読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

Appleが、WWDC 2016で、watchOS、tvOS、macOS、iOSのアップデートを発表

iPhone Mac Apple Watch

Appleが、WWDC2016で、watchOS、tvOS、macOS、iOSのアップデートを発表しました。

かなり盛り沢山なWWDCでしたね。ただし、ハードウェアの発表はなく、OSやアプリなどだけでしたが。

f:id:kobabiz:20160608094441j:plain

Appleが、WWDC2016で、watchOS、tvOS、macOS、iOSのアップデートを発表

Appleが、WWDC  2016で、watchOS、tvOS、macOS、iOSのアップデートを発表しています。

今回は、OS自体が増えたこともありますし、iOSがバージョン10ということで、大きなアップデートということで、結構いろいろとありましたね。以下、簡単に紹介しておきます。

正式版の登場は、秋ということです。 

watchOS 3

Apple WatchのOSも、watch OS 3とバージョンが3になります。

アプリの起動が高速に

パフォーマンスが向上するということで、アプリ起動の待ち時間を大幅に短縮する「Instant Launch」で、アプリの起動がかなり速く起動するようになるということです。今のApple Watchは、待ちますからね。アプリの起動が速くなるというのは、とてもいいですね。

「Dock」機能

サイドボタンで、お気に入りのアプリを並べて表示する「Dock」機能が付きます。サイドボタンを押すと、お気に入りのアプリをすばやく選べますね。

また、下からスワイプで「コントロールセンター」を呼び出せるということです。

手描き文字認識機能「Scribble」

また、手書きの文字認識機能が搭載されます。これまでは、音声入力でしたが、スクリーンをなぞると、文字が書けますね。リリース時は英語と中国語のみということのようです。

日本語にも早く対応して欲しいものです。

文字盤

文字盤に「ミニーマウス」が追加されます。また、アクティビティを表示する文字盤3種も追加されるとのこと。
数字を使ったシンプルな文字盤「Numerals」も追加されます。

「Edge to Edge」スワイプによる文字盤の選択も可能になるとのこと。

「SOS」アプリ

SOSということで、救急車を呼ぶための電話を、サイドボタンの長押しで自動的に発信するとのこと。海外旅行中も現地の番号に対応・

アクティビティ

家族や友達と共有する「Activity Sharing」で、アクティビティをシェアできます。

車椅子ユーザーへの対応

車椅子による活動を検知して、「スタンド」の代わりに「ロール」で活動を促進するとのこと。

「Breathe (ブリーズ)」アプリ

深呼吸による緊張・ストレスの緩和が可能になる、Breatheアプリが追加されます。

その他の新機能

「Home」アプリによるHomeKitデバイスの操作が可能になるとのこと。
また、Macの自動アンロック(パスワード入力の省略)ができるそうです。これは便利ですね。

 

tvOS

Siriで操作がより簡単に

Siriからアプリを起動してライブを視聴することができるということです。

Apple TV経由でHomeKit端末をSiriで操作可能に

また、Apple TV経由でHomeKit端末をSiriで操作できるとのこと。

シングルサインオン機能

サブスクリプションサービスへのシングルサインオン機能が利用できるようになるそうです。1つのアプリで認証を済ませれば、他のアプリでは認証プロセスを省けるとのこことです。アプリ側での対応が必要。

iPhoneからの操作も簡単に

iPhoneのリモコン機能も向上し、iPhoneのSiriやキーボードでApple TVを操作できるようになるそうです。

 

macOS Siera

OS Xから、macOSに名称が変わって、他のOSと統一感が出ましたね。そして、今度のバージョンの名前は、Sieraということです。

そして、Siriに対応します。MacだけがSiriに対応していませんでしたが、ようやくですね。

「オートログイン」

「Apple Watch」を付けているだけで自動的にログイン可能になるとのこと。便利です。

「ユニバーサルクリップボード」

iPhoneやiPadなどiOSデバイスとクリップボードが共有可能になり、テキストだけではなく写真や動画も対応するそうです。

ストレージの最適化

使用頻度の低いファイルや削除するべきファイルを自動的に判別し、ストレージ容量を節約するそうです。これもいいですね。ただ、必要なファイルは削除してほしくないですが、このあたりは設定で変えられるのでしょうか。

デスクトップをMac同士で共有可能に

「iCloud Drive」を介してデスクトップをMac同士で共有できるということです。

iOSデバイスからもアクセス可能になります。

「Apple Pay」のブラウザ対応

Apple Payがブラウザの決済に対応します。決済時はiPhoneの「Touch ID」を利用して認証して、支払いということです。iPhoneが「財布」代わりのようになりますね。

