読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

やる気が出ないのは、やりたいことがハッキリしていないからかも

自分 考え方 ビジョン・ミッション

やる気やモチベーション。ないと、行動ができないというのはあるでしょう。

だから、やる気を上げるとか、モチベーションをアップするといった話になったりします。そういう方法やノウハウもあるだろうと思います。

しかし、その前に大切なのは、やりたいことがはっきりしているかどうかではないでしょうか。

 

f:id:kobabiz:20160318145424j:plain

 

やる気が出ないのは、やりたいことがハッキリしていないからかも

今日は、やる気にならないというのはある

どうも今日はやる気にならない。人間ですから、そういうことはあると思います。雨の日や体調がすぐれないといったときには、やる気が下がってしまう。そういうのもあると思います。

いつもやる気満々、そんな人は、あまりいないでしょう。

ごくまれに、いつもハイテンションで、やる気満々で、エネルギーがあり余っているように見える人もいますが、それは、少数派だと思います。

だから、ときどきやる気にならないというのは、そこまで大きな問題ではないですよね。

いつもやる気にならないとしたら楽しくないのでは

しかし、一方で、いつもやる気にならないとしたら、問題となりやすいというか、自分も辛いでしょうし、周りも辛いというのはあるかもしれません。

動く気になれなかったり、何事も面倒くさいということになってしまって、生きているのも億劫というか、楽しくはない。そういう人は、本人もつまらないでしょうけれど、周りの人も、楽しくはないですよね。

 

わたしが動くのは、やりたいことがあるから

わたしも、「動きたくない」といった気持ちはわかります。何もしないで、自分の望み通り思い通りになったら、と思うこともありますから。

しかし、わたしが動くのは、やりたいこと、実現したいことがあるからです。

たとえば、わたしは、本を書くのですが、本を書くのは大変です。というのは、量が多いということもありますし、読者にわかってもらうように書くのは、なかなかむずかしいことだったりするからです。

それでも、そんな大変で面倒なことをするのは、わたしと同じようなことで悩んだり困ったりしている人が、わたしが書いた本を読んで、悩みなり問題なりを解決することができたら良いと思うからです。

 

そう思っていなかったら、本を書くなんて、面倒なことはやりません。個人的には、ブランディングとかもあまり興味はないですから。

やりたいことがなかったら、わたしも動かないというか、ボーッとしていたいほうです。何もしないでのんびりできる時間はいいですよね。そういう時間も好きです。

とは言え、わたしには、やりたいことが、まだいろいろあるので、そういうことはまだないのですが。

 

やりたいことがはっきりすると

わたしは、ビジョンを見つけて実現するサポートをしています。

ビジョンの描き方。ビジョンを描くには? | ミッションビジョンアクションブログ

お申し込み

そういう方たちを見ていると、やはりやる気があるというか、行動的です。やりたいことがはっきりしたからだと思います。

ビジョンは、未来の実現したいイメージです。そして、その実現のためのプランを考える。そういうことが明確になれば、実現のために動こうと思うでしょう。

単にイメージを描くだけではなくて、その実現の道筋も考える。

そうすれば、動けば実現できると思えるから、ビジョンややりたいことを実現するために動く。

どうしても実現したいことがあるから、動く。やる気が出てくる。そういうことですね。

 

やる気になりたいなら、やりたいことをはっきりさせる

「やる気がないから、動けない。だから、やる気をアップさせよう。」そういう考え方はわかります。

ただ、やる気がないのは、やりたくないことをやっていたり、やりたいことがあいまいだからなのではないでしょうか。

やりたいことがはっきりしていたら、それに向かって進もうと思うでしょう。今すぐできるかどうかは別としても、やりたいことを実現できるように動いていくはずです。

 

もちろん、やりたいことがはっきりしたからといって、やりたくないことをやらなくて済むとは限らないですし、むしろ、やりたくないけれど、やらなくてはならないことが明らかになって、実行していくということもあります。 

そんなときに、やりたくないことのやる気をどう出すかというのは、一時的な方法としてはあるとは思います。そして、そういう方法も短期的には有効だと思います。

しかし、無理やりテンションをあげるとかいうのではなくて、どうしても実現したいことがあって、そのために、やりたくないこともやるというほうが自然と動けますよね。

 

自分を本当にやる気にさせるために

自分を本当にやる気にさせたいなら、やりたいことをはっきりさせるほうがいい。

わたしは、そう思っています。なぜなら、自然にやりたいと思って、動くわけですから、心理的にも負担が少ないですし、やる気があるとかないとかあまり考えないで済みます。だって、実現したいことがあって、やりたいわけですから。

 

こういうことを書くと、そのやりたいことを見つけられないという人がいます。わたしもなかなか見つけられなかったので、その気持ちはわかります。だから、そういう人たちのサポートをしています。

やりたいこと、ビジョンを見つけたい方は、以下よりどうぞ。

ビジョンの描き方。ビジョンを描くには? | ミッションビジョンアクションブログ

 何かを続けたい、習慣化について興味がある方は、こちらをどうぞ。 

1つのことを長く続けられる技術

1つのことを長く続けられる技術

  • 作者: こばやしただあき
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2015/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)