ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。


 

 Macノートパソコン。おすすめは?どれがいい?2018年。比較まとめ。MacBook、MacBook Pro、MacBook Air
 iPhoneXの予約状況、在庫情報の確認。在庫状況をApple、ソフトバンク、au、ドコモ。ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ電機などから
 iPhone8、iPhone 8 Plusの予約、在庫、入荷状況。ドコモ、au、ソフトバンク、Apple公式サイト。家電量販店の在庫予約状況は?
 iPhone8のケースのおすすめと人気のケースのランキングまとめ
 iPhone8ガラスフィルムのおすすめと人気ランキングまとめ。iPhone8 Plusのガラスフィルムも
 格安SIMの比較・まとめ10とおすすめ(2016年)月額料金、特徴、速度など
 iPhone7とiPhone 7 Plus、どちらを買う?違いは?比較。「コンパクトさ」か「カメラ」か
 iPad Pro 9.7インチのレビュー。Apple Pencilがいい!iPad Air 2とどちらがいい?
 おすすめの本・ビジネス書を2015年に読んだ良書から15冊

Galaxy Note9が発表。スペック、価格、発売日などまとめ。SペンがBluetoothに対応。バッテリーやストレージ容量などを増量

Samsungが、Galaxy Note9を発表しました。

だいたい噂通りでしたね。

ということで、Galaxy Note9のスペック、価格、発売日などをまとめておきます。

 

f:id:kobabiz:20180810095348j:plain

 

Galaxy Note9が発表。スペック、価格、発売日など

Galaxy Note9の価格

販売価格は、128GBが999.99ドル(日本円で約111,000円)で、512GBが1,249.99ドル(日本円で約139,000円) となっています。

 

そこまで高くはないですが、安いスマホとは価格帯は違いますね。

Galaxy Note9の発売日

海外では、2018年8月10日に予約受付開始で、2018年8月24日に発売ということです。

 

8月中に発売されますね。

日本では、例年通りであれば、ドコモとauから秋あたりに発売されるのではないかと思います。

日本語の公式ページもできているので、発売はされるだろうと。 

Galaxy Note9の主なスペック、仕様

  Galaxy Note9 Galaxy Note8
ディスプレイ 6.4インチ Super AMOLED(有機EL) Quad HD+(2960×1440ピクセル) 516ppi 6.3インチ Super AMOLED(有機EL) Quad HD+(2960×1440ピクセル) 521ppi
メインカメラ デュアルカメラ 広角レンズ:12メガピクセル、f/1.5・f/2.4、光学手ブレ補正 望遠レンズ:12メガピクセル、f/2.4、光学手ブレ補正 光学2倍ズーム 10倍デジタルズーム デュアルカメラ 広角レンズ:12メガピクセル、f/1.7、光学手ブレ補正 望遠レンズ:12メガピクセル、f/2.4、光学手ブレ補正 光学2倍ズーム 10倍デジタルズーム
フロントカメラ 8メガピクセル、f/1.7 8メガピクセル、f/1.7
サイズ 161.9 x 76.4 x 8.8mm 163 x 75 x 8.6mm
重さ 201g 190g
Sペン 5.7 x 4.35 x 106.42mm 3.1g IP68 6 x 1088 x 4.2mm 3g
防水・防塵 IP68 IP68
プロセッサ Snapdragon 845 10nmプロセス 2.8GHz x 4+1.7GHz x 4 オクタコア Snapdragon 835 10nmプロセス 2.35GHz x 4+1.9GHz x 4 オクタコア
ストレージ・メモリ 6GB・128GB 8GB・512GB 6GB・64GB
microSD 最大512GB 最大256GB
バッテリー 4,000mAh 3,300mAh
ワイヤレス充電
急速充電 Quick Charge 2.0 Quick Charge 2.0
OS Android 8.1 Oreo Android 8.0 Oreo
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 5.0

 

Galaxy Note9で、大きく違うところは、太文字にしてみました。

 

6.4インチディスプレイで、重さが、少し重くなっていますね。

ストレージとメモリが、増えています。

また、バッテリーも多くなっていますね。

全体として、Galaxy Note9は、Galaxy Note8の改良版という感じのスペックになっています。

 

Galaxy Note9の特徴

Sペンが、Bluetoothに対応

Galaxy Note9のSペンが、Bluetoothに対応しました。リモコンとして利用が可能になっているということです。

これで何ができるかというと、カメラを起動して撮影したり、プレゼンの操作などができるようです。

f:id:kobabiz:20180810114827j:plain

 

 

少し便利になりそうですね。

ちなみに、充電は、Galaxy Note9に収納すると、充電されるとのこと。

Samsung DeXをHDMIケーブル一本で利用可能に

これまではDeX Stationなどの周辺機器が必須だったのが、今回のGalaxy Note9はHDMIケーブル一本で利用可能になります。

 

これは、いいですね。

ディスプレイがあるところなら、HDMIケーブルをGalaxy Note9につければ、大画面で使えます。

 

ストレージが多くなった

Galaxy Note9では、512GBストレージオプションと、512GB microSDによって、スマホの容量が1TBまでになります。

 

まあ、日本では、そこまでのモデルが登場するかはわかりませんが、512GBのmicro SDには対応するのだろうと思うので、容量を多くできますね。

 

Galaxy Note9では、バッテリーも増えている

Galaxy Note9では、バッテリーも増えています。

4,000mAhとこれまでのGalaxyシリーズでは、最大のようです。

バッテリーのもちも良さそうですね。 

Galaxy Note9は、可変絞りデュアルカメラ

背面にデュアルカメラ搭載しており、F/1.5~F/2.4で可変とのことです。

低照度撮影を強化しており、AI対応カメラで最適なシーン撮影が可能になっているとのこと。

 

デュアル光学手ブレ補正です。

 

改善された、Galaxy Note9

デザインは、Galaxy Note8とほとんど同じなので、大きな変化は、そこまで感じないところがあります。

とはいえ、細かいところで改善が見られますね。

 

そして、SペンがBluetoothに対応ということで、これまでとはちょっと違ったことができるようになっています。

ここが良いと思えるのであれば、買いなのかもしれませんね。

 

ペンが付属しているスマホは、Galaxy Note9以外では、見当たらない感じです。(わたしが知らないだけかもしれませんが)

当然、メモなどもこれまで通り利用可能です。 

 

新しさはあまり感じられませんが、完成されたGalaxy Note9ということですね。