読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

『生き方ー人間として一番大切なこと』稲盛和夫。人生の方程式。【書評・感想】

ビジネス書・本の書評 自分 考え方

『生き方』稲盛和夫

京セラ創業者の稲盛和夫氏の著書です。

『生き方』ということで、まさに稲盛和夫氏が考える生き方について書かれています。自分の生き方を考えたい方が読むと、生き方や、人生、仕事との向き合い方などいろいろと考えさせられる一冊です。

副題に、「人間として一番大切なこと」とあります。人間としてどう生きるのか。生き方を考えたい方は読んでみると良い本ですね。

わたしが、何度も再読している本の中の一冊です。読むたびに、考えさせられます。

生き方 [ 稲盛和夫 ](楽天ブックス)

『生き方』稲盛和夫(honto)

生き方―人間として一番大切なこと

生き方―人間として一番大切なこと

  • 作者: 稲盛和夫
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 単行本
 

刊行10年目にして100万部を突破した、不朽のロング・ミリオンセラー!二つの世界的大企業・京セラとKDDIを創業し、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が、その成功の礎となった「人生哲学」をあますところなく語りつくした一冊。夢をどう描き、どう実現していくか?人間としてもっとも大切なこととは何か?――サッカー日本代表の長友佑都選手、野球日本代表監督の小久保祐紀氏などトップアスリートも座右の書としてその名を挙げる、「究極の人生論」。

 

簡単にではありますが、本書『生き方』稲盛和夫の内容や感想などをまとめておきたいと思います。 

『生き方』の目次

プロローグ(混迷の時代だからこそ「生き方」を問い直す
魂を磨いていくことが、この世を生きる意味 ほか)
第1章 思いを実現させる(求めたものだけが手に入るという人生の法則
寝ても覚めても強烈に思いつづけることが大切 ほか)
第2章 原理原則から考える(人生も経営も原理原則はシンプルがいい
迷ったときの道しるべとなる「生きた哲学」 ほか)
第3章 心を磨き、高める(日本人はなぜその「美しい心」を失ってしまったか
リーダーには才よりも徳が求められる ほか)
第4章 利他の心で生きる(托鉢の行をして出会った人の心のあたたかさ
心の持ち方ひとつで地獄は極楽にもなる ほか)
第5章 宇宙の流れと調和する(人生をつかさどる見えざる大きな二つの力
因果応報の法則を知れば運命も変えられる ほか)

 

人生の方程式。考え方のベクトルが人生の方向を決める

まず最初にあげたいのは、「人生の方程式」です。つまり、プロローグで紹介した「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」という方程式で表される法則です。この式のなかでもっとも重要なのは、「考え方」というファクターです。

 

人生の方程式。

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力。

考え方と熱意と能力のかけ算が、人生や仕事の結果になる。こういうことです。

そして、とくに考え方が大切ということです。これは、考え方にはマイナスがあるからです。

熱意や能力がどんな優れていても、「悪」を行いたいと考えている人は、結果がマイナスになる。こういうことがあるので、考え方がとくに大切というわけです。

 

生き方は、考え方で変わってくる

生き方は、考え方で変わってくる。これは、いろいろなところで言われていることです。人間は、たいてい自分が考えたとおりに動きますから、その考え方で生き方は変わりますよね。

だから、生き方では、考え方が大切ということです。

もちろん、熱意や能力、大切でしょう。ただ、それは、そう簡単には伸ばせないというのがあると思います。時間をかけて伸ばしていくことが必要です。

 

しかし、考え方は、一瞬で変えられますし、選べますよね。 変えようと思いさえすれば。

これまで、悪事を働いたとしても、これからは、人のためになることをしようと思うことはできます。自分が決めればいいだけですから。

能力は、伸ばすと決めても、すぐには伸びないでしょう。時間がかかります。

だから、どう考えるか。考え方は、生き方において、とても大切なことになるわけです。

 

生きる姿勢、人格

たとえば、生き方において考え方がどう大切かというと

ここでいう考え方とは、生きる姿勢、つまり哲学や思想、倫理観などのことであり、それらを包含した「人格」のことでもあります。謙虚という徳もその一つに数えられるでしょう。その人格がゆがんでいたり、邪なものであれば、いくら能力や熱意に恵まれようがーーいや恵まれているほどーーもたらされる結果の「負」の値は大きくなってしまうのです。

