読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

必要な情報をどうやって見つけるか?を考えてみる

考え方 自分

適切な情報があれば、目標を達成しやすくなる。

地図があれば、目的地にたどり着きやすくなる。

だから、必要な情報を得られると良いですよね。とは言え、なかなか必要な情報が得られないというのもあると思います。

このところ、どうしたら必要な情報を得られやすくなるのか、ということを考えています。

いまいちわかっていないので、自分の頭を整理するために、少し書いてみます。

情報収集

 

情報源をたくさん持つ

情報源をたくさん持つ。

結論から言ってしまうと、そういうことなのかもしれません。

 

ウェブ、人、本、雑誌、テレビ、ラジオ。

 

なるべくたくさんのメディアや人から情報を得る。

 

選別する

そして、選別する。

たくさんの情報を得てから、選別する。

むずかしいのは、選別の基準かもしれません。何を良い情報と思うのか、必要な情報と判断するのか。

 

選ぶ基準があいまいだと、あいまいなことしか得られないので、役に立たない。

そういうこともありそうです。

 

少数の「良い情報源」から始める

逆の方法もあるのかもしれません。

良い情報源を持っていて、さらにたくさんの情報を調べていく。

確度の高い情報源をもたらしてくれるメディア、人を押さえておいて、そこから他の情報を調べていく。

 

例えば、わたしは、今タスク管理のアプリを探しているのですが、そういうことに詳しい人にまず聞いてみて、あたりをつけてから、アプリを探す。

そうしたほうが、闇雲に探すよりは、良さそうです。

 

もし起業したいとしたら、すでに起業している人や起業家をサポートして成功させている人に話を聞く。

そして、できれば、「失敗している人」の話も聞いたほうが良いかもしれません。

逆も知っておけば、失敗しない方法を考えられるかもしれませんから。

 

いずれにしても、情報として確かそうなところからあたりをつけて、さらに情報を探っていく。そういうほうが効率的ではありそうです。

 

どうやって「良い情報源」につながるか

だとすると、どうやって「良い情報源」につながるか、がポイントになってきそうです。

 

詳しそうな人に聞いていく。なるべく多く。

 

これが良さそうですね。

もちろん、時間は有限でしょうしタイミングもあるので、どれだけの人に聞くことができるか、どれだけの情報を集められるかは限度などもあると思いますが。

 

これで完璧というわけではないでしょうし、もう少し考えたいところはあるので、また実践しながら考えたいところです。 

考え方 カテゴリーの記事一覧

 

Amazon「オールタイムベストビジネス書100」からオススメの10冊