ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。


 

 iPhoneXの予約状況、在庫情報の確認。在庫状況をApple、ソフトバンク、au、ドコモ。ヨドバシ、ビックカメラ、ヤマダ電機などから
 iPhone8、iPhone 8 Plusの予約、在庫、入荷状況。ドコモ、au、ソフトバンク、Apple公式サイト。家電量販店の在庫予約状況は?
 iPhone8のケースのおすすめと人気のケースのランキングまとめ
 iPhone8ガラスフィルムのおすすめと人気ランキングまとめ。iPhone8 Plusのガラスフィルムも
 格安SIMの比較・まとめ10とおすすめ(2016年)月額料金、特徴、速度など
 iPhone7のケースをどうする?iPhone7、iPhone 7 Plusのケースまとめとおすすめ
 iPhone7とiPhone 7 Plus、どちらを買う?違いは?比較。「コンパクトさ」か「カメラ」か
 iPad Pro 9.7インチのレビュー。Apple Pencilがいい!iPad Air 2とどちらがいい?
 おすすめの本・ビジネス書を2015年に読んだ良書から15冊

Google Homeを購入。開封写真、ちょっとしたレビュー・感想。使い方、設定方法、手順など。声で答えてくれるのがいい

Google Homeが、2017年10月6日(金)に日本でも発売されました。AIスピーカー、スマートスピーカーと呼ばれるものですね。

ということで、Google Homeを購入したので、開封写真と、簡単なレビュー、感想を書いてみようと思います。

ちなみに、購入するなら、ビックカメラが良いかなと、2017年10月31日までキャンペーンをやっていて、2台購入で安かったり、Chromecastセットということで、同じ値段で買えるので。わたしは、Chromecastセットをビックカメラで購入しました。

Google Home-ビックカメラ icon

Google Home-ヤマダ電機

Google Home-楽天ブックス

 

 

Google Homeを購入。開封写真、ちょっとしたレビュー・感想。使い方、設定方法、手順など

Google Homeを購入した理由

わたしが、Google Homeを購入した理由は、Google検索の結果などを、声で返してくれると楽かなと思っていたからですね。

SiriやGoogleの音声検索は、検索結果を表示はしてくれますが、声や音では、答えを教えてくれませんよね。これが、音声で返ってきたら、結構便利かもしれないと思ったからですね。

どこまで便利になるなのか、ちょっとわからなかったので、実際に使ってみようと思って、購入しました。感想としては、まあまあ使えるという感じですね。

なんでも答えてくれるわけではないので、そこが残念ですが、言葉の意味など答えてくれることはそれなりにあるので、そこは良かったですね。

さらに詳しい感想などは、開封写真や設定方法のあとに書きます。

Google Homeの外箱

 

Google Homeの外箱

Google Homeの外箱です。シンプルですね。スピーカー自体はそこまで大きくはないですが、箱は、そこそこ大きめかもしれません。アダプターが入っているからですね。

パッケージ、箱の側面

パッケージ、箱の側面

パッケージ、箱の側面

箱、パッケージの側面は、こんなことが書いてあります。

 

開封

開封

開封というか、上の部分をとると、こんな感じですね。Googleの「G」マークがあります。

開封

ここから開けられます。

開封

開けると、Google Homeが登場します。

Google Home

Google Homeをどかすと、利用方法のカードがありますね。

利用方法のカード

利用方法のカード

利用方法のカード

Googleホームは、声で操作が基本ですが、タッチ操作もできます。音量調節や停止などができますね。

アダプタ・コンセントが必要

このカードを外した下には、アダプタがあります。Google Homeはアダプタからコンセントにつなげて使うものです。充電して移動させて使うということはできないですね。

