読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

Galaxy Note 7をSamsungが発表。防水防塵、虹彩認証に対応

Galaxy Android

Galaxy Note 7をSamsungが発表しました。

防水防塵、虹彩認証に対応。

f:id:kobabiz:20160803091812j:plain

www.samsung.com

Galaxy Note 7をSamsungが発表。防水防塵、虹彩認証に対応 

SamsungmがGalaxy Note 7を発表しています。発売は、8月19日とのこと。日本では未定です。

未定ですが、日本語の製品ページがあるので、発売を期待したいところですね。

「GALAXY Note7」の主な仕様

「GALAXY Note7」の主な仕様
機種名GALAXY Note7
メーカー Samsung Electronics
OS Android 6.0
プロセッサ 2.3GHz 4コア+1.6GHz 4コア
メインメモリ 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約5.7型クアッドHD Super AMOLED
解像度 1440×2560ピクセル
バッテリー容量 3500mAh
アウトカメラ 有効約1200万画素CMOS
インカメラ 有効約500万画素CMOS
ボディーカラー Black Onyx、Silver Titanium、Gold Platinum、Blue Coral
サイズ 約73.9(幅)×153.5(高さ)×7.9(奥行き)mm
重量 約166g
防水・防塵(じん) IP68
ネットワーク LTE Category9(下り最大450Mbps)

主な仕様はこんな感じです。

5.7インチのクアッドHD、1440×2560ピクセルです。

CPUは、サムスン製Exynos 8890 2.3GHzクアッドコア+1.6GHzクアッドコアを搭載で、国と地域によってはクアルコム製Snapdragon 820 2.15GHzデュアルコア+1.6GHzデュアルコア搭載モデルもということのようですね。

メモリは4GBで、ストレージは64GBです。

カラーはBlack Onyx、Silver Titanium、Gold Platinum、Blue Coralの4色です。

デザイン

ベゼルディスプレイということで、ディスプレイもデュアルエッジで湾曲していますね。背面も、丸みを帯びているので、持ちやすそうです。

デュアルエッジディスプレイというのは、Galaxy S7 Edgeと同じですが、そこまで丸みはなさそうので良いかもしれません。

防水防塵

Galaxy Note 7も、防水防塵になります。IP68レベルということです。

これなら、安心ですね。これまで、Galaxy Noteは、防水ではありませんでしたが、ようやくGalaxy Note 7で防水に対応ですね。

 

Sペンとメモアプリ

Sペン自体も防水に対応しているとのこと。

画面が濡れた状態でも書いたり操作したりできるそうです。IP68の環境では、本体が水中にある状態で、Sペンで文字を書くことが可能ということです。

また、ペンの動きを検出するスキャンレートはGalaxy Note 5の1.5倍に相当する360Hzに引き上げられているとのこと。そして、ペン先の太さが約半分の0.7mmになっているそうです。圧力感知は従来モデルの2倍にあたる4096段階になっているとのことです。

これらによって、繊細なタッチを再現することができるということです。

Sペンが改善されているようですね。ペンで絵を描きたいという人に良さそうですね。

メモにも良さそうです。メモの機能はいろいろとありましたが、「SAMSUNG Note」というひとつのアプリに統合されるということです。

消灯中に各種情報を表示する「Always On Display」によって、記録したメモを常時表示させることも可能になっているそうです。

虹彩認証にも対応

ディスプレイの上部に備えられた赤外線センサーを利用した虹彩認証にも対応するそうです。

目の虹彩によって認証ができるようですね。指紋認証だけではなく、目でも認証が可能になるようです。

 

バッテリーが3500mAh

バッテリーが3500mAhになります。少しバッテリー時間が伸びるようですね。

また、Quick Charge 3.0の急速充電や、ワイヤレス充電にも対応とのこと。

 

外部接続端子はUSB Type-C

外部接続端子はUSB Type-Cに変更されているそうです。ケーブル類は、これまでのは、そのままだと使えないということになりそうですね。

アダプタなどを使うと使えるのかもしれません。

カメラ

カメラのスペックはGalaxy S7/S7 edgeと同等とのこと。

アウトカメラが1200万画素、インカメラが500万画素。アウトカメラは高速オートフォーカスや暗所でのクリアな撮影が可能な「デュアルピクセルセンサー」に対応しているそうです。

また、ハイコントラストで鮮明な動画をストリーミング再生できる「HDRビデオ」もサポートするとのこと。

カメラは、もう少しがんばって欲しいところだったかもしれません。とは言え、そこまで悪いわけではないですが。

 

まとめ:Galaxy Note 7で、順当に改善・進化

Galaxy Noteが、Galaxy Note 7になって、順当に改善、進化していますね。期待を上回るということはなかったかもしれませんが、他のスマホに比べると一歩先を行っている感じはあります。 

やはり、ペンが使えるスマホというのは、他にはないですよね。iPhoneも、Apple Pencilが使えるようになると良いのですが。

www.visionseichou.com

「Galaxy S7 edge SC-02H」が発表されました。ドコモも、「Galaxy S7 edge」を発売しますね。

ドコモ「Galaxy S7 edge SC-02H」を発表。発売日は5月19日。価格は9万3960円 - ビジョンミッション成長ブログ

ものすごく簡単に言ってしまうと、Galaxy S7 Edgeの画面が大きくなって、ペンが使えるということですね。細かいところは違っていますが。

個人的には、スマホでもペンを使いたいので、結構気になってはいます。日本での発売があるのかないのか、気になるところですね。 

ドコモオンラインショップ