ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。


 iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの予約状況。在庫確認。入荷状況まとめ。ドコモ、au、ソフトバンク、Apple公式サイト。家電量販店の予約状況は?
AirPods Proが発売。主なスペック。ノイズキャンセリング。IPX4の耐汗耐水。シリコン製イヤーチップ採用
 新型iPad Pro 11、12.9インチどっちがいい?違い、比較。スペック。使い分けなどと
 MacBook Pro 13インチと15インチ、どっちがいいか?2019年。スペック比較、これまで使ってきて感じていること
 iPhoneXS Max ゴールドを購入。写真。開封の儀。感想・レビュー。ファーストインプレッション
 iPad Pro(2018)の11インチ、Cellularモデルを購入しました。開封写真。レビュー、感想。購入理由など
 Macノートパソコン。おすすめは?どれがいい?2018年。比較まとめ。MacBook、MacBook Pro、MacBook Air
 おすすめの本・ビジネス書を2015年に読んだ良書から15冊


AirPods ProとWF-1000XM3とのスペック、機能比較。違いなどまとめ

AirPods Proが発売されました。

AirPods Pro - Apple(日本)

AirPods Pro(Amazon)

AirPods Pro(ビックカメラ) icon

 

AirPods Proは、ノイズキャンセリング機能を搭載するなど、改善されています。

AirPods Proが発売。主なスペック。ノイズキャンセリング。IPX4の耐汗耐水。シリコン製イヤーチップ採用 - ビジョンミッション成長ブログ

 

気になるのは、似たようなソニーのワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン、WF-1000XM3ですよね。

WF-1000XM3(ソニーストア) icon

WF-1000XM3(Amazon)

WF-1000XM3(ビックカメラ) icon

  

以前、AirPodsとWF-1000XM3の比較記事を書きました。

AirPodsとWF-1000XM3、どちらがいいか?比較。仕様スペック。良いところ、いまいちなところ

また、AirPods Proは入手していませんが、スペックや機能の比較をしておきたいと思います。

↓ 購入しました。開封写真と簡単なレビューです

AirPods Pro購入。開封写真。iPhoneとのペアリング。簡単な感想・レビュー

  

AirPods Pro

 

AirPods ProとWF-1000XM3とのスペック、機能比較

まずは、AirPodsとWF-1000XM3の主なスペックについてまとめておきます。

AirPods Proの主なスペック

オーディオ テクノロジー アクティブノイズキャンセリング
外部音取り込みモード
アダプティブイコライゼーション
均圧のための通気システム
専用の高偏位Appleドライバ
専用のハイダイナミックレンジアンプ
センサー デュアルビームフォーミングマイクロフォン
内向きのマイクロフォン
デュアル光学センサー
動きを感知する加速度センサー
音声を感知する加速度センサー
感圧センサー
チップ H1ベースのSiP(System in Package)
コントロール 1回押して再生、一時停止、電話に応答
2回押して次の曲にスキップ
3回押して前の曲にスキップ
長押しでアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え
「Hey Siri」と話しかけるだけで、曲の再生、電話の発信、経路のチェックなどの操作が可能
耐汗耐水性能 耐汗耐水性能(IPX4)
サイズと重量 高さ:30.9 mm 幅:21.8 mm 厚さ:24.0 mm 重量:5.4 g
ケースのサイズと重量 高さ:45.2 mm 幅:60.6 mm 厚さ:21.7 mm 重量:45.6 g
充電ケース Qi規格の充電器とLightningコネクタに対応
バッテリー AirPods Pro
1回の充電で最大4.5時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間)
1回の充電で最大3.5時間の連続通話時間
AirPods Pro with Wireless Charging Case
24時間以上の再生時間
18時間以上の連続通話時間
充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間、または約1時間の連続通話時間
通信機能 Bluetooth 5.0
同梱物 AirPods Pro
Wireless Charging Case
シリコーン製イヤーチップ(3サイズ)
Lightning - USB-Cケーブル
マニュアル