将来的には、Bluetoothスピーカーのように充電して使えるようになると便利だなと思います。

ちなみに、私が今使っている、Bluetoothスピーカーはこれですね。

VAVA-SK001 Bluetooth 4.0 スピーカー 20W低音強化 10Wサブウーファー【PR】 - ビジョンミッション成長ブログ

Google Home本体

Google Home本体

で、Google Home本体は、こういう感じですね。

ちなみに、下のスピーカーを覆っている部分(ベース)は外れます。別売りのベースを買って、変えられるということです。

そして、iPhone、Androidで、Google Homeアプリで設定して、Wi-Fiでインターネットにつなげると、Google Homeを使えます。 

Google Homeが動作中 

動作中

Google Homeが動作しているときは、上面のランプが光ります。これで動いているというのがわかりますね。

Google Home miniだと、また違うのでしょうね。 

Google Homeの大きさ、iPhone8との比較

iPhone8との比較

Google Homeの大きさは、直径: 96.4 mm • 高さ: 142.8 mmということです。 

上の写真でiPhone8とGoogle Homeを並べてみましたが、これぐらいの大きさですね。大きくはなく、小さくもなくといったところです。

Google Homeの設定方法・手順

Google Homeを使うには、802.11b/g/n/ac(2.4GHz / 5GHz)Wi-Fiが必要で、スマホも必要ですね。iPhone、Androidどちらでも設定可能です。

ちなみに、802.11acの5GHzでは、なぜかつながらなかったです。2.4GHzでは使えましたね。

Google Homeは、Google Homeアプリから設定します。 ということで、アプリをダウンロードして設定します。

以下、だいたいの設定方法です。 

Google Home

開発元:Google, Inc.
価格:無料

App Store

 

デバイスの検出中

 

デバイスの検出中

Google Homeが見つかりました

Google Homeが見つかりました

次へ進みます。

音が鳴る

音が鳴るので、これでGoogle Homeとスマホがつながっているということがわかります。

 

Wi-Fiに接続

 

Wi-Fiに接続

Wi-Fiが表示される場合は、そこから選択ですね。私は、ネットワーク名やパスワードを入力して、セキュリティを選択しました。

Google Homeは、Wi-Fiでネットに接続します。Wi-Fiがないと使えないのだろうと思います。このあたりは注意ですね。

 

IMG_0048

接続中です。

接続しました

接続がうまくいくと、接続しましたと表示されます。

音声認識

音声認識

 

音楽サービスの追加

音楽サービスの追加

Google Play MusicとSpotifyの音楽サービスと接続できます。無料トライアルなどを追加できますね。

すでに使っている人は、そのまま使えるのだろうと思います。

使い方

使い方

「OK Google」と話しかけて、いろいろと操作ができます。

 

Google Homeのレビュー・感想

 

Google Homeのちょっとしたレビューというか感想を、書いておきます。

Google Homeの基本的な使い方、操作方法

基本的には、声で操作するというものですね、「OK、Google」もしくは「ねえ、Google」で始めて操作ができるということです。

音楽など何かを止める場合は、「OK、Google、止めて」でだいたい止まりますね。

あとは、スピーカーの上の部分を押しても、音量の操作などができます。

スピーカーの音質はまあまあ

Google Homeのスピーカーはまあまあですね。スマートスピーカー、AIスピーカーなのでスピーカーの音質も気になる人はいるかもしれません。

Bluetoothスピーカーと同じくらいの感じでしょうかね。

店頭の人に聞いた話だと、Google Home miniよりは良いようなので、音質などを気にする人は、Google Homeが良いのではないでしょうか。

Google Play Musicの音楽を楽しめる

まず、Google Homeですが、Google Play Musicの音楽が楽しめますね。無料のトライアル(3ヶ月)もついているので、どれくらい使えるかを楽しんでみると良いと思います。

歌手名や曲名でももちろんですが、「楽しい音楽をかけて」などでも、音楽を選んでかけてくれるようです。

スマホに入っている音楽をかけてくれるわけではないのが、ちょっとどうかなと思いますが、Google Play Musicなどで満足できるなら良いかなと思います。

使い方・Google Homeで、声でいろいろ調べられる

声でいろいろ調べられる

Google Homeの使い方としては、声で調べることができます。そして、声で答えてくれますね。

今日の株価や、ある企業の株価、映画の公開日などは、Google Homeが答えてくれました。

また、言葉の意味なども「○○の意味は?」で答えてくれたりします。

ただ、答えられないことはあるので、「すみません。お役に立てそうにありません。もっと勉強して改善します。」というように答えます。

というのはありますが、最新のニュース(NHKニュース)を声で教えてくれたりします。

もう少しというところはありますが、声・音で答えが得られるのは、文字を入力しないで便利ですね。言葉の意味などを調べるには便利かなと思いました。ハンズフリーというのがいいのでしょうね。

