読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

古本買取、本を売るのはバリューブックス(Value Books)で売っています

Kindle・読書術 ビジネス書・本の書評

インプットでアウトプットや行動は変わってきますから、本などの情報は大切ですね。わたしは、本、ビジネス書などをたくさん読みます。こういったブログ、メルマガを書いています。

ビジネス書をビジネスのチカラに

たくさん読んできたので、家にはもう本を置くスペース・余裕があまりありません。さすがに、レンタルスペースを借りてまで、本を取っておこうとは思わないので、買い取ってもらっています。

f:id:kobabiz:20160107130512j:plain

古本買取・本を売るのはValue Booksで売っています

わたしが利用しているのは、バリューブックスです。

送料無料で高価買取 バリューブックス

 

宅配で、引き取りに来てくれます。ダンボールに入れておくと、持っていってくれるので楽です。

他にもこういうサービスをやっているところはありますが、意外と高値で買い取ってもらえるので、いいですね。

最近、他の業者も増えてきているようですが、以前から利用しているので、そのままValue Booksを利用しています。

 

発売から3カ月以内は、定価の30%以上で買取

バリューブックスは、本の発売から3カ月以内は、定価の30%以上で買い取ってくれます。もちろん、本の状態によると思いますが。

新刊をよく読む人には良いですよね。

読みたいと思う本は、発売されたら早めに読んでみて、不要だなと思うなら、売る・買い取ってもらう。

そうすれば、少し「お得」になりますね。

 

Kindle・電子書籍は?

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

  • 出版社/メーカー: Amazon
  • 発売日: 2015/06/30
  • メディア: エレクトロニクス
 

最近は、紙の本ではなく、Kindleや電子書籍もあります。

本の場所を取らないので良いですよね。ただ、紙の本と同時発売ではない本もあったりします。Kindleのほうが少し安いことが多いですが、紙で買って、買取だと価格は、あまり変わらなかったりしますね。

このあたりは、好みの問題だったりしますが、選択肢として、古本の買取も知っておくと良いですよね。

 

再読にKindle・電子書籍

わたしの場合は、よく読み返す本は、電子書籍をあらためて買っているものもありますね。持っている本は、さすがに再度買ったりはしませんが。

再読の場合は、Kindleが便利というか、場所を取らないのでいいですよね。Kindleの良いところは、安くて置き場所に困らないというところです。本の整理などを考えなくて良いのがいいところでしょう。

ただ、読むのは、紙の本のほうが、速く読めるというのはあります。一方で、たくさん読むと、紙の本は置き場所に困る。だから、まとめて買い取ってもらうというのは、いいですね。

 

紙の古本は、買取もあり

Amazonなどで、自分で売ると、もっと高く買ってもらえるとかあるのでしょうけれど、発送などが面倒なところがありそうなので、わたしは、ネットで買い取ってもらっています。

ということで、紙の古本は、買取を利用するというのもありですね。読まない古本を持っていても仕方がないところがありますから、部屋のスペースの有効利用ということだと、やはり古本を売る、買い取ってもらうというのはいいですね。

あと、バリューブックスは、ときどき、買取金額がアップしたりもします。そういうときを狙って、買い取ってもらうというのも良いでしょう。 

送料無料で高価買取 バリューブックス

2015年読んで良かったおすすめビジネス書・本15冊