 

WF-1000XM3の主なスペック

イヤホン

重量:約8.5 g×2
型式 密閉, ダイナミック
ドライバーユニット 6mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)

電源 DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間 約1.5時間
充電方法 USB充電(ケース使用)
電池持続時間(連続音声再生時間) 最大6時間(NC ON)/最大8時間(NC OFF)
電池持続時間(連続通話時間) 最大4時間(NC ON)/最大4.5時間(NC OFF)
電池持続時間(待受時間) 最大9時間(NC ON)/最大15時間(NC OFF)

Bluetooth

通信方式 Bluetooth標準規格 Ver.5.0

出力 Bluetooth標準規格 Power Class
最大通信距離 見通し距離 約10m
使用周波数帯域 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応Bluetoothプロファイル A2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデック SBC, AAC
対応コンテンツ保護 SCMS-T
伝送帯域(A2DP) 20Hz - 20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)

カラー プラチナシルバー、ブラック

 

これだけ見てもよく分からないかもしれませんね。

 

価格は、WF-1000XM3が安い

まず、一番わかりやすい価格から

 

AirPods Pro:27,800円(税別)

WF-1000XM3:25,800円(税別)

 

となっていて、WF-1000XM3のほうが安いです。家電量販店では、ポイントもついて、WF-1000XM3のほうがさらにお得でしょう。

ノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング


AirPods Proも、WF-1000XM3も、ノイズキャンセリング機能が搭載されています。

 

WF-1000XM3は、たしかに、少し周りの音が減るという感じがあります。

AirPods Proは、毎秒200回ノイズキャンセリングを調整するということで、どこまでなのか。

まだわかりませんが、同程度ではあるのかもと期待しています。

 

外音取り込み機能

外音取り込み機能は、AirPods Proにも、WF-1000XM3にもありますね。

AirPods Proはイヤホンを長押しすると外部音取り込みモードに切りかえることができるということです。

WF-1000XM3は、外部音取り込むレベルを調整できて、歩いている時や走っている時などユーザーの状況に応じて取り込みレベルを自動調整できる「アダプティブサウンドコントロール」があります。

自動で調整してくれるというのは便利です。 

 

そういう意味では、WF-1000XM3のほうが外音取り込み機能は良いかもしれません。

対応コーデック

対応コーデックですが、WF-1000XM3は、SBC, AACです。

AirPods Proは、まだわからないようですが、AirPodsと同様なら、SBC, AACですね。

 

このあたりは、同等なのかもしれませんね。

 

イコライザー

AirPods Proの「アダプティブイコライゼーション」機能は、耳の形に合わせて音質を自動調整するということですね。

H1チップで判断して、何かしてくれるのかもしれません。

WF-1000XM3は音質に調節するイコライザー機能があります。スマホのアプリから変更できます。

ボーカルを優先にするなどがありますね。

 

WF-1000XM3のほうが、自分好みにカスタマイズができます。

イヤホンの重さ

f:id:kobabiz:20191029115119j:plain

AirPods Proは、5.4グラム

WF-1000XM3は、8.5グラム。

 

これは、AirPods Proが軽いですね。やはり軽いほうが良いので、これは、AirPods Proが良さそうです。

WF-1000XM3は、ちょっと重い感じがあります。

 

ケースのサイズ、重さ

AirPods Proのケース:高さ:45.2 mm 幅:60.6 mm 厚さ:21.7 mm 重量:45.6 g

WF-1000XM3のケース:高さ:53.9 mm 幅:78.9 mm 厚さ:28.7 mm 約75グラム 

 

AirPods Proのケースのほうが小さくて軽いですね。

 

バッテリー持続時間

AirPods Proは、イヤホンだけで最大4.5時間、ケースを含めて24時間使用できます。

WF-1000XM3は、イヤホンで最大6時間、ケースを含めてAirPods Pro同等の24時間使用が可能ということです。

WF-1000XM3の方が1.5時間長く再生できますね。

AirPods Proの急速充電は5分間の充電で1時間再生できる。WF-1000XM3は10分充電で90分再生できる。

 

