読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

本以外から学ぶのも難しいので、どうするか?

英語・勉強法 自分

学びが大切。そんなことを、このところ書いています。

なぜ、学ぶことが大切か?

わたしは、本から学ぶことが多いですが、セミナー、テレビやマンガ、映画、その他、「媒体」にこだわりはありません。

学ぶ姿勢があれば、何から学ぶのもありでしょう。

ただ、本以外から学ぶのは、案外むずかしいように思っています。

f:id:kobabiz:20160123153744j:plain

 

本以外から学ぶのも、むずかしい

セミナーで学べるか?

たとえば、セミナー。セミナーは、座学で受け身のところがありますね。

ワークショップなどであれば、その場で実際に行うので学びやすいですが、そうでないと受け身で学んでしまって、意外と忘れてしまう。

セミナーは、自分にハッキリと目的意識があるとか、疑問があってその疑問を解きたいから行くというのであれば、参加すると、大きな発見などもあるでしょうけれど、受け身だと、なかなか身につかないところがありますね。

 

テレビや映画、YouTubeで学ぶ

臨場感があるなどしていいのですが、これも忘れてしまうというのがあると思います。

繰り返し見れば良いのですが、テレビはどうでしょうか。映画ならDVDなどで見れば良いのでしょうけれど、時間が長かったりしますよね。

自分なりに、学びを活かす「仕組み」がないと、ただテレビやYouTubeを見て、感動して、終わりとなってしまうところもあると思います。テレビや映画も、受け身になりやすいのか、それらの情報を活かしているというのは、なかなかないというか、むずかしいところがありますね。

 

本から学べると、他からも学びやすい

学ぶ際に、本が良いところは、こちらのペースでできるところです。

わからなければ、何度も読み返すとか、他の本を読むなどできます。流れていってしまわないところがありますね。途中で飽きるということもあると思いますが、このあたりは、工夫次第でしょう。

最近では、「マンガで学ぶ◯◯」といった本が増えました。あれは、わかりやすく説明されているというのもありますが、飽きないというのもあると思います。こういったところから始めるというのはありですよね。

 

また、本から学ぶ方法を知っておくと、他の「媒体」での学び方にも応用できます。本から学べる人は、他からも学びを得やすいと思います。文字から情報を得て活用できるのであれば、他の媒体でも、学んだことを実際に応用しやすいですね。

 

本を音で学ぶ

字を読むのがイヤという人は、本を音で学ぶというのも、方法としてはありますね。

オーディオブックです。

スキマ時間にはビジネス書を「聴く」。オーディオブックのFeBe

本を読んでいるものを聞く。こういう学び方もあります。 

字を読まなくて良いというのはありますが、結局、内容自体は、本なので、本を活かせるようにならないと、本を読んでもムダになっているのと同じで、聞いてもムダになってしまうでしょう。

 

まずは簡単な本から始めてみる

まずは、自分が知りたいと思っていることで、簡単な本から始めてみると良いでしょうね。

さらに、読んでどうするか、ということは、上のトークライブに来てもらえればわかると思います。読書術の本はいろいろとありますが、本の活用となると、あまりそういう本がないというか、深くはなかったりします。

本は「読む」だけのもの。そういう「先入観」があるからかもしれません。

どう活用するのか。本に限らず、そこを考えて、本を読むなり、知識を学ぶなりしたいですね。

結果を変えたいなら、学んで動く、動いて学ぶ