こういうことです。

生きる姿勢・考え方が、マイナスだと、結果もマイナスになる。こういうことです。

 

生き方は心磨き

だとすると、どういう考え方をすると良いのでしょうか?それは心を磨くことだということです。

考え方は、心なので、心を磨けば良い。

生き方は、心磨きというわけです。

では、どうしたら、心は磨かれるのでしょうか?稲盛氏は、以下のように言っています。

日々の労働によって心は磨かれる

私たちが自分の人間性を向上させたいと思ったとき、そこにむずかしい修行などは必要ありません。ただ、ふだんの暮らしの中で自分に与えられた役割、あるいは自分が行うべき営為をーーそれを会社の義務であろうと、家事であろうと、勉学であろうとーー粛々と倦まず弛まず継続していくこと。それが、そのまま人格練磨のための修行となるのです。

 すなわち、日々の労働の中にこそ、心を磨き、高め、少しでも悟りに近づく道が存在しているということです。

毎日の労働の中で、心は磨かれるということです。

これは、日々の生活の中で、とも言えると思います。それは、趣味であろうと、仕事だろうと、自分が心を磨こうと思えば磨けるということです。

結局、生活の中でやることすべてで、心や考え方、人格は磨ける。

そう考えると、生き方として、心を磨くには、生活にどう向き合うかなのではないでしょうか。日々の生活で、どう考えて向き合うか。ここが、考え方を変えて、心を磨いていく場となる。こういうことですね。

 

ちなみに、働き方については、稲盛和夫氏は、こちらの本に詳しく書いています。

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」稲盛和夫【感想書評】

働き方 [ 稲盛和夫 ](楽天ブックス)

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

  • 作者: 稲盛和夫
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2009/04/02
  • メディア: 単行本
 

  

生き方は、考え方で変わる

繰り返しになりますが、生き方は、考え方で変わるところが大きい。

仕事は、食べるためにやる。そう考えれば、そうなるでしょう。仕事は、自分の人格を磨くため、人の役に立つためにやる。そう考えれば、そこに近づくでしょう。

趣味でも遊びでも、これは同じだと思います。

やることすべて、考え方で向かっていく方向が変わっていく。

どういう人生を生きたいのかを考えて、自分の考え方を選ぶ。生き方では、ここが重要になるわけです。 

 

『生き方』稲盛和夫

生き方 [ 稲盛和夫 ](楽天ブックス)

『生き方』稲盛和夫(honto)

生き方―人間として一番大切なこと

生き方―人間として一番大切なこと

  • 作者: 稲盛和夫
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 単行本
 

生き方。人生。

簡単に語れるものではないかもしれません。経験していく中で、生き方がわかっていく。そういうこともあるでしょう。

一方で、「生き方」をわかっていれば、大切なことを大切にすることができて、より良く生きることができるはずです。 

すべてが本書のとおりと思うことはないと思います。しかし、人生の方程式にあるように、考え方で生き方が変わってくるとしたら、どういう考え方があるのかを知っておくと、人生の方向性が変わることでしょう。そして、きっと、人生の結果も変わってくる。向かう方向が違えば、同じ結果にはならないでしょうから。

そういう意味で、この稲盛和夫氏の『生き方』は、読んでおきたい一冊ですね。

 

経営者や起業したい方は、こちらの『京セラフィロソフィ』を読んでみると良いと思います。書かれていることの基本は同じですが、稲盛氏が京セラの哲学として書かれているので、より経営者として、どうやって経営していくかということがわかります。 

京セラフィロソフィ [ 稲盛和夫 ](楽天ブックス)

京セラフィロソフィ

京セラフィロソフィ

  • 作者: 稲盛和夫
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2014/06/04
  • メディア: 単行本
 

ビジネスパーソンであれば、『生き方―人間として一番大切なこと』を、まずは読んでみると良いですね。

関連記事

リーダーの役割10カ条『人を生かす』稲盛和夫【ビジネス本・読書】