバタフライ構造となっていて、キーストロークが浅いです。これは、慣れるまで、イマイチかなと思います。

MacBook Proの第二世代のキーボードは、改良されていて悪くないと思うのですが、MacBookのキーボードは、第一世代なので、もう少しですかね。

ただ、慣れれば、これも大丈夫になると思いますが、慣れるまでの時間が人によってはかかるかもしれませんね。

iPadを、MacBookの代わりにするには難しい

iPad Proの9.7インチも使っているので、Magic Keyboardなどで外出先でも使えないか試行錯誤してみましたが、やはりノートパソコンのほうがいいですね。

それなりの長文を書くとしたら、やはり日本語の変換などを考えると、Macのほうが良いです。ちょっとしたメールの返信ぐらいなら、良いというか、そういうのなら、iPhoneでも十分かもしれません。iPadは、電子書籍を読むとか、ちょっとした調べ物に良いと思います。ブログを書くには、あまり向いていないというか、時間がかかりますね。

ブログを書くとして、今は、スマホやタブレットでも書くことはできますね。パソコンがなくても、ブログを運営しようと思えばできます。 TwitterやFacebookなどのSNSと同じ感覚で、ブログもやろうと思えばできますね。 しかし、最近、感じているのですが、ブログは、やはりパソコンで書くのが速いという..

iPadは、メモとかデジタルノートのような感じで使うのもありかもしれませんが、ノートパソコンの代わりということだと、ちょっと厳しいところがありますね。

iPad Pro 9.7インチとApple Pencilを使うようになって、約1カ月。iPadPro 9.7インチとApple Pencilを使うようになっての感想とレビュー記事を書いておこうと思います。 結論から書いておくと、想像以上に良い、2016年の個人的な買ってよかったものの一つになるかもと..

モバイルノートパソコンとして、MacBookの12インチはいい感じ

モバイルノートパソコンとして、MacBook 12インチ(Early 2016)はいい感じです。

いつもパソコンを持ち歩きたい、という需要には合っていると思います。わたしも外出先で文章を書く必要があるときはこれでやっているというのもありますし、家でも、ちょとしたことなら、こちらで済ませています。 

リビングで、ちょっとだけ使うといったときには、いいですね。

 

MacBook Proの15インチは、モニタにつなげて、メインのパソコンとして使って、MacBookの12インチをサブ的に使っているということですね。15インチがもう少しかるければ、モバイルノートとしても良いと思いますが、アダプタを入れると、2キロぐらいになってしまうので、持ち運びにはイマイチで、こういう運用になっています。

拡張性が低い、キーボードがイマイチというのはありますが、軽くてどこでも使えるMacとしていいと思います。 モバイルノートパソコンとして、MacBookの12インチはいいですね。

MacBook MacBook Pro

MacBook 12インチ ビックカメラ icon

Macで知っていると効率的なショートカットキー12個・Mac初心者向け

iPhone・iTunes「5分で遊べるゲーム」10個まとめ

iPhoneアプリ iPhone

 

Appleが、iTunesで、「5分で遊べるゲーム」をまとめています。

iPhoneでちょっとした時間に遊べるゲームですね。スマホのゲームの良いところは、外出先でもちょっとした時間に遊べて、すぐにやめられるところだと思います。

ということで、まとめておきます。

価格は、記事執筆時点のものです。 

f:id:kobabiz:20170209130448j:plain

iPhone・iTunes「5分で遊べるゲーム」

ねこあつめ 

-ねこあつめ-

開発元:Hit-Point Co., Ltd.
価格:無料

App Store

 

ねこあつめですね。猫が好きな人には楽しめますね。 

のんびり楽しめるゲームだと思います。 

Reigns

Reigns

開発元:Devolver Digital
価格:¥360

App Store

 

 

王様気分が味わえるかもしれないゲームですね。 

試練を乗り越えていくのが、楽しい人には、楽しめるのではないでしょうか。 

クラッシュ・ロワイヤル

テレビCMも流れていましたよね。なので、名前だけは聞いたことがあるという人もいると思います、クラッシュロワイヤル。

有名なiPhoneのゲームですね。

Wonky Ship

宇宙船で、隕石をかわしていくゲームですね。

シューティングゲームとはちょっと違った、逃げる感じのゲームですね。 

Threes!

Threes!

開発元:Sirvo LLC
価格:¥360

App Store

Threes!は同じ数字を合わせて行って、消していくゲームです。 

数字パズルゲームという感じでしょうか。 

頭を少し使うので、そういうゲームが好きな人に良いでしょうね。 

Tap Tap Fish-アビスリウム

アビスリウムは、水族館をタップして作っていくゲームです。

タップして、魚などを育てて、水族館を綺麗にしていく感じのゲームですね。 

Dunkers

Dunkers

開発元:Colin Lane Games AB
価格:無料

App Store

Dunkersは、バスケットボールのダンクシュートを決めるゲームです。

決まると気持ちいいですね。 

Desert Golfing

Desert Golfing

開発元:Blinkbat Games
価格:¥240

App Store

 

ゴルフゲームですが、バンクから出してカップに入れるという、そういうゲームですね。

こういうゲームもあるというのがわかります。 

Disney クロッシーロード

Disney クロッシーロード

開発元:Disney
価格:無料

App Store

 

Disney クロッシーロードは、道を渡るというゲームですね。

ディズニーのキャラクターで、車などにぶつからないように道を渡っていくというゲームです。

IMPOSSIBLE ROAD

IMPOSSIBLE ROAD

開発元:WONDERFUL LASERS
価格:¥240

App Store

 

転がるボールを落とさないで、道を進めていくというゲームですね。

スリリングな感じが楽しめるゲームです。

こういった、5分で楽しめるゲームがあるということです。iPhoneアプリはいろいろありますよね。

こんな「自分のマネジメント」のアプリもあります。こちらもどうぞ。

Appleが、iTunesで、iPhone向けのアプリで、「より良い自分に」というまとめをしています。 「新年は新しいことにチャレンジする、絶好のタイミング」ということで、こういうiPhoneアプリのまとめをしていますね。 ということで、iTunes「より良い自分に」からおすすめなどのアプリ10個を..

アプリを上手に使って、iPhoneなどを活用したいものですね。