イヤーチップ

f:id:kobabiz:20191029120010j:plain

イヤーチップは、AirPods Proは、3つです。

WF-1000XM3は、7つです。 

 

イヤーチップの多さは、WF-1000XM3ですね。

 

ペアリングの容易さは、AirPods Pro

ペアリングの容易さは、まだ使っていないですが、AirPods Proでしょう。

AirPodsは、Mac、iPad、iPhoneと、すぐにペアリングしてくれます。

ペアリングの容易さは、AirPods Proですね。

 

WF-1000XM3は、設定が大変でした。

一度設定すれば、それなりに大丈夫なのですが、ときどき、ペアリングしてくれなかったりもしますし。

カラー

f:id:kobabiz:20190712161757j:plain

カラーは、WF-1000XM3は、ブラックとプラチナシルバーが選べます。

AirPods Proは、ホワイトのみです。

 

ブラックが選べるのは良いですよね。

WF-1000XM3のほうが、このあたりは良いでしょう。

 

ワイヤレス充電。充電ケーブル

ワイヤレス充電は、AirPods Proがケースで対応しています。ケーブルは、Lightningでの充電です。

WF-1000XM3は、USB-Cのケーブルで充電です。

 

ワイヤレス充電をしたいなら、AirPods Proですね。 

ただ、ケーブルでの充電は、Lightingになります。USB-Cが良いのなら、WF-1000XM3になります。

 

耐水性能

AirPods Proは、IPX4相当の耐汗耐水性能があります。

WF-1000XM3は、耐水性能はありませんね。

 

耐水を考えると、AirPods Proになります。

 

追記:音は、WF-1000XM3のほうがいい感じだと思う

AirPods Proを購入したので、しばらく音楽を聞きました。

音は、WF-1000XM3のほうがいい感じだと思います。

 

このあたり好みかもしれませんが、WF-1000XM3は、スマホのアプリで、イコライザーでエフェクトというか変えることができます。

AirPods Proは、今のところ、このあたりはできないですね。

AirPods Proはお手軽でいいところですが、音を好みに変えられないというのは、ちょっといまいちかもしれませんね。

AirPods ProとWF-1000XM3とのスペック、機能比較のまとめ・違い

まとめ

  • 価格は、WF-1000XM3が安い
  • ノイズキャンセリング機能は、互角?
  • 外音取り込み機能は、WF-1000XM3
  • 対応コーデックは同じ?
  • イコライザーは、WF-1000XM3
  • イヤホンの重さは、AirPods Pro
  • ケースのサイズ、重さは、AirPods Pro
  • バッテリー持続時間は、WF-1000XM3
  • イヤーチップは、WF-1000XM3
  • ペアリングの容易さは、AirPods Pro
  • カラーは、WF-1000XM3
  • ワイヤレス充電は、AirPods Pro
  • 耐水性能は、AirPods Pro

まとめると、こんな感じですね。 

こう見てくると、違いがわかってくるかなと思います。

 

主な違い

基本的に、Apple製品と使いたいなら、AirPods Pro

軽いのは、AirPods Pro

耐水が欲しいなら、AirPods Pro。

ワイヤレス充電が欲しいなら、AirPods Pro

 

基本的に、自由度が高いのは、WF-1000XM3

バッテリー持続時間が長いほうが良いなら、WF-1000XM3

ブラックが欲しいなら、WF-1000XM3

少しでも安いのが良いなら、WF-1000XM3

 

といったところでしょうか。 

まだ、実際にAirPods Proを聞いていないので、ノイキャンがどうかというのが気になるところですが、それ以外は、おそらく、こんな感じになりますね。

AirPods Pro - Apple(日本)

AirPods Pro(Amazon)

AirPods Pro(ビックカメラ) icon

WF-1000XM3(Amazon)

WF-1000XM3(ビックカメラ) icon