ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。


 

 iPhoneXの予約状況、在庫情報の確認。在庫状況をApple、ソフトバンク、au、ドコモ。ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ電機などから
 iPhone8、iPhone 8 Plusの予約、在庫、入荷状況。ドコモ、au、ソフトバンク、Apple公式サイト。家電量販店の在庫予約状況は?
 iPhone8のケースのおすすめと人気のケースのランキングまとめ
 iPhone8ガラスフィルムのおすすめと人気ランキングまとめ。iPhone8 Plusのガラスフィルムも
 格安SIMの比較・まとめ10とおすすめ(2016年)月額料金、特徴、速度など
 iPhone7のケースをどうする?iPhone7、iPhone 7 Plusのケースまとめとおすすめ
 iPhone7とiPhone 7 Plus、どちらを買う?違いは?比較。「コンパクトさ」か「カメラ」か
 iPad Pro 9.7インチのレビュー。Apple Pencilがいい!iPad Air 2とどちらがいい?
 おすすめの本・ビジネス書を2015年に読んだ良書から15冊

ブログの更新頻度はどれくらいが良い?ブログは1日何記事書くか?

ブログの更新頻度、ブログは1日何記事書くか?

ブログは、どれくらいの頻度で書くと良いのでしょうか。ブログに1日何記事書くか。

もちろん、何記事書こうと自由ではありますが、アクセスアップという観点で考えると、どれくらいが良いのでしょうか。書けば書くだけ増えるというのはあるかもしれません。ただ、そうなると、ずっと書いていないとならない。

それでも良いという人もいるでしょうけれど、本業があるとしたら、さすがにそれはむずかしいでしょう。

 

最低でも週に1記事は書きたいですよね。あまりに更新されず更新頻度が少ないと、忘れられてしまいますから。

できれば、2日に1度ぐらいは更新して、毎日更新できるようになると、記事数が増えていきやすいというのはあると思います。

MacBook

 

毎日書くとしたら、何記事?

朝と夜に、読者がブログを読むというのがありますね。

そう考えると、1日2記事書けると良いのではないでしょうか。

 

わたしの場合は、そこまでたくさん書きたくはないので、ほぼ1日1記事で、気が向いたら、さらに書くというようにしています。

1日1記事のペースで更新して、時間的な余裕があれば、もう1記事書いてみる。

そういう感じです。

 

無理はしないでブログ記事の質を考える

わたしは、無理はしないようにしています。

更新のペースが崩れていったり、記事の質を落とすようなら書かないぐらいの感じです。

書きたいときには、多めに書く。そんな意識です。

 

わたしの場合、記事のテーマで、ブログをどこまで自分が書きたいか、書けるかが変わってきます。

自分の知識とモチベーションで、記事の長さや質が変わります。

 

visionmission.hatenablog.com

アクセス数やページビュー数は、記事の質と更新数などのかけ算だと思うので、あまり更新頻度にこだわると、書きたいことがなくなって逆に書けなくなっていってしまう。そういう面があります。

 

ブログを習慣にしたいというなどの理由があればまだしも、そうでないなら、つまらない記事でも書けば良いということはないでしょう。

100記事、200記事ぐらい書いたら、ブログが習慣にはなっているでしょうから、あとは記事の質を落とさないで書いていくと、自分にとっても有意義なブログになるでしょうし、読者にとっても読みたいブログになるのではないでしょうか。

 

継続的に読みたいブログ

visionmission.hatenablog.com

こちらの記事でも書きましたが、継続的に読みたいブログは、おもしろい、役に立つというのがあるでしょう。

更新頻度ばかりを考えないとしたら、あまり無理しないというのはあります。

このブログを、Feedlyで購読したい方は、以下よりどうぞ。

follow us in feedly

Facebookページ

ビジョンミッション成長ブログ | Facebook

Twitter

Google+

ビジョンミッション成長ブログ - Google+

 

1日1記事で、余裕があればもう1記事

わたしの場合は、1日1記事で、時間的に余裕があれば、もう1記事書く。

要は、こんな感じです。

 

これらは、目的や目標によって変わるというのはあると思います。

理想は、なるべく少ない記事でたくさんのアクセスがあると良いのでしょう。それがむずかしいとしたら、どうするか?

こういう考え方になっていくのではないでしょうか。