読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

iPhoneアプリ「Launcher」が通知センターからアプリを直接起動できて便利

iPhone

iOS 8から、通知センターにウィジェットという機能がつきました。

そのウィジェットで「Launcher」というアプリを使うと、通知センターから、アプリを起動することができます。

 

 

無料アプリです。

7つのアプリなどを追加することができます。(もう一つは、Launcherアプリ)

起動したいアプリを増やすには、アプリ内課金で増やすことが可能です。

とくに便利なのは、「設定」の項目も追加できることです。

設定画面にここから直接移動できます。よく使う設定項目を追加しておくと、便利ですね。

 

以下簡単に、使い方などを説明します。

 

 

Launcher起動後の画面

f:id:kobabiz:20140925160116j:plain

Launcherを起動すると、このような画面になります。

画面右上の鉛筆のような、ところを押すと、アプリの追加・選択などになります。

 

アプリの追加・選択・削除

f:id:kobabiz:20140925160615j:plain

Pro Versionを購入すると、アプリなどを増やせます。

☓印を押すと、アプリの選択を解除できます。

「+」マークのAdd Newを押すと、アプリを追加できます。

 

アプリなどを追加

f:id:kobabiz:20140925160814j:plain

左下の「App Launcher」からアプリを追加できます。

「Contact Launcher」では連絡先を追加可能です。

また、「Web Launcher」では、WebのURLを追加できます。

App追加

f:id:kobabiz:20140925161122j:plain

ここから、アプリを選んで追加ができます。しかし、すべてのアプリを追加できるわけではありません。

ここが少し残念な点です。対応しているアプリのみ追加できます。

通知センター

f:id:kobabiz:20140925160127j:plain

 

設定すると、iPhoneの画面上部から引っ張って下ろしてくる「通知センター」からアプリなどを起動できるようになります。

よく使うアプリや設定などを追加しておけば、ここから起動できます。

通知センターには、通知センター最下部の【編集】をタップして、表示アプリにLauncherを追加をすることができます。

 

アプリ起動のショートカット

「Launcer」は、要は、「通知センター」からアプリを起動するためのショートカットととして、使うことができるアプリです。

通知センターを引っ張って、アプリを押すという、2段階でアプリなどを起動できます。

「通知センター」は、iPhoneの画面の上部にいつもあるので、どこかに行ってしまうということがありません。そのウィジェットからアプリなどを起動する。

よく使うアプリなどをここに追加しておくと便利です。

 

無料なので、試してみると良いですね。

 

【追記】残念ながら、Appleによって、App Storeからアプリが削除されてしまったようです。

【さらに追記】2015/03/19復活しました。

iPhone「Launcher」が復活&ウィジェットで使っているアプリ5個

 

 

iOS8と最新端末の注目機能を一挙紹介! iPhone6/6 Plusがわかる本 (アスキー書籍)

iOS8と最新端末の注目機能を一挙紹介! iPhone6/6 Plusがわかる本 (アスキー書籍)