すべてのアプリのタブ化に対応

アプリがタブ化することが可能になったそうです。たとえば、地図アプリもタブで2つ開くなどできるようです。これは地味に便利ですね。

思うのですが、アプリごとだけではなく、タブにいろいろと別のアプリをまとめられると便利そうですよね。今後は、そういう機能を期待したいところです。

動画のピクチャ・イン・ピクチャ対応

YouTubeアプリで再生中の動画をスワイプで縮小しながら他の動画をチェックできるということです。デスクトップ上で移動もさせられます。

MacがSiriに対応

MacがSiriに対応します。Siriでファイル検索、メッセージの返信などが可能になります。音声でできることが増えそうですね。 

macOS Sierraが登場。MacBook Airをアップデート。Siriやユニバーサルクリップボードなどの新機能が使えるように

iOS 10

iOS 10ということで、「大きな変更」がありますね。主に10の変更があるということです。

ロックスクリーン

デバイスを持ち上げるとロック画面が表示される「Raise to wake」機能。持ち上げると画面がオンになるようですね。地味に便利そうです。

ロック画面の通知がインタラクティブになります。通知からそのまま対応できる機能が付いているようです。

コントロールセンターのデザインが変更されています。見やすくなった感じですね。

コントロールセンターに音楽用の専用ページを追加しているとのこと。
「右端からスワイプ」でカメラを起動可能です。「左端からスワイプ」でウィジェットを表示できます。

Siri

SiriのAPIをサードパーティアプリに解放されるそうです。対応したアプリで、Siriでいろいろとできるようになりそうですね。

声での操作が簡単になりそうです。

QuickType

Siriのアシストによる入力ができるそうです。Siriのサポートが有るという感じです。
また、2つの言語を同時に入力可能とのこと。

写真

写真を地図に表示可能になります。

「Computer Vision」による画像解析で、顔・オブジェクト・シーンを認識するとのこと。
そして、人工知能で写真をまとめる「Memories」という機能があり、写真から音楽付きの動画を簡単に造ってくれるということです。

Maps

Mapは、操作のサジェスト機能が搭載されるそうです。スケジュールの内容を反映し、候補地をインテリジェントに案内してくれるとのこと。

ナビゲーション中の渋滞情報やナビゲーションのリルートも提案してくれるようです。

Apple Music

Apple Musicは、デザイン、UIが刷新されました。

歌詞が表示されるそうです。いいですね。

タブも「Library」「For You」「Browse」「Radio」「Search」と変わるそうです。

News

Newsもデザインが変更されています。
サブスクリプション(購読)もNewsから可能とのこと。
速報の通知機能もあるそうです。

HomeKit

新しい標準アプリ「Home」が追加され、コントロールセンターからも制御可能だそうです。「自動的に」オンオフなどもしてくれるようで、便利そうですね。

電話

ボイスメールをテキストに変換可能になるとのこと。これも良さそうですね。Siriからボイスメールを送ったり、読んだりすることできたら良いですね。

電話帳にVoIPアプリの連絡先を登録することもできるということです。

メッセージ

メッセージは、大きく変わりますね。

カメラと写真のUIを変更しています。
絵文字のサイズを3倍に拡大されるとのこと。
また、絵文字のサジェスト機能も追加されます。テキスト→絵文字の翻訳機能があるということです。
バブルエフェクトという、エフェクトが可能になります。
インビジブルインクという、スワイプで見ることができるメッセージを送れます。
全画面エフェクトもできるとのこと。
そして手書き機能も追加されます。

まとめ:watchOS、tvOS、macOS、iOSのアップデート

WWDCということで、ハードウェアの発表はありませんでした。潔いですね。こうなってくると、新しいiPhoneやMac、iPadなどは、まとめて今後の発表になるのでしょうか。

それにしても思ったのですが、これらのアップデートは、無料なんですよね。ハードが収益源だから、他はだいたい無料というのも、ある意味わかりやすいAppleの戦略ですね。

これらが、いろいろと連携してiPhone、Macも便利になりそう。Siriも楽しみ。Apple Watchも速くなって良さそう。そんな印象を受けた、WWDC 2016でした。

iPhone iPad Mac Apple Watch

iPhone 6s Plusのレビュー。iPhone 6、iPad miniなどとの比較

iPad Pro 9.7インチとApple Pencilは「デジタルノート」にできる【感想・レビュー】