読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

『きっちり! 恥ずかしくない! 文章が書ける』【書評・感想】

ブログ運営・はてなブログカスタマイズ

正しい日本語。そういうものがあるのかどうかわかりませんが、それなりに適切な日本語を書きたい。文章を書く機会があれば、そんな気持ちにはなりますよね。

 

『きっちり! 恥ずかしくない! 文章が書ける』を紹介します。

きっちり! 恥ずかしくない! 文章が書ける

きっちり! 恥ずかしくない! 文章が書ける

 

本書は、朝日新聞東京本社編成局校閲センター長の方が書かれたものです。

文例と訂正例が紹介されているので、理解しやすいです。

文章の「基本」を学ぶことができる一冊です。

f:id:kobabiz:20140827212550j:plain

 

 

主語が二つ以上の述語を持たないように

主語と述語は、一対一の関係にする。基本ですが、一文が長い文章になると、守れなくなってしまうこともあるでしょう。

たとえば以下のような例があげられています。

「人生で大切なことは、自分自身でなし遂げたいと思うことが見つかるかどうかで、たくさんの本を読むことは重要だ。」

これは、文を二つにわけて、主語と述語が1つずつにすると良いということです。

 

「〜たり、〜たり」の表現

行ったり来たりの、二度目のたりを省略することはできないということです。

 

 × 夏休みなので海に行ってサーフィンをしたり、山に登って絵を描くことが多い。

 ◯ 夏休みなので海に行ってサーフィンをしたり、山に登って絵を描いたりすることが多い。

 

このようにするということです。

 

適切な文章はなかなかむずかしい

 他にも、同じ意味の言葉を繰り返さない、間違いやすい敬語、ことわざ、「が」と「は」の使い分けなど、が紹介されています。

本書を読んで思ったことは、適切な日本語で文章を書くのはむずかしいということです。

わかりやすく書かれているので、書かれていることを理解はできるでしょう。ただ実践となるとどうでしょうか。また、仮に本書で書かれていることができたとしても、本書だけで十分であるかどうかもわかりません。

本書などでそれなりの知識を得て、まずは書いてみて、文章校正のサイトでチェックする。そんな方法が良いのかもしれません。

日本語文章校正ツール - フリーで使える表現チェック・文字校正支援Webツール

 

きっちり! 恥ずかしくない! 文章が書ける

きっちり! 恥ずかしくない! 文章が書ける

 

 

前の記事

文章は接続詞で決まる?『文章は接続詞で決まる』【書評・感想】 - ビジョンミッション成長ブログ

文章は接続詞で決まる (光文社新書)

文章は接続詞で決まる (光文社新書)