読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

「手帳」より「ノート」と「iPhone」で目標管理やスケジュール管理をするとラクでいい感じ

自分 仕事術 iPhone

手帳の季節ですね。書店や文房具店などで、手帳がいろいろと売られています。

雑誌も手帳特集をしていたりしますね。いろいろと手帳があるんだなと思いますし、人それぞれ違った使い方をしているというのがわかるので、こういうのを見るのは楽しいですね。

日経ビジネスアソシエ2016年11月号

日経ビジネスアソシエ2016年11月号

  • 作者: 日経ビジネスアソシエ
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/10/08
  • メディア: 雑誌
 
日経WOMAN2016年11月号増刊 特別版

日経WOMAN2016年11月号増刊 特別版

  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2016/10/07
  • メディア: 雑誌
 

今年は、手帳を久しぶりに使ってみようかと思って、しばらく使っていました。

手帳・カレンダーは日曜日始まりがいい?

ただ、手書きは良いところもあるのですが、やはりわたしには合っていないというか、スケジュール管理には、iPhoneやスマホのほうが楽なので、来年は手帳はやめようと思っています。

手帳よりノートとiPhoneで目標管理やスケジュール管理をするとラク

ノートに目標管理や長期の計画を書く 

今は、ノートに目標や長期の計画を書くようにしています。手帳に書くというのもありなのですが、いろいろと考えていることを書いたり、追加していきたいので、ノートのほうが、自分で表を書いたりできるので、ノートを使っています。

B6のノートを使っていますが、少し小さいので、B5などでも良いかなと思ったりもしています。

手帳だと、目標や計画を書くところが狭く書き足したくても、スペースが足りなくなったりしますし、過去の目標を残したままで追加していきたいのですが、そういう場合に使いにくかったりします。

ノートだと、こういうことをあまり考えないで良いので、ノートを1冊、目標や計画に使ったほうが良い感じになっています。

目標を手帳でなくノートに書くようにして良かったこと3つ・目標ノート

スケジュール管理、タスク管理はiPhone、スマホ、デジタルが楽

手帳でスケジュール管理をするというのもありなのですが、やはりスケジュールやタスクの「繰り返し」や「リマインダー」などはできません。

そう考えると、iPhoneやスマホ、パソコンでGoogleカレンダーを使うほうが楽ですよね。

手帳の良いところは、さっと書けるところというのはあると思います。そういう意味で、手書きはノートなども含めて良いと思うのですが、スペースが足りなかったり、コピペができないといったことがありますね。

日常のタスク管理は、やはり手帳よりも、iPhoneアプリなどのほうが楽です。

iPhoneで「自己管理」のために使っているアプリ4つ+3

繰り返しなどに強いのが、デジタルなのではないかなと思います。検索もできますしね。

スピードなどは、手書きや手帳のほうが速い面もあるかもしれませんが、「繰り返し」や「リマインダー」ができないのは、ちょっと不便ですよね。

スケジュール管理に、手帳とスマホの二重管理は避けたい

そして、スケジュール管理に、手帳とスマホ、両方使うようにすると、ダブルブッキングや漏れなどが出そうです。スケジュール管理は、一元管理したいところですよね。

そうなると、手帳は、スケジュール管理としては、わたしにはちょっと合わないですね。

そう考えると、手帳を持っている意味は、あまりなくなってしまいます。

なので、スケジュール管理はiPhone・スマホで行っています。

長期計画や目標は、ノートがいい感じ

一方で、スマホだと、長期の計画などはあまりやりやすくはありません。そういうアプリがあると良いのですが、長期計画がしやすいiPhoneアプリはまだないなと思います。

わたしは、書いては直し、書いては直しと修正しますし、過去の計画や目標は残しておきたかったりするので、アプリで変更してしまうと、過去の計画などは見られなかったりしますよね。

そう考えると、ノートがぴったりなのだなと昨年思って、ノートに目標などを書き始めて、今年もやってみて、やはり良い感じでした。

なので、来年もそうする予定で、すでに来年のことも考え始めています。やっぱり良いですね。

四半期ごとの計画や、3年間、10年間の計画や目標ということを考えるのに、手帳やスマホよりは、ノートのほうが書きやすいですし、見やすいですね。

まとめ:短期はiPhone・スマホでデジタル、長期はノートでアナログ・手書きがいい感じ

わたしの場合は、短期の予定・スケジュール管理、タスク管理は、iPhoneスマホでデジタルで行うと良い感じです。そして、長期の目標や計画は、ノートでアナログ・手書きがいい感じですね。

おそらく、それぞれの良いところを使ってみると、こういう「ハイブリッド」になるのではないかなと思います。

「手帳術」と言われるものがありますが、そこで言われている、スケジュール管理や目標管理は、手帳で行うのは、今の時代にはどうなのかなと思いますね。散々いろいろな手帳を探しましたが、結局自分に合うものはなくて、自分で作るほうが良いなと感じますし、それは、手帳よりノートのほうがしやすいです。(システム手帳なども自分でリフィルを作るほうが良さそうですし)

アプリもいろいろと探しましたが、タスク管理とスケジュール管理以外は、やはりわたしには良いものがあまりないです。今のところは。

ということで、「ノート」で目標管理、「iPhone」でスケジュール管理・タスク管理をすると、手帳よりいい感じになりました。良い手帳があると良いのですけれど、なかなかそういうのはないので、こんなハイブリッドになっています。

しばらくは、こんな「ノート」と「iPhone」で、目標管理やスケジュール管理などのセルフマネジメントをしていくことになりそうです。

来年1年の目標を11月に考える。計画は12月中には作る。とスタートダッシュができて、目標達成しやすい

iPhone7とiPhone 7 Plus、どちらを買う?違いは?比較。「コンパクトさ」か「カメラ」か

iPhone7 Plus、シルバーが届きました。開封写真。ちょっとした感想