ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。


 

 Macノートパソコン。おすすめは?どれがいい?2018年。比較まとめ。MacBook、MacBook Pro、MacBook Air
 iPhoneXの予約状況、在庫情報の確認。在庫状況をApple、ソフトバンク、au、ドコモ。ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ電機などから
 iPhone8、iPhone 8 Plusの予約、在庫、入荷状況。ドコモ、au、ソフトバンク、Apple公式サイト。家電量販店の在庫予約状況は?
 iPhone8のケースのおすすめと人気のケースのランキングまとめ
 iPhone8ガラスフィルムのおすすめと人気ランキングまとめ。iPhone8 Plusのガラスフィルムも
 格安SIMの比較・まとめ10とおすすめ(2016年)月額料金、特徴、速度など
 iPhone7とiPhone 7 Plus、どちらを買う?違いは?比較。「コンパクトさ」か「カメラ」か
 iPad Pro 9.7インチのレビュー。Apple Pencilがいい!iPad Air 2とどちらがいい?
 おすすめの本・ビジネス書を2015年に読んだ良書から15冊

新型iPad Pro(2018)12.9インチ シルバーを購入。届きました。開封写真。簡単なレビュー、感想など。新しいApple PencilやSmart Keyboard Folioも

新型iPad Pro(2018)12.9インチのシルバーを購入しました。

届いたので、開封写真とともに、簡単なレビュー、感想などを書いておきます。

Apple PencilやSmart Keyboard Folioも購入したので、それらも簡単にレビュー、感想などを書いておきます。

iPad Pro

ソフトバンクオンラインショップ 

ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

Apple公式サイト

新型iPad Pro 2018発表。iPad Pro 11インチ、12.9インチのスペック、特徴。価格、発売日などまとめ - ビジョンミッション成長ブログ

 

新型iPad Pro(2018)12.9インチ、シルバーを購入。届きました。開封写真。簡単なレビュー、感想など。新しいApple PencilやSmart Keyboard Folioも

新型iPad Pro(2018)12.9インチの外箱

新型iPad Pro(2018)12.9インチの外箱

まずは、外箱です。

iPad Proの画面が見えますね。壁紙がなんだか抽象画のような感じになっています。このあたりは、いつものiPad Proという感じです。が、ホームボタンが無くなって、かなりベゼルレスになっているというのが、これを見てわかります。

開封すると

開封

iPad Proの外箱を開封すると、iPad Proが入っています。このあたりも、いつもと変わらない感じです。

説明書

そして、iPad Pro本体を箱から取り出すと、「Designed by Apple in California」という説明書などですね。

USB-Cアダプタ、USB-Cケーブル

USB-Cアダプタ、USB-Cケーブル

そして、その説明書などを取り出すと、USB-Cアダプタ、USB-Cケーブルがあります。

今回、新しいiPad Proは、USB-Cになっているので、USB-Cアダプタ、USB-Cケーブルです。

ここが、まずは、新しいところですね。

USB-Cアダプタ

USB-Cアダプタ

IMG_0494

新型のiPad Pro2018のUSB-Cアダプタです。

これまでのアダプタと比べて、横に大きくなっている感じで、ケーブルを挿すところが、USBになっています。

USB-Cケーブル

USB-Cケーブル

USB-Cケーブルです。

当然、USB-Cケーブルになりました。

これまでのLightningケーブルは、使えないですね。

新型iPad Pro(2018)12.9インチ本体

新型iPad Pro(2018)12.9インチ本体

そして、こちらが、新型iPad Pro(2018)12.9インチの本体です。

ホームボタンが無くなって、ベゼルが、狭くなっています。本体も、以前のiPad Proよりも小さくなっています。

 

