読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

結果を変えたいなら、どうすると良いか?『自分を見違えるほど変える技術』

ビジネス書・本の書評 自分

結果を変えるには?

結果を変えたいとしたら、どうすると良いでしょうか?

いくつか方法・考え方があると思いますが、その一つには「行動を変える」というのがあります。

行動を変えれば、結果が変わる。

そういうところはあります。

『自分を見違えるほど変える技術』

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング

  • 作者: ケリー・パターソン,ジョセフ・グレニー,デヴィッド・マクスフィールド,ロン・マクミラン,アル・スウィツラー,本多佳苗,千田彰
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2012/11/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

本書では、自分を変える技術について書かれています。

とは言え、性格を変えるとか、そういう話ではありません。行動や習慣を変えることで、自分を変える、成果を変えるということです。

本書では、ダイエットなどで「自分を変える」ことに成功した人たちを観察して、そこから得られた知見から、自分の行動を変える方法について書かれています。

 

自分だけのプランがある 

「チェンジャーたちは試行錯誤しながら、自分に合うものを見つけ出していた。最初から何がよいか、わかっていたわけではない。実際、長年染み付いた習慣を改善しようとするときに、最初から正しい方法がわかっている人はほとんどいない。多くの人は前進と後退を繰り返す中で、失敗から気づきを得て、目指す方向に進んでいく。」(p.044)

最終的にうまく自分を変えられた人は、自分に合う方法を見つけ出していたということです。

自分に合う方法を見つけるために、試行錯誤する。

そして、そのためのプランを持っている。

そういう人が、うまくいきやすいということです。自分を変えるプランがあるということです。

 

計画については、こちらの記事にも書きました。

計画がなぜ必要なのか?明日成果を得るために、今日何をするか?『経営者に贈る5つの質問』ドラッカー【名言】

経営者に贈る5つの質問

経営者に贈る5つの質問

 

修正していくために、計画が必要ということです。試行錯誤するのにも、計画があると良いわけです。

 

重要行動を用意する

「自分の決定的瞬間がわかったら、衝動が起きたときに備えてルールを決めておく。研究によると、決定的瞬間を想定してあらかじめルールを決めておくと、その瞬間に自分が望んだ行動をできる確率がはるかに高まる。だから、決定的瞬間がくるたびに行動選択を迫られるような事態にならないよう、すべきことを事前に決めておくのである。」(p.050)

また、成果を左右する決定的な瞬間というものがある。そのときに、適切な行動を取れるかどうか。これが重要ということで、これを「重要行動」と呼んでいます。

例えば、タバコをやめたいとして、タバコを吸いたくなるときが、空腹時だということならば、空腹時にはタバコの代替手段を考えておく。

こういったことをできるようにしておくと、行動を変えやすいということです。

自分を変えるための重要行動が何か。ここがわかると、自分の行動を変えやすいわけです。

 

うまくいかないのは、重要行動を見極められないことが大きい 

「80対20の法則」という話があります。

新版 人生を変える80対20の法則

新版 人生を変える80対20の法則

  • 作者: リチャード・コッチ
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2013/05/10
  • メディア: Kindle
 

 

例えば、売上の80%は、20%のお客様によるものといった少数が、結果の大きな部分に影響しているといったことです。売上をさらに増やしたいなら、20%のお客様をどうするかということを考えると良いわけですが、20%のお客様が大切ということがわかっていなかったりする。

結果を左右する大きな重要行動を見極められないと、うまくいかないことが多いでしょう。

逆に言うと、うまくいっている人ほど、 重要行動がわかっていて、適切に行動していると言えます。売れているセールスパーソンほど、余裕があるように見えたりしますよね。重要なポイントを押さえて、ムダなことはあまりしないからというのはあるでしょう。

 

どうやって重要行動を見極めるか?

重要行動をすれば良いということになりますが、では、どうやって重要行動を見極めれば良いのでしょうか?

それについては、本書の事例などを参考にすると良いと思います。

自分を変えるための、キャリアの伸ばし方、ダイエット、家計の改善、人間関係の改善、こういったことを事例とともに重要行動を見つけて改善するということが書かれていますので。

 

スタンフォードの自分を変える教室』を読んだあとに読んでみると、具体的な自分の変え方がわかって良いと思います。

スタンフォードの自分を変える教室

スタンフォードの自分を変える教室

  • 作者: ケリー・マクゴニガル
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2013/04/26
  • メディア: Kindle
 

成果を変えたい。そのために、自分の行動を変えたい。

そんな方が読むと、方法や考え方が参考になります。読んでみてください。

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング

  • 作者: ケリー・パターソン,ジョセフ・グレニー,デヴィッド・マクスフィールド,ロン・マクミラン,アル・スウィツラー,本多佳苗,千田彰
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2012/11/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

関連記事

モチベーションはどこから来るのか?『モチベーション3.0』からモチベーションを考える

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

  • 作者: ダニエル・ピンク,大前研一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/07/07
  • メディア: ハードカバー