読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

1日12時間労働を4時間にした6つのステップ『仕事のムダを削る技術』【本・読書】

仕事術 ビジネス書・本の書評

長時間労働はキツイですよね。長く働けば良いというものでもないですし。

 

わたしは、以前は、1日12時間以上、働いていました。今は、ルーティンワークは、午前中の4時間で終わらせています。

午後は、人に会うとか外出するとか、本を読むとか本を執筆するなどしています。

 

労働時間を短くしたわけですが、その際の話は、こちらの本、『仕事のムダを削る技術』に書きました。

仕事のムダを削る技術 ソフトバンク新書 (SB新書)

仕事のムダを削る技術 ソフトバンク新書 (SB新書)

  • 作者: こばやしただあき
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2012/09/15
  • メディア: Kindle版
 

 

そのときに、いろいろと試してみて、以下のような6つのステップで進めると、仕事のムダを削って、労働時間を短くすることができると考えています。

 

1日12時間労働を、4時間にした6つのステップ

1.短時間で仕事を終わらせると決める【決める】
2.1日の仕事を観察し、仕分ける【仕分ける】
3.やるべき仕事を絞る【絞る】
4.同時進行で仕事を行う【マルチタスク】
5.仕組みをつくり改善すて効率を上げる【仕組み】
6.他人と時間を有益にする【協力】

 

この6つを1つずつ進めていくと、仕事のムダを削って、労働時間を短くしていくことができるでしょう。

短時間で仕事を終わらせると決める

まず、短時間で仕事を終わらせると決める。

これが何より大切です。

 

わたしが長時間働いていたときは、仕事が多かったというのはあるのですが、短時間で仕事を終わらせようとは、まったく思っていませんでした。

長い時間働くのが当たり前。そんなふうに思っていました。

 

長時間働くのが当たり前と思っていれば、短時間で働くことはできないですよね。 

まず、短時間で仕事を終わらせると決めないことには、長時間労働が短くなることはないでしょう。仕事の量や自分の役職や状況などはあると思いますが、決めなければ、変わらない。

だから、まずは、短時間で仕事を終わらせると決めることが大切です。方法はあとから考える。これぐらいでも良いので、まず決めることが大切ですね。

 

あとは、残りの5つのステップを踏んでいくと良いでしょう。さらに詳しいことを知りたい方は、本を読んでみてください。

 

その後も、試行錯誤している

その後も、いろいろと「時短」の試行錯誤はしていますが、労働時間はだいたい4時間ぐらいです。 2時間しか働かないときもありますが、6時間ぐらい働くことも、たまにあります。

その後の方法は、こちらに書いています。

やりたいことをやるための、1日4時間労働の「ビジョンセルフマネジメント術」 | じぶん進化ブログ

 

続けることが大切

いろいろと試行錯誤をして、うまくいったり行かなかったりすることはありますが、改善を続けることが、結局は、うまくいくコツです。

途中でやめてしまえば、うまくいかないですよね。

 

ということで、続けられるようになる技術について、『1つのことを長く続けられる技術』を書きました。

続けることが大切とは言いますが、続けられる技術を知らないことで続かない。そういう人に向けて書きました。

 

ちょっとした紹介は以下のリンクよりどうぞ。

『1つのことを長く続けられる技術』こばやしただあき - ビジネス書をビジネスのチカラに 

1つのことを長く続けられる技術

1つのことを長く続けられる技術

  • 作者: こばやしただあき
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2015/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

仕事のムダを削って労働時間を短くしても、 元に戻ってしまったら、あまり意味がないでしょう。

改善をし続けることが大切です。改善を続けることで、ますます効率化していくからです。 

ビジョンリーディング:経営者コーチング・マーケティング・マネジメント