個人的には、このあたり、うれしいところです。画面サイズは大きいけれど、本体サイズが小さいのは良いですよね。

iPad Pro(2018)12.9インチ背面

iPad Pro背面

こちらは、iPad Proの背面です。

これまでは、丸みを帯びていましたが、角ばっている感じで、スッキリした感じですね。

また、Connectorの位置が、縦の下のほうに移動しています。Smart Keyboard Folioは、ここにコネクタ部分をつける感じですね。

カラーは、シルバーを選びました。背面は、シルバーのほうが指紋なども目立たなくて良さそうですよね。まあ、カバーをつければ、どちらでもありでしょうけれど。

ちなみに、Wi-Fiモデルです。

iPad Pro

ソフトバンクオンラインショップ 

ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

Apple公式サイト

iPad Proの下面

iPad Proの下面

iPad Proの下面です。USB-Cのコネクタになっていますね。

スピーカーもあります。

音もかなり良くなっています。

 

Smart Keyboard Folio

Smart Keyboard Folio

今回は、Smart Keyboard Folioを買いました。

前回は、キーボードはいらないかなというか、重くなるので、やめたのですが、今回は、買ってみました。

iPad Proの背面もカバーしてくれます。

背面もカバー

こちらは外箱の裏面です。こんな感じで使えますね。

2段階で、角度を決められます。

Smart Keyboard Folioを装着

Smart Keyboard Folioを装着

装着すると、こんな感じです。

溝のところにはめると、キーボードとして使えるようになり、また、マグネットで取れにくくなっています。

膝に乗せて、キーを打つのも比較的可能に

このため、膝に乗せてキーを打つということも、しやすくなっていますね。

これまでのタブレットやiPad Proなどの問題は、膝の上でキーを打ちにくいというのがあったと思いますが、だいぶ改善されています。

 

これは、良いのではないでしょうか。

キーボード自体は、打ちにくくもなく、打ちやすいというわけでもなく、可もなく不可もなしというところでしょうか。 

新しくなったApple Pencil

新しくなったApple Pencil。

新しくなったApple Pencil

Apple Pencilも新しくなりました。

Apple Pencil

これまでとは違って、平らなところができましたね。

この面を、iPad Proにくっつけると、ペアリングが完了して、さらに充電もこの形で充電するということです。

 

ペアリング  

IMG_0500

iPad Proを縦にした時に、画面右のこの部分で、Apple Pencikの充電などをしているのかなと思うのですが、どうなのでしょうね。ワイヤレス充電ということなのか、接点充電なのか。

ペアリングは、ワイヤレスで完了しますね。いい感じです。

新しいApple Pencilの書きやすさなど

また、新しいApple Pencil、平らなところができたので、転げにくくなりました。

また、 持ちやすくもなっているように思います。さらに、タップで、メモなどで消しゴムとペンを選択などできるようになって、そんな機能もつきましたね。

書きやすさは、どうでしょう。

反応が良くなって、線が出て来るのが、前よりも若干速くなっている感じがするので、書きやすいと感じますね。 

iPad Pro(2018)12.9インチとApple PencilとSmart Keyboard Folio

iPad ProとApple PencilとSmart Keyboard Folio

そして、iPad Proに、Smart Keyboard FolioとApple Pencilをつけると、こんな感じになります。

Smart Keyboard FolioとApple Pencilと、一緒に使うというのが、やはり良い感じです。

iPad Pro 12.9インチのスペック、仕様

チップ 64ビットアーキテクチャ搭載A12X Bionicチップ Neural Engine

ディスプレイ 12.9インチLiquid Retinaディスプレイ

IPSテクノロジー搭載12.9インチ(対角)LEDバックライトMulti‑Touchディスプレイ
2,732 x 2,048ピクセル解像度、264ppi
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
1.8%の反射率
600ニトの輝度

カメラ 12メガピクセルカメラ ƒ/1.8絞り値

TrueDepthカメラ 7メガピクセルカメラ

Face ID TrueDepthカメラによる顔認識の有効化、iPadのロック解除

コネクタ USB-C

容量 64GB、256GB、512GB、1TB

サイズ 280.6 x 214.9 x 5.9

重さ Wi-Fiモデル 631g Wi-Fi + Cellularモデル 633g

 

