読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

脳を鍛えるには?目標達成と脳の関係『脳の強化書』【書評・感想】

ビジネス書・本の書評 成長

脳の強化書

目標達成と脳は、関係があると思っています。脳の力で、発想や問題解決が変わってきますし、考え方で何をするかが変わってきて、成果も変わってくるからです。

だから、脳を鍛えたい、そんなことを思います。

昔、脳トレのゲームが流行りましたが、イマイチ脳力があがっているのかよくわかりませんでした。どうやると、脳を鍛えられるのか?気になることの一つです。

アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書

アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書

 

この『脳の強化書』では、脳の番地(脳の部分)によって、鍛え方が紹介されています。(66のトレーニングが紹介されています。) 

脳

理解系脳番地を鍛えるには?成長を支えるのは旺盛な好奇心

脳には8つの脳番地があり、知的なことを理解するのは、「理解系脳番地」というそうです。その理解系脳番地を鍛えて成長するようにするものは、好奇心とのこと。

たしかに、興味を持つ、好奇心を持つというのは、何かを知るための駆動力になりますね。

だから、まずは、いろいろと好奇心を持つことが大切ということです。

では、具体的には、どういう方法で鍛えると良いのでしょうか?

本書、『脳の強化書』では、以下の様な鍛え方が紹介されています。

 

10年前に読んだ本をもう1度読む

「言語を理解する脳番地を鍛えたいなら、読書が効果的でしょう。」(p.110)

昔読んだ本を、2度3度読むことで、理解力が高まるということです。

たしかに、わたしも今年に入って、本を再読しているのですが、理解力が高まっているように思います。多角的に見ることができるようになると書かれていますが、たしかにそうですね。

以前は、気がつかなかったことを気がついたりします。本を再読する。良い方法ですね。

 

帰宅した直後に俳句をつくる

これは、なかなかおもしろい方法ですよね。

その日一日を振り返って、俳句をつくる。

そうすると、頭の整理にもなり、語彙力が必要なので、頭を使うことにもなる。ということで、理解系の脳番地を鍛えるのにオススメとのことです。

こういうセンスは、わたしにはないのですが、センスはともかく、5・7・5で、その日のことを考えてみるというのは、やってみようと思います。

 

脳番地には、8つのエリアがある

脳番地には、8つのエリアがあるということで、それぞれを鍛える方法が『脳の強化書』では、紹介されています。全部で66のトレーニングがあるので、それらを行うと、かなり違ってくるのではないでしょうか。

わたしは、まずは、理解系を鍛えてみようと思っています。 そうやって脳が鍛えられると、少しは目標達成に近づく、役に立つのではないかと思うので。

直接的ではないかもしれない方法で、遠回りなのかもしれませんが、こういう方法を試してみるというのもありでしょう。

 

良い目標の8つの条件・『目標達成の技術』 - ビジョンミッション成長ブログ

脳の強化書 

アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書

アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書

 

 

ビジネス<勝負脳> (ベスト新書)

ビジネス<勝負脳> (ベスト新書)