ビジョンミッション成長ブログ

ビジネス書や仕事術、iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Android、Xperiaの情報などを紹介。ビジョンやミッションを持って成長していくために参考になることを書いています。

 iPhone11、iPhone11 Pro、iPhone11 Pro Maxの予約状況。在庫確認。入荷状況まとめ。ドコモ、au、ソフトバンク、Apple公式サイト。家電量販店の予約状況は?
 AirPods Proが発売。主なスペック。ノイズキャンセリング。IPX4の耐汗耐水。シリコン製イヤーチップ採用
 新型iPad Pro 11、12.9インチどっちがいい?違い、比較。スペック。使い分けなどと
 ドコモ。Galaxy S20 5G(SC-51A)ホワイトを購入。開封写真と簡単な感想、レビュー  MacBook Pro 13インチと15インチ、どっちがいいか?2019年。スペック比較、これまで使ってきて感じていること
 iPad Pro(2018)の11インチ、Cellularモデルを購入しました。開封写真。レビュー、感想。購入理由など
 Macノートパソコン。おすすめは?どれがいい?2018年。比較まとめ。MacBook、MacBook Pro、MacBook Air
 おすすめの本・ビジネス書を2015年に読んだ良書から15冊


今年2014年を振り返って、3年先の目標を考える

今日は、2014年12月27日の土曜日です。

一応、昨日で、仕事納めでした。

今日は、今年の振り返り、レビューなどをしています。レビューをしていて、ふと思ったことがあります。

 

それは、3年先を考えてみて、来年2015年を考えてみよう、ということです。

 

123

 

3年先の稽古

相撲の世界に、3年先の稽古という言葉があるそうです。

 3年後の自分の姿、目標を考えて、今できることを行う。

そういった意味の言葉だと思います。

 

3年先の目標から、来年の目標を考える

来年2015年一年の目標だけを考えても良いのですが、3年先の姿を考えながら、来年のことを考えるのと、ただ単に来年だけを考えるのでは違ってくるでしょう。

当然、その先のことも考えてはいます。

ただ、あまりに長過ぎるのは、方向性やビジョンを考えるには良いですが、具体性は乏しいでしょうし、現実を反映しているとは言いがたい。

3年先ぐらいであれば、だいたいどうなっているか、どうなっていそうかも、まったくの当てずっぽうということでもない。

ちょうど良いところとして、3年先というのはありそうです。

 

3年間それぞれの目標を考えてみる

そして、3年間それぞれの目標を考えてみる。

3年先の目標から、逆算して、1年目はここまで、2年目はここまで、そして3年目にそれらをまとめたような目標を持つ。

ホップ、ステップ、ジャンプのように考えてみる。

中期目標として、3年先を考えて、1年ずつの目標を考える。3つの目標ができる。

 

それらを1年でできないかと考えてみる

そして、3年の目標をもっと速く達成できないかと考える。

できれば、1年でできないかと考えてみる。

 

そうやって考えたら、3年以内には達成できる可能性が高まるのではないでしょうか。

1年を振り返って、来年を考える。

オーソドックスな方法ですが、それだと連続性がなかったりします。

3年先のことを考えて、来年を考える。「3年先の稽古」を考えるとしたら、こんな考え方をしてみると良さそうです。

 

ミッションビジョンアクションブログ