読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

auの「ガラスマ」「AQUOS K SHF31」は、どういう人が買うのだろう?

その他

ガラスマ・AQUOS K SHF31

auが、Android OSを搭載した、フィーチャーフォンを発売するそうです。

「AQUOS K SHF31」。

ガラパゴス携帯とスマートフォンのいいとこ取りということでしょうか。「ガラスマ」と言われていたりするようです。

国内初、「4G LTE」に対応したauケータイ「AQUOS K」 | 2015年 | KDDI株式会社

「AQUOS K」および「料金プラン」、「auスマートパス」の詳細について | 2015年 | KDDI株式会社

 

主な特長|AQUOS K SHF31|au製品ラインアップ :SHSHOW

AQUOS K SHF31

 

ガラスマ、AQUOS K SHF31は、こんな感じの端末のようです。

タッチクルーザーEX

タッチパネルは非搭載ということですが、テンキー上で指をすべらせるとタッチパッドのように操作できる「タッチクルーザーEX」を搭載しているそうです。

画面上のポインタなどを、テンキー上から操作できるとのこと。

 

アプリ

アプリはプリインストールされたものと、「auスマートパス」からのダウンロードしたもののみ利用できるようです。

これは、さすがに、自由にアプリがインストールできるということではないようです。

 

電池の持ち

一般的なケータイに多い1000mAh前後の電池容量に対し、1410mAhのバッテリーを搭載しており、連続通話時間 約620分(4G LTE)、連続待受時間約470時間(4G LTE)の安心の電池持ちを実現しております。

これぐらいの通話時間ならいいですよね。待ち受け時間も、ガラケーとしても標準的でしょうか。

 

ガラスマ、AQUOS K SHF31は、どんな人が買う?使う?

どんな人が買いたいと思うのでしょうね。

通話が多い・長い人は、こういうガラケーの形のほうが通話しやすいというのはありそうです。通話をメインに考えている人にとっては、ガラスマ、AQUOS K SHF31は携帯電話の選択肢になりそうですね。

スマホのデザインがあまり好きではないというか、ガラケーのほうが持ちやすいという人も多いようです。そんな人にも良さそうです。また、スマホのアプリもそれなりに使いたい、という人にも良いのかもしれません。

 

他にも意外と、スマホからガラケーに戻るという人もそれなりにいるようです。そんな人でも、スマホの良いところは使いたいという人も、中にはいるでしょう。

スマホとガラケーを2台持ちしている人。

こういう人で、ガラケー1台にしたいという人も、欲しいと思うのかもしれませんね。

意外と需要はあるのかも。

 

ガラスマ:ガラケーとスマホの組み合わせ

ガラケーは、このところあまり変化がありませんよね。まさに、ガラパゴス化しているところがありました。

 

フィーチャーフォンに、スマホの良いところ組み込む。

そうすれば、より良くなりそうというのはありますね。珍しいですから、話題にはなっているようです。

どこまで売れるのか、売れたら、他の携帯電話会社も真似してくることでしょうし、売れなければ、なくなってしまうようなところはありそうです。発売後の売れ行きが気になりますね。

 

関連記事

ガラケーとスマホの2台持ちを検討。料金を調べてみました