ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。


 iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの予約状況。在庫確認。入荷状況まとめ。ドコモ、au、ソフトバンク、Apple公式サイト。家電量販店の予約状況は?
AirPods Proが発売。主なスペック。ノイズキャンセリング。IPX4の耐汗耐水。シリコン製イヤーチップ採用
 新型iPad Pro 11、12.9インチどっちがいい?違い、比較。スペック。使い分けなどと
 MacBook Pro 13インチと15インチ、どっちがいいか?2019年。スペック比較、これまで使ってきて感じていること
 iPhoneXS Max ゴールドを購入。写真。開封の儀。感想・レビュー。ファーストインプレッション
 iPad Pro(2018)の11インチ、Cellularモデルを購入しました。開封写真。レビュー、感想。購入理由など
 Macノートパソコン。おすすめは?どれがいい?2018年。比較まとめ。MacBook、MacBook Pro、MacBook Air
 おすすめの本・ビジネス書を2015年に読んだ良書から15冊


AirPods Proが発売。主なスペック。ノイズキャンセリング。IPX4の耐汗耐水。シリコン製イヤーチップ採用

Appleが、AirPods Proを発売しました。

 

AirPods Pro - Apple(日本)

AirPods Pro(ビックカメラ) icon

 

2019年10月30日発売ということです。

 

購入しました。開封写真と簡単なレビューです

AirPods Pro購入。開封写真。iPhoneとのペアリング。簡単な感想・レビュー

 

 

AirPods Pro


 

AirPods Proが発売。主なスペック。ノイズキャンセリング。IPX4の耐汗耐水。シリコン製イヤーチップ採用

Appleが新しいAirPods、AirPods Proを発売

Appleが新しいAirPods、AirPods Proを発売します。

 

噂通り、発売されましたね。第3世代のAirPodsです。

 

AirPods Proは、アクティブノイズキャンセリング搭載

大きな特徴は、アクティブノイズキャンセリングです。

 

耳の形とイヤーチップの装着状態に常に適応しながら、外側の世界を遮断。聴いている音に集中できるようにする。AirPods Proは、そんなアクティブノイズキャンセリングを持つ、ただ一つのインイヤーヘッドフォンです。

ということで、AirPods Proは、ノイキャンが搭載されいます。

これまでは搭載されていませんでしたが、ようやくAppleのイヤホンにノイズキャンセリングが搭載されます。 

外向きのマイクロフォンが外部の音を検知します。

その音と釣り合うアンチノイズ機能が、外部の音をあなたが聞く前に消し去ります。

さらに、内向きのマイクロフォンが耳の内側の不要な音を聞き取り、それもアンチノイズ機能で取り除きます。

外部の音を検知して、アンチノイズで、ノイズを消すということですね。

アクティブノイズキャンセリングということです。 

外部音取り込みモード

また、AirPods Proは、外部音取り込みモードも搭載しているということです。

周囲の音を聞きたい時は、外部音取り込みモードに切り替えましょう。近くにいる人と会話する時などに、すべてが自然な感覚で聞こえるようになります。アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードの切り替えは、軸部分にある感圧センサーを長押しするだけ。一瞬で完了します。

軸の部分の感圧センサーを長押しすると、外部音取り込みモードに変えられるということです。

会話などを聞こえるようにできるということですね。 

ノイキャンだと、外部の音が聞こえにくくなるので、こういう機能があると便利ではありますね。 

シリコン製イヤーチップ採用

また、 シリコン製イヤーチップを採用しています。

シリコン製イヤーチップ

3つのシリコン製イヤーチップが付属しているということです。

これらで自分の耳に合うものを選んでつけるということですね。

 

これまでのAirPodsとは違って、イヤーチップで耳につけるということです。

つけ心地が気になるところです。

 

ワイヤレス充電ケース

また、ワイヤレス充電ケースで充電ができます。

ワイヤレス充電ケース

ケースが、Qiに対応していて、ワイヤレスで充電が可能です。

このあたりは、第2世代のAirPodsのケースと同じですね。

 

ワイヤレスでない場合は、Lightningケーブルで充電ですね。 Lightning - USB-Cケーブルが付属しているとのこと。

価格は、27,800円(税別)

AirPods Proの価格は、27,800円(税別)となっています。約3万円ですね。

AirPods Proの主なスペック、仕様

オーディオ テクノロジー アクティブノイズキャンセリング
外部音取り込みモード
アダプティブイコライゼーション
均圧のための通気システム
専用の高偏位Appleドライバ
専用のハイダイナミックレンジアンプ
センサー デュアルビームフォーミングマイクロフォン
内向きのマイクロフォン
デュアル光学センサー
動きを感知する加速度センサー
音声を感知する加速度センサー
感圧センサー
チップ H1ベースのSiP(System in Package)
コントロール 1回押して再生、一時停止、電話に応答
2回押して次の曲にスキップ
3回押して前の曲にスキップ
長押しでアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え
「Hey Siri」と話しかけるだけで、曲の再生、電話の発信、経路のチェックなどの操作が可能
耐汗耐水性能 耐汗耐水性能(IPX4)
サイズと重量 高さ:30.9 mm 幅:21.8 mm 厚さ:24.0 mm 重量:5.4 g
ケースのサイズと重量 高さ:45.2 mm 幅:60.6 mm 厚さ:21.7 mm 重量:45.6 g
充電ケース Qi規格の充電器とLightningコネクタに対応
バッテリー AirPods Pro
1回の充電で最大4.5時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間)
1回の充電で最大3.5時間の連続通話時間
AirPods Pro with Wireless Charging Case
24時間以上の再生時間
18時間以上の連続通話時間
充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間、または約1時間の連続通話時間
通信機能 Bluetooth 5.0
同梱物 AirPods Pro
Wireless Charging Case
シリコーン製イヤーチップ(3サイズ)
Lightning - USB-Cケーブル
マニュアル

 

新しくなったAirPods、AirPods Pro。ノイズキャンセリングに対応

AirPods Pro - Apple(日本)

AirPods Pro(ビックカメラ) icon

Appleが新しいAirPods Proを発売しました。

これまで、ノイズキャンセリングには対応していませんでしたが、ようやくノイズキャンセリングに対応しましたね。

 

まだ実際に聞いていないのでどうなのかわかりませんが、どこまでノイズキャンセリングがきいてるのか聞いてみたいですよね。