読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

不言実行?有言実行?あなたはどっち?公言しない目標を持つことのメリット

考え方 自分

目標が大切。よく言われます。

目標があることで、どこに向かうかなどがわかったり、モチベーションになるなど、メリットがあります。

 

また、新しい目標や目的を見つけると、新しい自分に出会える可能性が広がります。

これについては、以下の記事で書きました。

目的や目標を見つけると、新しい自分に出会える - ビジョンミッション成長ブログ

 

とは言え、目標を公言するタイプ・有限実行と、目標を公言しないタイプ・不言実行、の人がいると思います。

あなたは、どちらのタイプでしょうか?

目標を公言する、有限実行と、目標を公言しない、不言実行、メリットとデメリットについて書いてみます。

Goal

 

目標を公言するメリット・デメリット

目標達成の話で、目標は公言すると良いという話があります。

目標を周りに公言することで、達成できないときに、恥ずかしいからプレッシャーになって、行動につながるということです。

また、目標を公言することで、周りから情報やサポートなどが得られる。こういうこともあります。

 

だから、目標は公言すると良いと言われます。

 

一方で、目標に縛られてしまうというデメリットもあるかもしれませんが。

 

目標を公言しないメリット・デメリット

目標を公言しないメリットもあります。こちらは、公言するメリットに比べると、あまり言われないことではないでしょうか。

 

まず、メリットの1つは、一人で勝手にやっているわけですから、周りに失敗を知られることもないでしょう。プレッシャーになることもありません。

また、周りから、それは無理だとか言われてしまって、自信がなくなるといったこともないでしょう。

 

一方で、デメリットとしては、周りのサポートなどが得にくいということがあるでしょう。何をしたいかわからないと、周りの人が助けることはできないでしょうから。

 

どちらが良いかは、その人・目標次第

どちらが良いかは、その人のタイプによって、違ってくるように思います。

プレッシャーに弱い人は、目標を公言しないほうが、自分のペースで行動できて、目標を達成しやすいというのがあります。

逆に、意志が弱い人には、周りからのサポートなどがあったほうが良いかもしれません。

 

目標によっても、 自分一人でできることなら、公言する必要はないですから、公言しなくても良いでしょう。資格試験の勉強などは、黙って、勉強するというのもありだと思います。

自分だけでは実現できないことは、目標を公言するというよりも、共有する必要がありますよね。チームで仕事する場合は、必要になってくるはずです。

 

わたしは、あまり目標を公言しない

わたしの場合は、あまり目標を公言することはありません。

なぜなら、公言すると、やらされ感を感じてしまって、やりたくなくなることがあるからです。わたしの場合は、誰にも言わないで、実行していったほうが、自分の行動に集中できるので、成果を出せることが多いです。

もちろん、チームで動くというときは違いますが。

 

例えば、公言していないでわたしが実現できたことは、わたしの本が、そのうち外国語に翻訳されると良いなと思っていました。一つの目標です。しかし、公言などはしていません。それでも、実現しました。

公言しなくても、実現するものは実現します。

 

ビジョンも、個人レベルであれば、必ずしも公言する必要はないでしょうし、必要な人とだけ共有するというのでも良いと思います。

繰り返しになりますが、共有しないと、周りからの情報やサポートは得にくくなるというデメリットがありますが。

 

あなたは、不言実行?有限実行? 

あなたは、不言実行?有限実行?どちらのタイプでしょうか?

目標を公言しますか?それとも黙っていますか?