読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

GWに今年の目標、ビジョン、アクションプランを再考する

ビジョン・ミッション 自分

ゴールデンウィークですね。休みを満喫している人もいるでしょうし、かき入れ時で、仕事という方もいるでしょう。

わたしは、この時期に、今年の目標やビジョン、アクションプランを再考しています。1年のうち4カ月ほど、1年の3分の1が終わっています。このタイミングで修正などすると、年末に予定通りに行くことが多いですね。

 

f:id:kobabiz:20160503103001j:plain

 

GWに今年の目標、ビジョン、アクションプランを再考する

まず今年の目標とこれまでを振り返る

まず、今年の目標とこれまでを振り返ると良いですよね。4ヶ月ほどが終わっています。1年の3分の1が終わっているので、だいだいどこまで行けているかどうかわかりますよね。

うまく行っていること、うまく行っていないこと。

それらを振り返ってみる。

まずは、ここをやっておきたいところですね。ここをやらないと、目標や計画を立てても、どこまで進んでいるのかわかりませんから。

 

ビジョンも考えてみる

今年のビジョン、もっと長期間の達成したいビジョンをあらためて、考えてみます。

わたしの場合は、ここは軽く考えるときもあれば、じっくり考えてみることもあります。その年、その年で違います。

とくに、短期のビジョンは、その年の状況によって変わるというのはありますよね。

今年は、軽く考えるぐらいですね。とくに、方向性に変化はありません。今までどおり進めていきたいと思っています。

 

アクションプランを再考する

ここまでやったら、アクションプランを再考したいところです。今年のこれまでを考えてみて、このまま行って目標を達成できるのか。それともできなそうなのか。考えて、行動を修正する。

この精度というか、アクションプランの修正が、その年に、目標を達成できて、うまく終えられるかどうかにつながっていますね。

その年の5月ぐらいに、ここまでを振り返って、アクションプランを考えなおすのは、現実と計画のギャップをどうするかを見なおして、軌道修正して、うまく行かせるには、このタイミングでないと遅くなってしまうからです。

10月に軌道修正しても、あと2カ月では、なかなかその年の目標を実現するのはむずかしいでしょう。

 

ビジョンや目標は考えて終わりではなく

ビジョンの描き方。ビジョンを描くには? | ミッションビジョンアクションブログ

こちらのビジョンの描き方では、さらにアクションプランも考えます。

ビジョンや目標を考えて終わりではなく、そこから、どうしたら実現できるかも考えます。そうすることで、ビジョンを実現しやすくなりますね。

ここが、他のやり方とはちょっと違うので、わたしのクライアントさんは、ビジョンの実現率が高いのだと思います。

この方法で、9割上の方が、ビジョンを見つけることができていますし、あえて書きませんが、かなりの割合の人が、ビジョンを実現しています。

お申し込み

 

ビジョンや目標が大切と口で言っているだけでは、実現しない

ビジョンや目標が大切。よく言われます。しかし、その見つけ方もいまいちよくわかりません。

そして、見つけても、実現する方法は、さらによくわかりません。

大切と口で言っているだけでは、実現しないですよね。

適切に行動することが大切なのですが、 ここがよくわからない。だから、実現できない。

自分がよくわかっていないことをできる人は、天才ですよね。 そうでない人は、やはり方法を知って、行動することが必要でしょう。

 

うまくいく人とうまくいかない人の違い

うまくいく人とうまくいかない人の違い。いろいろと違うことがあると思います。

一番違うのは、行動が違うのですよね。やっていることが違う。だから、結果が変わる。

しかし、うまくいかない人は、うまくいく方法を知らないから、なかなかできない。こういうことだと思います。 

ここがわかって、できるようにする。これが、うまくいくかどうかの分かれ目なのでしょう。

今年そしてこれからうまくいくようにするために、ビジョン、アクションプランを考えたい方は、お申し込みよりどうぞ。

お申し込み

なぜ、「ビジョン」や「やりたいこと」が見つからないのか?