Google Homeで、音楽をかけながら、調べ物なども使える

さらに、音楽をかけながらも、調べることができますね。

答えてくれる間は、音楽が止まります。

音楽をかけていても、質問ができるのは良いように思いました。まあ、そうでないとイマイチ使えないとなってしまうので、できて当たり前といえば当たり前なのでしょうけれど。

使い方・家電の操作もできるとのこと

また、Google Homeに対応している家電であれば、声で操作できるということですね。

電気を消したり、エアコンをつけたり消したりもできるということです。まあ、便利だと思いますが、初期投資が必要なのがどうでしょうかね。

 

Chromecastで、テレビを声で操作は?

また、Chromecastをテレビに接続して、Google Homeに音声で操作もできるような感じでしたが、スマホでテレビで再生しているものを止めることはできましたが、再生などはできないようでした。

そのうち対応するのかもしれません。 

声で操作ができるのは、意外と便利

声で操作ができるのは、意外と便利ですね。個人的には、パソコンなどで文章を書きながら、調べたいことがあったら、声で調べるという感じで使うと便利だなと思いました。

一方で、答えてもらえないこともあるので、それがもったいないというか、残念な感じはしますね。

料理のレシピなどがわかったら良さそうな気もしますが、こういうのは、今後、他のサービスがGoogle Homeに対応するかどうか次第といったところなのかもしれません。

Siriなどと比べると、声で答えてくれるのがいい

Google Homeを購入して思ったのは、iPhoneのSiriやAndroidのGoogle検索などと比べると、声で答えてくれるのがいいですね。

iPhoneのSiriなども検索結果は返してくれますが、そこから先は、ネットで見る感じです。

例えば、Siriでは言葉の意味を聞くと、検索結果が出ますが、そこから先は、自分で読まないとならない。これはこれで、声を出せないところ、音を出せないところでは便利です。

しかし、一人でいる場合や音を出せるところなら、声や音で答えてくれたほうが早かったりもします。

そういう意味では、Google Homeやスマートスピーカー、AIスピーカーは、こういうところは良いなと思いました。個人的には、これから、声で調べ物などを検索していこうと思いましたね。

実を言うと、こういうAIスピーカーは、そこまでどうかなと思ったりもしていました。個人的には、音声入力やSiri、Google音声検索などは、もう一歩のような感じもしなくもなかったので。

まあ、まだもう一歩という感じはしますが、それでも、ここから改善していたったら、良さそうな印象を受けました。

AIスピーカー、スマートスピーカーはこれから

今後、Amazon Echoは、2017年内に発売予定ですし、SonyもGoogleのエンジンでAIスピーカーを発売するということです。そのうち、Appleも日本で、HomePodを発売するかもしれません。

HomePodをAppleが発表。2017年12月にアメリカなどで発売。349ドルから。日本での発売はいつ? - ビジョンミッション成長ブログ

LINEもClova WAVEを発売しています。

今後、AIスピーカー、スマートスピーカーは、いろいろ登場してきそうですね。

Google Homeなどが、これから、さらに改善されていくと、もっと、便利な機能が追加されて、使い勝手がよくなりそうです。 そうなったら、もっと便利になりそうなので、今後のさらなる改善に期待したいですね。

というのがGoogle Homeを購入して、ちょっと使ってみてのレビュー、感想です。

Google Home-ビックカメラ icon

Google Home-ヤマダ電機

Google Home-楽天ブックス

Amazon Echoを購入。届きました。開封の儀。写真。簡単なセットアップとレビュー。EchoのMACアドレスは一度セットアップしてアプリから - ビジョンミッション成長ブログ