読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

ブログを分けるか、分けないか。複数のブログを運営するか、一つのブログにするか

ブログ運営・はてなブログカスタマイズ

ブログ運営の話題の一つに、ブログを複数に分けて運営するか、それとも1つで運営するかというものがあります。

個人的には、ブログを分けて運営しています。まあ、分けたくて分けているというよりは、どうもテーマ的に違うように感じるから分けるという結果論的な感じではあるのですが、分けていますね。

また、ブログのテーマも特化するか、雑多なブログを1つにするか、といった話もありますね。

このあたりの話を考えてみたいので、書いてみようと思います。

 

f:id:kobabiz:20160718142301j:plain

 

ブログを分けるか、分けないか

ブログを分けないメリット

運営が楽

ブログを1つで運営するメリット。それは、運営が楽というのがありますね。1つのブログしか運営しないわけですから、それは楽です。2つとになってくると、複雑になってきますから。

記事を増やしやすい

さらに、ブログ単位では記事も増やしやすいでしょう。2つ運営していたら、そのブログの記事を増やすのは、1つより大変ですね。1つのブログなら、2つネタを考えたら、2記事になりますが、別のブログがあったら、1記事ずつということになってしまいます。

シンプルにブログを運営できる

そして、シンプルに運営しやすいというのが、ブログを1つで運営していくことのメリットとして大きいと思います。1つのブログしかやらないのですから、複雑にはならないですよね。

 

ブログを分けないデメリット

アクセスがなくなるリスク

ブログを分けないで1つで運営することのデメリットは、そのブログのアクセスがなくなったら、また新しく作るか、どうにかしないとならないということです。

1つしかブログがなくて、検索エンジンから嫌われてしまうと、どうにもならないというリスクがありますね。 

ブログのテーマと外れたことをどうするか

さらに、テーマと違うことを書きたくなったときにどうするかというのもありますね。

「雑記ブログ」だからと言っても、どうもこれまで書いてきたこととは違うことを書きたくなるということがありますね。そういうことをどうするのか。書かないければそれはそれで良いでしょうけれど、書きたくなることもある。

そんなときに、どうするかというのはあります。

 

ブログを分けるメリット

リスク分散

ブログを分けるメリットは、リスクが分散できるというのはありますね。一つのブログがダメでも、まだもう一つがあれば、ダメージを最小限にできます。

さらに、テストもいろいろとできたりしますね。1つのブログだけだとよくわからないこともいろいろと試してみるとわかることもありますね。

がんばれば、アクセスが増える

ブログを2つにしたのであれば、その分のアクセスは増えますよね。理論上は。ただ、実際に運営するとなると、やはり偏りが出てくるので、結局、思った以上に増えないということもありますね。

このあたりは、がんばれば、アクセスは増えますね。

書きたいことを書きやすい

あとは、書きたいことを書きやすくなりますね。特化したテーマで書いていたら、なかなか書けないことも出てきます。しかし、書きたいことを書くという「雑記ブログ」を始めれば、書けるでしょう。逆に、「雑記ブログ」をやっていて、特化したことを書きたいということもあるでしょう。

いずれにしても、書きたいことを書きやすくなるというのはありますね。

 

ブログを分けるデメリット

運営が煩雑になる・手間が増える

これは、もう、運営が煩雑になります。デザインを全く同じにするにしても、カスタマイズをするとか、何か変更したくなったら、2つ変更する必要があったりしますよね。

アクセス解析だって、2つ見ないとならなくなったりします。

こういう手間が増えるので、複数ブログはおすすめしないという人はいると思います。

記事は増えにくい

1つのブログあたりの記事は増えにくくなりますね。同じ時間を使って記事を書くとしたら、そうなりますよね。全部のブログを合わせたら、記事数は同じでしょうけれど。

コストもかかる

たいしたコストではないですが、コストもかかりますね。このあたりは、たいしたことではないですが、コストではあります。

 

ブログのテーマは、特化するか、雑多にするか 

また、ブログのテーマは、特化するか、雑多にするか。こういう話もあります。こちらも、メリット・デメリットありますね。

最近だと、SEOだけの話としては、どちらでも良いかなと思わなくもないです。SEOとしては、特化したテーマのほうが良いと言われていますが、検索エンジンが、どうも記事ごとで判断している感じが強くなっているからです。さらに今後もっとそうなるかもしれません。

とは言え、激戦区は厳しいでしょうけれど。

また、このブログのテーマは、特化するか、雑多にするかについては、また別の記事に書くかもしれませんが、 もうちょっと大きな視点から考えないと、なかなか決められないところはあるかなと。

 

悩むなら、メインとサブのブログ。雑多ブログと特化ブログをつくる

ただ、こういうことで悩むなら、「メイン」と「サブ」のブログを作ると良いでしょうね。力を入れる「メイン」のブログ。そこまでではない「サブ」のブログ。

どちらかを「雑多ブログ」にして、どちらかを「特化ブログ」にする。どちらをメインにするか、サブにするかは、その特化ブログのテーマなどによるかなと。

こういうのは、やってみないとわからないところがありますし、時間もかかります。なので、メインだけでやってみるというのは、ありだと思います。

ただ、迷うなら、メインとサブのブログというのはありですね。ずっと迷っていて、動けないというほうが、時間の無駄だと思います。

ちなみに、わたしの他のブログはこういうのですね。

ビジネス書をビジネスのチカラに

スマホウェブデジタル情報ブログ

こうやって、いろいろとやってみると、データが揃ってきます。どうすると良くて、何がダメなのか。実際にやってみることでわかるというのは大きいです。

なぜなら、他の人が言っていることが、ほとんど違うなということがわかったりすることもあるからですね。

まとめ:ブログを分けるか、分けないか

ブログを分けることの、メリット・デメリットありますね。ブログを分けないことの、メリット・デメリットありますね。

1つのブログだけを運営するのか、複数ブログを運営するのか。どちらもメリット・デメリットあります。

だいたい、「時間」についての問題ですが。時間がありあまるほどあるなら、たくさん作ったほうがいいですよね。それぞれきちんと運営すれば、投資した時間分のそれなりのアクセスが増えるなどするでしょう。

しかし、時間は有限なんですよね。限られた時間の中で、どうするか。現実的に考えると、2、3個を運営するというのが、答えになるかなと。1つのブログで全力をかけるというのも方法だと思いますが、リスクと自由に書くということを考えると、2、3個を楽しみながら運営すると良さそうだと思いますね。

この記事では、ブログについてだけを書きました。SNSなども考えると、あまり多くは運営できないというのもありますね。

それもありますが、ウェブ上のメディアの運営は、こんなスタンスで運営しています。こちらの記事もどうぞ。

www.visionseichou.com

SNSも含めた考え方だと、SNSには好きなことを書いて、ブログは特化ブログにするというのもありだと思います。