読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

『経済学の95%はただの常識にすぎない』ハジュン・チャン【本・読書】

ビジネス書・本の書評

経済がどう動くか。

ビジネスパーソンなら知っておいたほうが良いことではないでしょうか。

ビジネスとお金。関係していますから、経済のこともわかっていたほうが、ビジネスに役立てることができるところもあるでしょう。

しかし、意外と経済のことは、わかりにくい。経済学部に通っていたという人であれば、経済学の基本は知っているでしょうから、経済について、それなりにわかっているというのはあるでしょうけれども、そうでもなければ、意外とわからないものなのではないでしょうか。

 

そして、経済学もいまいちわかりにくい。

『経済学の95%はただの常識にすぎない』ハジュン・チャン - ビジネス書をビジネスのチカラに

ケンブリッジ式 経済学ユーザーズガイド: 経済学の95%はただの常識にすぎない

ケンブリッジ式 経済学ユーザーズガイド: 経済学の95%はただの常識にすぎない

  • 作者: ハジュンチャン,Ha‐Joon Chang,酒井泰介
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: 単行本
 

 

この本では、経済学はほとんどが常識の話で、全体を知っておくと良いということがわかります。

 

資本主義小史 

本書では、資本主義の歴史が簡単にまとめられています。

どのように変遷してきたのか、このあたりがわかります。資本主義の歴史を知ることで、近現代の経済も、だいたいはわかるでしょうし、概要をつかめば、今の経済や経済学を理解するのにも、役立つことでしょう。

 

諸経済学派の比較

経済学には、「派閥」というか、学派があります。

古典学派やマルクス経済学、オーストリア学派など。

それらがまとめられています。前提や見方で、経済の見方も変わってきます。これらがまとまっているので、わかりやすいです。

 

グローバリゼーションは、政府やビジネスエリートが望んだから

世界がこの30年間に現在のようになったのは、強国の政府や富裕国のビジネスエリートが望んだからに他ならない。(p.412)

グローバル化が進んでいる。

それは、不可避だったということではなくて、先進国の政府やビジネスエリートが、それを望んだからということです。

 

たしかに、そういう面はあるのでしょうし、大きいのかもしれません。

自分たちの理想からなのか、ビジネスのメリットがあるからなのかは、それぞれ違っているかもしれませんが、グローバル化を望んだから、そうなっているという面はあるでしょう。

 

知らないと、現実に流される

望めば必ず叶うというものでもないでしょうけれども、知らないとよくわからないまま流される。

そういうことはあるでしょう。

ウェブでの発言も、人それぞれポジションや前提があって、語っている面があります。

経済学者や政治家、経営者、ビジネスエリートが、語っていることの意味がどういうことなのか。そういうことも、経済学をある程度知っておかないと、よくわからないままということにもなるでしょう。

 

この本のタイトルは、おもしろいなと思います。95%が常識と言っていますが、言われてみればわかるけれども、言われないとわからないことかもしれませんし、知らない人は知らないことではないでしょうか。

 

経済学を俯瞰してみて、全体を知る。

そうすることで、経済の動きなどもある程度わかってくるでしょうし、日経新聞やニュースなどで言われていることが、果たして本当なのかどうかも、自分で考えるための基本を身につけられると思います。

ケンブリッジ式 経済学ユーザーズガイド―経済学の95%はただの常識にすぎない

ケンブリッジ式 経済学ユーザーズガイド―経済学の95%はただの常識にすぎない

  • 作者: ハジュン・チャン
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2015/05/22
  • メディア: Kindle版