読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

ミニマリストの次は?「ぼくたちに、今いいモノが必要だ」いいモノリストが欲しい

自分

今年は、ミニマリストが、新語・流行語大賞の候補になったり、本が売れたり、テレビで取り上げられたり、ブログも増えたりと、話題でしたね。

これが、このまま続くということもあるかもしれませんが、さすがに2016年の流行語大賞の候補にはならないのではないでしょうか。

そうなると、次はどうなるのか、ということが気になる人もいるかもしれません。わたし自身はミニマリストではないのですが、ちょうどいい感じをいつも探していて、「シンプル」な感じが良いと思っています。

 

f:id:kobabiz:20151222140617j:plain

ぼくたちに、今いいモノが必要だ

去年(2014年)は、あまりモノは買っていません。MacBook Proを購入して、それが大きな買い物でした。今年(2015年)は、こまごまとしたモノを、買うことが多かったです。

2015年に買って良かったもの「10個」 - ビジョンミッション成長ブログ

買ってみて思うことは、やはりいいモノがあると便利だったりします。

だから、個人的には、モノが必要ないというよりは、いいモノが必要というか、いいモノがあると、いろいろと変わってくると感じています。

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -』(楽天ブックス)

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

  • 作者: 佐々木典士
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2015/06/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

いいモノがあると、便利

わたしは、ここ数年、デジタル化していまして、紙のノートや資料をあまり使わないようになっていました。

無印良品のB6のノート「上質紙滑らかな書き味のノート」がいい感じ

なんとなく、紙のノートで書きたいことが出てきたので、B6のノートを購入したら、持ちやすかったり、思考の整理に良かったりと、いい感じでした。

それから、手書きでデジタルメモ帳ができたら良いなという想いがまた出てきて、MacBook Airの代替にもならないかとiPad Air 2を欲しくなって、買ってみたら、また良い感じで使っています。

iPad Air2の購入の理由と購入までの思考過程

iPad Air2なら良いかも 解像度ということだと、iPad Air 2なら良いかもしれない。解像度的には、悪くはないです。重さも、ノートパソコンよりは軽い。価格も、ノートパソコンよりは安い。 ただ気になるのは、文字入力です。タブレットは、文字入力がちょっとやりにくいです。しかし、Bluetoothキーボードを使えば、文字入力は何とかなるかもしれない。

iPad Air2の購入の理由と購入までの思考過程 - ビジョンミッション成長ブログ 

iPad Air 2

 

「アウトプット」の質が変わる

こういった良質の道具に囲まれていると感じることは、道具でアウトプットの質が変わるというのがあります。

モノが必要ないのではなくて、いいモノが必要なのだと思います。必要という言葉が強すぎるなら、いいモノがあると良い。そういう感じですね。 

それも、あとで必要なのではなくて、今あると良いですね。

 

「いいモノ」に出会うと、エネルギーがもらえる

いいモノを観るとエネルギーになる。スター・ウォーズ7、松任谷由実、サッカークラブワールドカップ、下町ロケット 

いいモノを観ると、行動のエネルギーになる。こういうのはありますね。 「いいモノエナジー」とでもいうのか、いいモノが、パワーの元となる。 行動や創作、クリエイティブなことをしたくなる。そういうのがあると思います。

いいモノを観るとエネルギーになる。スター・ウォーズ7、松任谷由実、サッカークラブワールドカップ、下町ロケット - ビジョンミッション成長ブログ

また、物ではないですが、「いいモノ」「いい作品」を観ると、行動のエネルギーになります。

そして、それは、物も同じですね。それらが、きっと効率性などを実現したくれたりします。 

 

「いいモノリスト」が欲しい

これは、語感なのですが、ミニマリストより、「いいモノリスト」が欲しいです。おすすめのモノのリストが、あると良いですね。

ブログ記事の「今年買って良かったもの」が参考になったりするのは、やはりいいモノを知ると、生活などが変わるというところがあるからでしょう。

 

ミニマリストの次がどうなるのか、ミニマリストにしてみれば、続けるから関係ないことかもしれませんし、ミニマリストでないのなら、あまり気にならないことかもしれません。

 

「いいモノリスト」が、いろいろと出てくると、おもしろいというか、いいモノを見つける参考になる。 そう思うので、そういうのをまとめられるサイトなどがあると良い。そんなこと思います。 

ミニマリストの次は?

というのはあるのですが、2016年にはどんなトレンドが登場するでしょうね。

「断捨離からミニマリストへ」と、上の本ではなっていますが、ミニマリストから何になるのか?

リアリスト(現実主義者)、アイデアリスト(理想主義者)。◯◯リストではなくて、なにか違うものになるかもしれません。どんなトレンドが来るでしょうか?

いずれにしても、「幸せな人」がもっと増えると良いなと思っています。自分も周りの人ももっと幸せにするワークショップを考えました。幸せな成功に興味がある方は、ぜひご参加ください!

「幸せかけ算ワークショップ」2016年1月 - ビジョンリーディング | Doorkeeper

こんな記事を書いておいて、なんですが、未来は予想しても、なかなか当たらなかったりします。自分で理想の未来を作っていく。トレンドはトレンドとして、そういう、未来「クリエイター」になれると良いのでしょうね。

くらしの良いモノ・ベストアイデア2015 (100%ムックシリーズ)

くらしの良いモノ・ベストアイデア2015 (100%ムックシリーズ)

  • 作者: MONOQLO編集部,LDK編集部
  • 出版社/メーカー: 晋遊舎
  • 発売日: 2015/02/14
  • メディア: ムック