ちなみに、iPad Pro 12.9インチの主なスペックなどは、上記のようになっています。

iPad Pro(2018)12.9と、iPad Pro(2017) 12.9とのサイズ比較。重量

サイズ比較。重量

iPad Pro(2018)12.9インチは、少し小さく軽くなっています。

ということで、iPad Pro(2017) 12.9とのサイズ比較をすると、1回りぐらい小さい感じですね。

縦の長さは、結構違います。

 iPad Pro(2018)12.9インチは、縦が約28cmで、iPad Pro(2017) 12.9インチの縦は、約30cm、2センチほどですが、短いですね。

 

これがちょうどいい感じの大きさになっています。

 

また、重さも631グラムと677グラムと、40グラムほど違います。少しですが、軽く感じますね。

iPad Proの重さ

iPad Pro 12.9インチを使っていると、 気になるのは重さです。

ということで、計ってみました。

Apple Pencilの重さ 

Apple Pencilの重さ

新しいApple Pencilは、17グラムです。

Smart Keyboard Folioの重さ

Smart Keyboard Folioの重さ

Smart Keyboard Folioの重さは、402グラムです、結構重いですね。

iPad Pro 12.9インチの重さは、634グラム

iPad Pro 12.9インチの重さ

iPad Pro 12.9インチの重さは、634グラムです。

これらを合わせると

1053グラム

1053グラムということで、約1キロというところでしょうか。 

iPad Pro 12.9インチに、Smart Keyboard Folio、Apple Pencilをつけるとだいたい1キログラムということですね。

 

約13インチで、ほぼ1キロ。

なかなか軽量なのではないでしょうか。

新しいMacBook Airが、13インチで1.25キログラムなので、それよりも、250グラムほど軽いですね。

1キログラムを切らないのがちょっと残念ではありますが、約13インチのディスプレイとキーボードで、ほぼ1キロというのは、悪くないですよね。

11インチか12.9インチか?Wi-FiかCellularか?

11インチか12.9インチか

新しいiPad Pro。

12.9インチと11インチがあります。

11インチは、それなりにコンパクトで持ち運びに良さそうですよね。

コンパクトなiPadが良いという人は、11インチ。大画面がいい人は、12.9インチということになるでしょう。

ただ、12.9インチは、少し軽く小さくなったので、以前よりは良いですね。

Wi-FiかCellularか?

これは、外でどれだけ使うかなのではないでしょうか。前のモデルで、セルラーを買ったのですが、それほど外で使うことがなかったので、今回は、Wi-Fiにしました。

でも、出先などでももっと使いたくなるかもなと、新しい12.9インチのiPad Proを使って思いました。

そういう意味では、セルラーにしておけば良かったかもしれません。まあ、iPhoneでテザリングすればいいので、まあ良いかなとも思います。

 

このあたり、自分の使い方と合うモデルを選びたいですよね。

新型iPad Pro(2018)12.9インチは、小さく軽くなって、速くなった

新型iPad Pro(2018)12.9インチは、ということで、小さく軽くなっています。

持ち運びも、以前よりしやすそうです。

速くなっている

そして、速くなっていますね。

GeekBench

Geekbenchのスコアが、シングルが5000を超えて、マルチコアのスコアが18000を超えています。

こうなると、MacBook Pro並ですよね。

たしかに、サクサク動く感じです。

Face IDの認証がラク

Face IDの認証は、iPadでは結構ラクかもしれません。

Touch IDの良さもあると思いますが、iPadの場合は、横画面で使うことが多いので、ホームボタンが右側に来ることが多いですよね。そうすると、手をそこまで持って行ったり、指がずれたりしてしまったりもします。

 

FaceIDでの認証は、ボタンを押さないので、ラクと言えば、ラクかもしれません。まあ、スワイプして開かないとならないわけですけれど。

 

ハードとして、いい感じになっている、新型iPad Pro(2018)12.9インチ

新型iPad Pro(2018)12.9インチは、他にもスピーカーが良くなったり、iPhoneを充電できるようになっていたりしています。

ハードとしては、2018年時点で、かなりいい感じになっている、新しいiPad Proですね。 

これから、Photoshopなども登場してくると、さらに良くなりそうですよね。

ということで、新型iPad Pro(2018)12.9インチ シルバーを購入して、届いたので、簡単なレビュー、感想でした。