読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

楽天モバイルの月額料金、SIMカードの価格、MNP、解約。評判。端末【格安SIM・格安スマホ】

格安SIM・MVNO

格安SIM、格安スマホで最近気になっているのが、楽天モバイルです。以前から気になっていたのですが、楽天のポイントがもらえるので気になっていました。

今は、いろいろ格安SIMを使っていて満足しているのですが、変えるとしたら、どんな感じなのか知りたいので楽天モバイルを調べてみました。

【楽天モバイル】

f:id:kobabiz:20160507102543p:plain

 

楽天モバイルの月額料金、SIMカードの価格、MNP、解約。評判。端末【格安SIM・格安スマホ】

SIMカードの価格・事務手数料

楽天モバイルは、SIMカードを購入というわけではなく、事務手数料が、3000円かかりますね。

月額料金が、初めの月は無料だそうです。そう考えると、月初に使い始めるとお得ですね。

SIMカード再発行/サイズ変更/交換は、4000円とのこと。

このあたりは、格安SIMでは、だいたい似たようなところですね。

 

楽天モバイルの月額料金

 データSIM通話SIM通信速度
SMSなしSMSあり
ベーシックプラン 525円 645円 1,250円 200Kbps
3.1GBプラン 900円 1,020円 1,600円
下り最大
225Mbps
上り最大
50Mbps
5GBプラン 1,450円 1,570円 2,150円
10GBプラン 2,260円 2,380円 2,960円

楽天モバイルでは、3つのプランがあるということです。ベーシックプランは、通信速度が200kbpsなんですね。

3.1GBプラン、5GBプランは、10GBプランは、下り225Mbpsが最大ということです。

 

データSIMで、3.1GBプランが900円、5GBプランが1,450円、10GBプランが2,260円ということです。

通話SIMで、3.1GBプランが1,600円、5GBプランが2,150円、10GBプランが2,960円ということです。

格安SIMの平均的な価格でしょう。高くもないですが、安くもない、楽天モバイルの月額料金は、そんなところですね。

 

月額料金、100円につき楽天ポイント1ポイントつくというのもあるそうです。楽天は、楽天市場のポイントがつくのがお得ですよね。

 

楽天モバイルの通話SIMを申し込むと楽天ポイントが「2倍」に

楽天モバイルの通話SIMを利用すると、楽天ポイントが+1倍ということで、楽天市場で買い物をするとついてくる楽天のポイントが「2倍」になるようです。

 データSIMでは、残念ながら、ポイントが付加されません。

楽天市場で買い物を良くする人には、ここはお得ですよね。2倍というのか、1倍プラスされるというのか、1%分プラスされるということだと思います。

【楽天モバイル】

MNPも可能

MNPも可能です。転入も転出も可能ですね。

楽天モバイルから他社への転出には、手数料が3,000円かかるとのこと。

 

データ容量くりこし

データが余った分は、翌月にデータ容量のくりこしができます。3.1GBプランで今月1GB余ったとしたら、来月は、3.1GB+1GB=4GBということになります。

余った場合は、翌月だけですが、繰り越せます。

 

データチャージ・容量追加パック

データ容量がなくなっても、通信したいなら、100MBで300円ということです。有効期限は、3カ月とのこと。

 

楽天でんわ・5分かけ放題オプション

楽天でんわの、5分かけ放題オプションというものが、月額850円(税別)で利用できます。楽天モバイルの専用オプションということですね。5分以内の国内通話は、回数無制限でかけ放題ということです。

格安SIMで電話のかけ放題オプションはあまりないので、電話をよくかける人には良いかもしれません。

 

楽天モバイルの解約手数料

通話SIMを12ヶ月以内に解約した場合は解約手数料9800円がかかるとのこと。データSIMは、解約手数料はないようですね。

このあたりも、他社の格安SIMと変わらないようです。

 

楽天モバイルの速度などの評判

このところ、速度がいまいちという話でしたが、以前よりはよくなったという話も見かけますね。一方で、4月以降、いまいちになっているという話も見かけます。

場所によるのかもしれません。速度を気にする人は、ちょっと使うのを躊躇するところがありそうですよね。

いずれにしても、お昼時はやはり遅いようです。これは、ドコモ系のMVNOでは多いですね。仕方がないところなのかもしれません。

お昼にたくさん使いたい人は、格安SIMはやめたほうがいいかもしれませんね。今速くても、いつ遅くなるかはわかりませんし。逆に、昼時に使わないなら、格安SIMは、ありだろうと思います。

 

楽天モバイルはスマホ端末の選択肢が多い

楽天モバイルは、格安SIMを提供しているなかでは、スマホ端末の選択肢が多い印象があります。

Arrows RM02やAQUOS SH-RM02などの定番の機種はもちろんですが、VAIO Phone BIZやhonor 6 Plusなども扱っています。このあたりは、楽天モバイルの魅力の一つだろうと思います。スマホは自分で用意すれば良いのですが、よくわからないという人には、選択肢もそれなりにあって安心なのではないでしょうか。

iPhoneでも使うことはできますね。ドコモ向けのiPhoneやSIMフリーのiPhoneか、SIMロック解除すると使えますね。

iPhoneとAndroidの比較・違い、どちらがいい?2台持ちは?

iPhoneとAndroidの違い、どちらがいい? iPhoneとAndroidの違いを比較して簡単に書いてみました。正直、昔ほどの違いはないと感じています。だいぶ両者が似てきました。ハードがAndroidのほうが、いろいろできる。そういうところがありますね。また、格安スマホもあるので、格安SIMと合わせると安く済ませられるというのもあります。 iPhoneは、ハードとしてできることが限られているけれど、あまり考えないで使える。スマホに詳しくない人は、iPhoneが良いかもしれません。

iPhoneとAndroidの比較・違い、どちらがいい?2台持ちは? - ビジョンミッション成長ブログ

楽天モバイルのまとめ

楽天市場のポイントがもらえるというのが、楽天モバイルの魅力でしょう。そこまで多くはないですが、楽天市場をよく利用する人には、楽天モバイルは選択肢になると思います。わたしも、結構楽天市場をよく使うので、今回楽天モバイルを調べてみました。

スマホの端末も、格安SIMを扱っている企業の中では、選択肢が多いほうです。ここも良いですよね。

あとは、通信速度でしょうか。もう少し安定して、速度が出るようなら、個人的には選択肢になってくるかなと思います。

【楽天モバイル】